定期検診の重要性について

はじめに

大人になっても歯医者さんは苦手…という方も多いのではないでしょうか?
虫歯になってクリニックへ行かなくてもいいように、ぜひおすすめなのが歯の定期検診です。
ここではそんな歯の定期検診の重要性や頻度、内容・・などについてご紹介しましょう。
お口の中が気になる、虫歯になりやすい・・という方はぜひ読んでいただき、定期検診を受けるくせをつけていただきたいです。

歯の定期検診の内容

歯の定期検診は歯科医師に代わり歯科衛生士が中心になって行うものです。
歯科衛生士は常に歯ぐきなどもチェックしているため、ちょっとした変化に気づくことができます。
クリニックでの定期検診の内容はそれぞれ違っていますが、基本的に次のようなものが多いです。

歯周病の検査


歯と歯ぐきのさかい目の深さを測って、歯周病を部分ごとに把握していく検査です。
レントゲンを撮っても見えない組織の状態を判断できるため、必要不可欠な検査だと言ってもいいでしょう。
ちょっとチクっとするため苦手・・という方もいらっしゃるでしょうが、チクっとするというところは注意が必要で、その部分には炎症があるということが多いです。
つまり、チクっとする感じが強いほど炎症が強い・・きちんと磨けていないということになり、虫歯や歯周病のリスクが高いと言えます。
なので、その部分はさらにていねいに気をつけてブラッシングする必要があるというわけですね。

レントゲン撮影


お口の中の目で見ただけでは見えない箇所や歯の中の状態、歯ぐきに隠れているあごの骨などをレントゲンを撮って診ていきます。
最近ではデジタルレントゲンというものも出てきており、これまでのレントゲンの10分の1程度の放射線量なので安心ですね。

歯のクリーニング


水と超音波の振動が出る機器を使い虫歯や歯周病の原因である歯石やプラークなどを除去します。

ブラッシング指導


健康なお口の状態を維持するための適切なブラッシング方を指導するものです。
必要な場合はプラークを染め出すことのできる液を使って、きちんと磨けていない箇所をチェックすることもあります。
日ごろちゃんと磨けないところや、気になる箇所があればこの時に質問すればいいでしょう。
もし、日ごろ正しくブラッシングできていたとしても、誰でもその人の磨きぐせというものがあるため知らず知らずの間にくせが出てくるものです。
なので、お口の中を良好な状態に保つには定期的に診てもらい、改善していくことが大切ですね。

お口の中全体のチェック


ご自分では気づかない虫歯や、治療の終わった歯や粘膜、噛み合わせなどに異常がないか、お口の中のすみずみまで診ていきます。

PMTC


ブラッシングだけでは取り切れないバイオフィルムや汚れなどを取り除き、汚れが再付着するのを防ぎます。
ただ、この施術は保険が効かないため自由診療になります。

フッ素塗布


虫歯防止効果のあるフッ素を塗布し、歯の質を強くして虫歯が出す酸から歯を守ります。
さらに、これは虫歯菌が酸を出す力も弱めると言われています。
ただ、フッ素塗布は保険が効かないため自由診療となる場合が多いので注意しましょう。

歯の定期検診の重要性

歯石はあらゆる病気の原因

毎日きちんと歯を磨いていたたおしても、どうしても歯石は溜まってしまうものです。
歯石とはプラークと唾液の中のカルシウム分とが結合して石化したものを言います。
プラークはいわゆる細菌の塊なので歯石は細菌のすみかとしては絶好な環境です。
つまり、歯石が多ければ多い人ほど歯周病や虫歯のリスクが高いと言ってもいいでしょう。
ですが、定期検診をきちんと受けていればその度に歯石を除去してもらえます。
歯石がなくなれば見た目も美しくなりますし、歯周病や虫歯にもなりづらくなるため一石二鳥と言ってもいいでしょう。

正しいブラッシング方を習得できる

歯を清潔に保つには日ごろのブラッシングが重要です。
ですが、ブラッシングが不十分だと汚れが取りきれなくなったり、強く磨きすぎていると歯を逆に傷めてしまうこともあります。
定期検診を受けることで、自分のブラッシング方が正しいかどうかをチェックしてもらうことができます。
また、クリニックによっては歯科衛生士さんが正しいブラッシングを指導してくれるところもあります。

歯は知らず知らずの間に傷む

ほとんどの方は歯に痛みが起きたり、口の中に違和感があってからクリニックに行くはずです。
ですが、違和感や痛みを覚えてからではすでに歯は傷み始めているのです。
虫歯になっても初期段階では痛みはほとんどありません。
なので、ある程度虫歯が進んで痛みが起きてからでないと、行こうとしない方が多いのが現実です。
虫歯は進行すればするほど時間や費用がかかるもので、痛みも伴います。
ですが、定期的に検診を受けていれば虫歯を早期発見できます。

歯が抜ける原因は虫歯以外のことも

虫歯と同様気を付けつける必要があるのが歯周病で、これは虫歯のような痛みがほとんどありません。
なので、口の中に違和感があるな・・と思いクリニックに行ってからはかなり歯周病が進行してしていることが多いです。
最悪、歯周病が悪化すると歯を失うことになりかねません。
さらに、歯をたった1本なくすだけでも連鎖的に周囲の歯も抜けてしまうリスクがあります。
40代以上の方の8割もの方が歯周病だと言われているため、この歯周病を早期発見、早期治療するためにも定期検診を受けることをおすすめします。

定期検診の頻度

具体的にどれくらいの頻度で定期検診に通えばいいのでしょうか?
歯の定期検診は歳を取れば取るほど頻繁に受けた方がいいと言われています。
目安としては
20~30代の方は半年に1回程度、30~40代の方は3~5ヶ月に1回程度、40代以上の方は3ヶ月に1回程度・・が望ましいと言われています。
何かお口のトラブルが起きる前に検診を受けていれば、お口の状態を常に健康にできますし、いい状態へ導けます。
それに、歯科医師や歯科衛生士はプロなのでしっかりお口の中をチェックできます。

まとめ

歯の定期検診の重要性をお分かりになって頂けましたカ?信頼できるクリニックを見つけていただき、定期的に歯の検診を受けるようにしましょう!

TOP