信頼できる歯医者とは?自分に合った歯医者選びのポイント

自分に合った歯医者さんとは、どんな歯医者さんでしょうか。
どんなに口コミが良く予約がなかなか取れない歯科医院でも、いざ受診すると「なんだか違う・・・」と感じる人もいるかもしれません。自分に合った歯医者さんを選ぶのはなかなか難しいかもしれません。

良い歯科医院選びのポイントをいくつかお伝えしますので、是非参考にして下さい。

 

歯を守る、なるべく削らない抜かない方針の歯科医院

歯は、いちど削ると二度と元には戻りません。歯の表面が少し白く濁っている「脱灰」状態なら歯を削らず、フッ素塗布をすることで様子を見ます。
また、正しいブラッシングや食生活の見直し、フッ素ジェルを使用するなど、日常生活で虫歯は改善することが可能です。削らずに改善をはかる方針か、すぐに削る方針かどうかです。

つまり将来的に歯を守る方針かどうかが見極めのポイントです。

 

カウンセリングや、治療後の説明をきちんと行ってくれる歯科医院

患者さまは、歯科医院へ行くときの不安な気持ちを理解して欲しいと思っています。また患者さまは、今自分の歯がどんな症状で、どういった治療を行うのか知りたいのです。
しかしなんの説明もなく、いきなり削られたり、ブスっと注射をされ神経を抜かれたり歯を抜かれたらどうでしょうか。痛みは治まっても、その後の定期検診に通いたいと思えるような歯科医院でしょうか。

しかし実際、説明もなく治療を行う歯科医院もまだまだ存在しています。
なぜ神経を抜く必要があるのか、抜歯しなければいけないのか、またどのような治療を進めていくのかを説明することは当然です。カウンセリングをしっかりと行うことにより、患者さまが抱える悩みや不安を少しでも和らげ、どのような方向性で治療を進めていくか、納得いくまで話し合う時間はとても大切であり、患者さまのその後の人生を左右するかもしれません。

どのような歯医者なら通い続けようと思うかは一目瞭然ですね。

 

二次カリエスについてきちんと説明する歯科医院

二次カリエスをご存知ですか?
いちど削って治療した歯が、再び虫歯になることを二次カリエスと言います。

虫歯治療がひと通り終了したあと、「次は定期検診にお越しください」と言われることは多いと思います。しかし治療済みの歯が再び虫歯になる可能性が高いことを伝えている歯科医院はそう多くないと思います。
二次カリエスは、金属の詰め物や被せ物を装着した歯の下で、再び虫歯が広がりますが、なぜそのようなことになりやすいのか患者さまはご存知ないかもしれません。削って詰めてこれで終了です、と言われれば、患者さまはきっと、イヤな虫歯治療は終わった!と思うでしょう。
しかしここで終わりではなく、治療した歯が再び虫歯になりやすいことを伝えるべきでしょう。

何のための定期検診なのかきちんと説明してくれる歯科医院は選ぶべきポイントのひとつです。

 

予防に力を入れている歯科医院

昔の歯医者さんは、すぐに歯を抜くスタンスのところが多かったようですが、今は歯をできるだけ残す方向性が主流となっています。これが「悪くなってから歯医者さんへ行く」から「悪くならないために歯医者さんへ行く」の予防歯科の定義です。

虫歯や歯周病を予防するためには、家庭での適切なコントロールと、歯科医院での予防処置で決まります。
そのためには定期検診とクリーニングが欠かせません。歯科医院でプロによる定期的なクリーニングは、日常のセルフケアではどうしても落とし切れない汚れをすみずみまで綺麗にします。また虫歯や歯周病になってしまったら、早期に発見することで、大がかりな処置を防ぐことが可能です。

歯科医院でブラッシングをはじめとしたセルフケアのアドバイスを受けることで、歯を守る意識がより高まることでしょう。例えばキシリトールガムは虫歯にならない、フロスやワンタフトがおすすめなど、ちょっとしたことでも患者さまにとっては新たな知識を得ることができます。

予防歯科を推奨し、歯を残すスタンスは、とても信頼できる歯科医院と考えてください。

 

電話応対や、スタッフの応対が良い歯科医院

これは、良い歯科医院の基本中の基本です。
顔の見えない電話応対は、そのトーンが医院全てを表すといっても過言ではありません。また会計時にちょっとした豆知識や役に立つ情報を会話の中に挟むスタッフがいる歯科医院は、スタッフの歯に対する意識が高いことを意味します。

その歯科医院のカラーが全て表れていますね。

 

患者さまのことを第一に考え、患者さまのモチベーションを上げてくれる歯科医院

歯科医師の腕も技術も大切です。それ以上に大切なことは、「この患者さんの歯をどうしても治してあげたい!」という歯科医師の熱意ではないでしょうか。虫歯=抜歯ではありません。最善の治療を行い、できる限り手を尽くし、大切な歯を残すよう真摯に向き合う歯科医師が、患者さまのモチベーションを上げるのです。患者さまは、悪い歯を治したいのです。なんとか歯を残したいと思っています。

しっかりと向き合う姿勢を持った歯科医院こそが、信頼できる歯医者であり、そうあるべきでしょう。

 

まとめ

歯医者選びは難しいものです。歯科医師との相性ももちろんありますが、やはり歯を残すための予防歯科に力を入れている歯科医院は患者さまのお口の中を守る治療スタンスと言えます。

たくさん存在する歯科医院の中で、ご自分の合った歯科医院に出会えるといいですね。

TOP