歯科恐怖症を克服するための方法とは?

虫歯がひどくなり痛みがあって歯医者に行かなければとは思っていても歯医者さんが怖くて行けない・・という方はいませんか?

ここでは歯科恐怖症を克服する方法をお教えしたいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてください。

歯科恐怖症とは

そもそも歯科恐怖症とは過去に治療において受けた精神的外傷が原因で、歯科医院でじゅうぶんに治療を受けられない状態になっていることを言います。

大人の方でも歯医者さんが好きな方はほとんどおらず、歯医者さんという場所はできれば行きたくないものです。
ですが、それでも必要に迫られると少々痛みや恐怖心があっても歯医者さんに行って治療を受けることができるはず・・。

歯科恐怖症の方の場合、一度受けてしまった精神的外傷によって治療が必要であってもクリニックに行くことすらできないのです。

歯科恐怖症の症状とは

歯科恐怖症とは以前歯科治療を受けた時に怖い経験や嫌な経験をした、痛みなどのトラウマなどで歯医者さんが怖くなってしまうことです。
この歯科恐怖症の症状には一体どういったものがあるのでしょうか?

精神的な症状や影響

歯科恐怖症はまたの名を歯科不安症とも言われており、過去に経験した恐怖から精神的に傷を負ってしまったもので、自分ではどうしようもない不安に支配されてしまいます。

歯医者さんのことを想像しただけでもストレスや不安を感じてしまい、逃げ出したくなるほどの症状に陥りパニックを起こしてしまったり、眠れなくなる・・などの症状の方もいます。
また、過去に歯医者さんで受けた痛みの記憶などから、ドリルの音消毒においなどがきっかけになることもあります。

肉体的な症状や影響

また、精神的なストレスによって肉体的な形でも出てくると言われており、嘔吐吐き気などが起き、これをデンタルショックと呼んでいます。
肉体的症状としては失禁湿疹けいれん冷や汗過呼吸血圧上昇や低下・・などがあります。

つまり、歯科恐怖症とは歯医者さんに行けないというだけでなく、心身ともに影響をもたらす深刻なものなのです。

歯科恐怖症により症状が悪くなる

このように歯医者さんに行くのが怖いので、ひどい虫歯の痛みなどがあってもそのまま我慢する方が多いようです。
そうなると、歯周病や虫歯は進んでいき歯はボロボロになってしまったり、膿が出たり口臭が起こったり、最悪歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯科恐怖症を克服する方法

では、歯科恐怖症を克服するために自分でできることはどういったことなのでしょうか?
ここからは歯科恐怖症を克服する方法をご紹介していきますので、ぜひご参考になさってみてください。

いきなり通院しようと考えない

よほどの緊急性がない限りはすぐに治そうと焦る必要はなく、虫歯や歯周病などは急にできるものでなく少しずつ進行するので、焦らず対応するようにしましょう。

歯科恐怖症に対応したクリニックを探す

最近のクリニックは患者さんがリラックスできるようにアロマを炊いたり、音楽をかけたりしているところが多いです。
中にはリラックス科外来などを掲げていて歯科恐怖症の患者さんに対応しているクリニックもあります。

ご自分に合ったところを、ネットなどで調べてみてはいかがでしょうか?

治療のイメージを持つ

歯科恐怖症の方のほとんどはどんなことをされるのか・・という不安から恐怖を感じるようです。
なので、カウンセリングでじっくりと歯科医師と話しながらゆっくりと肩の力を抜きリラックスするといいでしょう。

通院回数や時間などがかかるでしょうが、少しずつ治療のイメージが作れるため恐怖心も和らいでくるはずです。
そして、治療のイメージができたら自信を持てるようになり、最終的に歯科恐怖症を克服できるはずですよ。

歯医者さんに慣れる

もし、この歯医者さんなら合うかも・・と思えるところがあればどうやって治療を進めていけばいいのかをしっかり話し合うようにしましょう。

中にはカウンセリングにじっくり時間を取ってくれるクリニックもあります。
まずは話をしてみることから始めてみて、さらに治療台に座ってみる、そして口を開けてみる・・など、少しずつ無理なく進めていきましょう。

緊張はするでしょうが、ご自分で大丈夫だと思えるところまで自分なりのペースで進めていきましょう。

簡単な処置から慣れる

お口の中を触られることに慣れさえすれば治療も受けられるようになるため、まずはクリーニングなどから慣れてみるのもいいですね。
歯医者さんは怖くない・・という安心感が得られるのがうれしいですね。

クリニック側が行っていること

負担の少ない治療

以上の段階を踏むことで、ほとんどの方は治療が受けられるようになるはずです。

最近のクリニックでは怖くない、痛くない治療を行う傾向があり、使う針や器具は痛みの少ないものがほとんどで、音やにおいなども少ないものを使っています。
緊急性がある場合やすでに痛みがひどい、恐怖心がひどくて治療が受けられない・・という方には麻酔を使って治療することもあります。

しっかりしたカウンセリング

初めから治療を行うのではなく、カウンセリングをしっかりと行ってどうして歯科恐怖症になったのか、何が障害になっているのか・・などを歯科医師が聞き、まずはクリニックに慣れてもらうことから始めます。

静脈内鎮静法

鎮静剤などを静脈に点滴していきます。
すぐに体が温まりリラックスできるので、うとうとしているうちに治療が済みます。

治療音や痛みなども気になりませんし、安全性も非常に高いためおう吐反射なども防止できます。

まとめ

歯科恐怖症を克服するには、その人にとっては勇気を持てばいいなどの簡単なものではありません。
克服するまでにきっと大変な思いをするはずです。

また、歯科衛生士さんや歯科医師にもさまざまな方がおり、患者さんとの相性もそれぞれです。
まずはご自分の希望に沿った治療を行ってくれるクリニックを探してみて、このクリニックなら通えるかも・・と思えるようなところを見つけてみましょう。

焦ることなく少しずつでいいので慣れるようにすれば、きっと歯科恐怖症を克服できるはずです!

TOP