待たせる歯医者と待たせない歯医者の違いとは

歯医者の話になると、「予約時間が30分過ぎてもまだ待たされた」「5分遅れたら予約の取り直しになった」「いつも予約が取れない」という会話になりませんか?
歯医者は待って当たり前、という図式が出来上がっているのかもしれませんが、待たせる歯医者ばかりではありません。

待たせる歯医者と待たせない歯医者の違いはどんなことでしょうか。

 

待たせる歯医者

患者の治療が予想外に伸びた

これは予約患者さまを待たせる最も多い理由です。治療中の患者さまの症状が思いがけないものであった場合などです。
例えば親知らずの抜歯が意外にも時間がかかる難抜歯だった、途中で気分が悪くなって治療を一時中断した、など想定外のことが起きてしまうことで治療時間が長引いてしまうことは実際あります。そこへ急患が入ると、予約時間にもかかわらず待たされることは必至でしょう。

また治療器具が多くて片付けに時間がかかる場合もあります。スタッフの手が空いていれば数人で片付けることができますが、なかなか難しいことも多く、必然的に時間が伸びてしまいます。

これが待たせる理由のトップと考えられます。

 

予約時間に遅れる患者さまによる待ち時間

患者さまが予約時間に遅れることで、他の患者さまの時間がだんだんズレ込んでいくことも、待ち時間が長くなる理由です。歯科医院は完全予約制度のところがほとんどです。
しかし予約時間がきっちりと確保してあるにも関わらず、5分10分遅れてくる患者さまも実際にいらっしゃいます。

たかが5分、ですがこの5分がその後の患者さまの予約時間と待ち時間のズレを生じさせてしまうことに繋がってしまうのです。

 

受付のミス

受付のアポイントミスによる待ち時間もあります。
これは治療内容に対して必要な時間を取らなければならなかったが、間違って通常の治療時間で予約を取ってしまった場合などです。
例えば、次回1時間必要のはずが30分で予約を入れてしまったというケースです。
この場合、完全に受付のミスであるため、今後こういったことがないよう徹底したシステム作りおよび見直しが必要です。

 

 

待たせない歯医者

待たせないスタンスの歯科医院

患者さまをお待たせしない歯科医院の特徴は、スタッフ全員が「待たせない意識」を持っていることです。
このスタンスを持っている歯科医院は、どんなに予約で込んでいても治療が長引いていても、10分以上待たせることはしません。やむを得ず待たせてしまう場合も、患者さまに声をかけ、適切なフォローを行います。
また10分以上待たせてしまったら歯ブラシをプレゼントするという歯科医院もあります。

このようなスタンスの歯科医院は、院長自ら「患者さまをお待たせしない」ことをコンセプトとして立てているはずです。院長のカラーは歯科医院にそのまま反映されます。

つまり「待たせるのが当たり前」という概念を根本から覆すよう、スタッフが一丸となって取り組むことで、待ち時間をなくすシステムが作り上げられるのです。

 

スタッフ同士がしっかりとコミュニケーションが取れている歯科医院

スタッフ同士のコミュニケーションがきっちり取れている歯科医院は、比較的待ち時間が少なくて済む傾向があります。前の患者さまの治療が伸びていても、片付けても差支えがないものは片付ける、次の患者さまの治療準備をする、チェアが空いていれば中へ案内し、スタッフが具合を尋ねるなど、少しでもお待たせせずに対応ができます。

患者さまを「待たせている」意識を歯科医院がちゃんと把握しているかどうかがポイントです。

 

毅然とした態度で接する歯科医院

きちんと予約しているにもかかわらず、連絡もせず平気で30分遅れてきた患者さまのために待ち時間が伸びてしまうと、予約時間どおりに来てくださる患者さまに対して大変不快な思いをさせてしまいます。
このようなことをなくすために、連絡なしで遅れる人に対し、毅然とした態度で接することも待たせない歯科医院の使命です。

時間通りに来られた患者さまを最優先し、時間通りに入っていただくのが待たせない歯医者です。

 

まとめ

歯医者さんは待って当たり前、という暗黙のルールのようなものは、歯科医院側のシステムで変えることができます。また患者さまにも「遅刻しない」「無断キャンセルしない」など、ご協力いただく必要があります。
あまり頻繁に連絡なしの遅刻や無断キャンセルを行うと、順番が後回しになったり、最悪の場合診察してもらえない場合もあります。そのことを知っていただくことも改善策となります。

患者さまは痛みや不快感から早く解放されたいのです。そのための予約システムであり、予約時間どおりに来られた方にきちんと入っていただくことが当たり前ですが、待っていただく歯科医院がまだまだ多いということが現状です。
今治療中の患者さまに対してきちんと丁寧に治療が行われていることはとても良いことです。しかし、患者さまは一人ではありません。

患者さまが気分よく治療を受けていただくための努力を行っている歯科医院こそが、選ばれる歯医者の特徴でもあると考えられるでしょう。

TOP