痛みが心配な方のための麻酔法とレーザー治療について

クリニックで治療を受けて歯を思った以上に削られてしまった、長期間通院しているにもかかわらず治療が終らないなど、虫歯の治療に関してお悩みを抱えている患者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

虫歯の治療で特に多いお悩みは”痛み”についてです。歯科治療には痛みが付き物というイメージの方が多いかも知れませんが、最近では精度の高い痛くない治療を行うことができるようになっています。痛みをほとんど感じることのないレーザー治療や麻酔の方法などさまざまな方法が登場しているのです。

ここでは痛みが心配な方のために、痛みを感じないための治療方法をご紹介します。。痛みが心配でクリニックに行けないという方も、最新の治療方法を知ると安心して歯科治療を受けることができます。

虫歯の進行度合い&治療法

まずは虫歯の進行度合い別に治療法をご紹介します。

①小さく穴が空き黒ずんだ状態(C1)

茶色い、または黒ずんでいる歯に小さい穴が空いた状態で、歯の表面が虫歯になっている状態なので痛みはありません。

この場合の治療法としては虫歯の大きさに合わせ、麻酔をかけて虫歯になったところを削り、除去します。小さいものなら麻酔をしなくても治療できることもあります。

虫歯を取り除いた後はコンポレットレジンという詰めものを詰めて光を当て固めて終了です。

②小さく穴が空き黒ずんでいる状態(C2)

歯は表面からエナメル質・象牙質・歯髄という構造になっています。虫歯が象牙質まで達してしまった状態では冷たいものや温かいものがしみるようになります。

小さく穴が空き、象牙質まで達している場合の治療法は、虫歯を取り除き、浅い場合はコンポレジンを詰めます。深くまで到達している場合にはインレーを作って詰めることもあります。

③虫歯が神経まで達している状態(C3)

さらに虫歯が神経にまで達してしまうと、痛みが激しくなることもあります。何も食べていなくても痛みがあったりするため、クリニックを受診しましょう。

治療法としては細い棒状のリーマーというものを使って歯の中をきれいにしていく根管治療を行います。その後消毒薬を入れ蓋をし、歯の土台を入れて被せものをして終了です。

 

虫歯は早期発見早期治療を心掛けることで痛みを軽減することができます。なるべく早い段階でクリニックに行きましょう。

どうしても痛みが心配でクリニックに行くことができなかったという方も、下記の方法なら安心して治療を受けることができます。

最新の麻酔法の種類

ここではクリニックで使われている麻酔をいくつかご紹介します。また、それらを使った痛みを抑えるポイントなども併せてご紹介します

浸潤麻酔

これはクリニックで行われている一般的な麻酔法です。痛みを抑えたい歯ぐきに麻酔液を注入していきます。

伝達麻酔

これは上でご紹介した浸潤麻酔では効きづらい下あごの奥歯で使われるもので、親知らずを抜く時に使われたりもします。効果が長続きし、治療後の痛みにも適しているので痛み止めの量を減らせるメリットがあります。

静脈内鎮静法

この方法は腕の静脈に投与するために点滴を行う麻酔です。

全身麻酔とは異なり、完全に意識がなくなるわけではありません。ウトウトとした状態で治療を受けることができるので、あっという間に治療が終了するので恐怖心を和らげることができます。

おう吐反射がある方などにも適しています。

この方法は麻酔医の全身管理のもと行われる麻酔ですが、使われる薬剤への全身への影響の心配もないですし、問いかけなどにも反応できる状態で治療するため、安心して行える方法です。

最新の麻酔法の特徴

表面麻酔を歯ぐきに塗布する

表面麻酔とは麻酔のための麻酔のようなもので、歯ぐきに麻酔を塗って感覚をマヒさせ、麻酔針を刺す時の痛みを和らげるものです。

表面麻酔を行う際にはお口の中に麻酔が流れてしまわないよう、唾液を遮断するためのコットンやガーゼを入れるようにして行います。

表面麻酔は他にシールを貼るものやスプレー式のものなどがあります。この麻酔は歯のクリーニングや歯石取りなどに使われることもあります。

極細の針を使用する

歯ぐきに注射針を支えることに恐怖心がある方にとっては針の太さも気になるところです。一般的にクリニックで使われている麻酔針は0.4ミリか0.3ミリです。歯科医師が手で注射器を動かす時に、これより細いものだと麻酔液を注入する際にかなり力が必要になるからです。

手動でなく電動注射器を使用すると0.2ミリの細い針を使用することができます。針を刺す時の痛みを最大限に考慮した無痛治療となります。

電動注射器を使用する

電動注射器を使用すれば0.2ミリの極細の針で麻酔液が注入できます。その理由はコンピューター制御で余計な力が必要ないですし、速度を一定に麻酔を注入できるからです。手動のものより痛みを軽減できます。

麻酔液を温めて使用する

麻酔液の温度が体温より低いと注入した際に痛みを感じると言われています。それを防止するために機械で麻酔液を体温程度に温めてから使います。

最新のレーザー治療の特徴

最近痛みもなく治療できる方法としてレーザー治療というものが行われています。ここではそんなレーザー治療についてご紹介します。

出血を抑えられる

粘膜や歯ぐきの治療で行われる歯ぐきを切開する施術ではレーザー治療によって出血を防ぐことができます。治療したい部位が確認しやすくなることで手術後の出血の危険性を軽減できるのです。

また、歯ぐきに炎症がある場合はその組織を高温で蒸発させ除去することで痛みや腫れを軽減できます。

殺菌効果が高い

レーザーによる熱は高温なので殺菌効果が高くなっており、特に初期虫歯に高い効果が得られます。

不快感や痛みがない

虫歯治療に最適なレーザー治療ではそれまでの治療で使われていたものとは違い歯を削る際の音や振動がないので、麻酔の量も少なくて済むか全く使わなくて済みます。治療の際に不快感もなく痛みも少ない治療が行えます。

安全性が高い

レーザー治療は高血圧や心臓病、妊婦の方でも受けられる安全な治療法です。さらに、副作用もほとんどないので安全性が高い方法です。

まとめ

最近では歯を削らない、痛みのない治療が主流になっています。

これまでの虫歯治療でも器具や薬剤が進歩しているため治療は向上していますが、最新治療では歯を守る治療が可能となりました。

日々最新治療が開発されていく中で、メリットだけでなくデメリットも考慮した上で治療法を選択しましょう。

TOP