安く受けられるかも!意外と知られていない保険適用の治療について

歯医者での治療で、お会計時に「え!?こんなに高いの!?」と驚いた経験がある方も多いと思います。一方「思ったより安かった!」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。

歯医者での治療には保険が適用されるものと適用されないものがあり、それによって金額が大きく変わります。

でも、普段生活をしていて「この治療は保険が適用されて、これは適用されなくて…」なんて分からないですよね。

今回は、保険適用される治療されない治療について、そして、似たような治療方法でも安く治療が受けられる方法についてご紹介します。

■保険適用ルールは、歯科医院・クリニックによって異なるの?

歯医者での保険適用ルールは、歯科医院やクリニックによって異なることはありません。

全国一律で治療費は変わらないのです。

歯医者での保険適用のルールは、診療項目ごとに「保険点数」というものが定められ、それに従って、治療費が算出されます。

歯医者によって力量の差があったり、待ち時間が長くて待たされる、逆に待たされない…など満足度の差はあっても、請求される金額は全国一律であるということです。

今回は、よくある治療項目ごとに保険適用内・適応外のご説明をしていきたいと思います。

 

■虫歯の治療について(治療や詰め物)

歯医者に訪れる患者様の中で、虫歯治療をする患者さんが最も多いものです。虫歯治療については、歯医者にお任せをしているという方が多いのではないでしょうか。

まずは、虫歯治療でも保険が適用されるもの、されないものがあるので、ご紹介します。

 

◇保険適用される虫歯治療

虫歯の大きさにもよりますが、虫歯周辺の歯を削り、虫歯を除去する・進行を防ぐ治療は、基本的に保険が適用されます。

虫歯治療とは、基本的に歯を削って虫歯を除去→除去をして穴が開いた部分の消毒、穴を埋める治療→埋めた穴に光を当てて固める→かみ合わせが悪くならないように削って調整…という流れです。

虫歯治療でよく行われている治療方法ごとに、保険適用があるものをご紹介します。

 

・虫歯(小さめのもの)をコンポジットレジンというプラスチックで埋める治療

・奥歯に銀歯を被せる治療

(この場合は、穴を埋めるのではなく、歯型を取って、削った歯の上から銀歯を被せます)

・小臼歯にハイブリットレジン(白い硬化プラスチック)を被せる治療

以前は、セラミックと同様、自己負担の項目でしたが、小臼歯(前歯、切歯、犬歯の奥にある歯)のみ保険負担がOKになった治療です。

・深い虫歯の神経を抜く治療

・前歯にハイブリットレジンを張り付ける治療

・神経が無い歯を補強する土台(プラスチックまたは金属)の治療

・ひどい虫歯で抜歯をする治療

・抜いた後銀歯のブリッジを入れる、入れ歯を入れる治療

ブリッジは、歯がない部分の左右の歯を削って、金属を3本つなげて被せる治療方法です。(歯の橋渡しということからブリッジと呼ばれています)

 

上記8点が、虫歯の主流治療となります。続いて保険適用外の虫歯治療についてご紹介します。

 

◇保険が適用されない虫歯治療

保険適用されない虫歯治療は、いわゆる「セラミック」を被せる治療です。
セラミックは、通常のプラスチックで作られた被せものとは異なり、摩擦や水分の吸収による痛みは少ない特徴があります。また、銀歯のように口を開けて目立つものではなく、色も白いので審美性に優れています。

また、銀歯よりも歯によくなじみ、虫歯の再発をしにくい特徴がある金歯も保険適用外です。

 

保険適用をされない治療方法をご紹介します。

・金歯(ゴールド)を被せる治療

・ハイブリッドセラミックを被せる治療

これは、100%セラミックではなく、セラミックとプラスチックで作られたレジンを混合させて作った材料です。

・オールセラミックを被せる治療

これは100%セラミックです。

・カリソルブを使用した治療

これは近年注目されている、薬で虫歯部分を溶かす治療方法です。虫歯による治療で歯を削ることを最小限に抑え、できるだけ薬で溶かして虫歯を除去をする虫歯の先端治療です。

 

これらは高性能ですが、保険適用外なので治療で利用する際は患者様の実費負担になります。

 

 

■ブリッジによる治療について

先ほど、ブリッジ(歯を3本つなげて被せる治療法)は保険適用されるとご説明しましたが、ブリッジの中にも「保険適用をされるもの」「保険適用をされないもの」があります。今回は、この違いについてご紹介します。

 

◇保険適用されるブリッジ治療

連続した2本の虫歯、欠損までは、保険適用ができます。また、前歯の虫歯や欠損の場合は、連続4本までのブリッジ治療は保険適用があります。

しかし、その場合前歯は、金属にプラスチックの被せものをした白い材料(硬質レジン前装冠)、それ以外の歯は金色も混じっていますが、ほぼ銀色の見た目の材料(金銀パラジウム合金)の被せ物を被せます。

保険適用の場合は、被せ物の種類は決まっています。

 

◇保険適用されないブリッジ治療

一方、保険適用されないブリッジ治療は連続して3本以上虫歯、欠損した場合は保険適用ができません。

また、素材でいうと、ハイブリッドセラミックス、オールセラミックス、メタルボンドを使用する被せ物は、保険適用外となります。

 

ブリッジをする際は、かなり大きな虫歯があることや、歯が欠損しているケースです。その際は、口を開けたり、笑うと大きく目立ってしまうので、「保険適用内ギリギリラインでできる治療をする」あるいは、「保険適用外でも見た目にこだわった治療をする」のかをよく相談しましょう。

 

■その他、保険適用外の治療とは?

保険適用有無に大きく関わってくるのは、先ほどご説明した「虫歯治療」です。

虫歯治療以外にも、保険適用をされそうでされない治療があるので、ご紹介します。

 

・歯並びの矯正

これは、審美目的(歯の機能もですが、見た目をきれいに見せようとするもの)に含まれるので、保険適用外です。

しかし、「顎変形症」の場合のみ、決まった医療機関で認定を受けて、規定に従った治療を受けると保険適用が可能です。

 

・ホワイトニング

これは歯を漂泊して白くする治療方法です。これも審美目的に含まれるため、保険適用外です。

 

・歯周病、虫歯予防

近年注目されている「予防歯科」ですが、歯周病も虫歯も、発症して治療をしていない予防歯科の場合は保険適用がされません。

 

・歯石除去

これは「保険適用内」だと思っていた方が多いのではないでしょうか?実は、歯石除去のみ行う場合は、保険が適用されないのです。虫歯治療や、歯周病治療の際に合わせて歯石除去をした場合は保険が適用されます。

 

 

■保険が適用される・されない治療を理解して治療を始めましょう!

今回は保険適用をされる治療、されない治療についてご紹介しました。
歯医者に起こし頂く前に下調べをし、お得に機能が高い治療を受けましょう。

治療にかかる料金について不明な点があれば、遠慮なくご相談下さい。

TOP