歯が綺麗な人は知っている!歯についての豆知識

歯に付いての予防の知識があると綺麗な口腔内を保つ事が出来やすいと言われています。

最近では虫歯になってから治療をするのではなく、定期的の検診をして虫歯になる事を防ぐ予防歯科が増えてきています。

定期的の検診をする事で汚れが付きやすい場所をクリーニングで除去する事も出来ますし、自宅でのケアもお話させていただく事が出来ます。

歯について、どの様な知識があると綺麗な歯を保つ事が出来るのかまとめてみました。

 

予防歯科

海外では虫歯になってから歯科医院に来院するのではなく、定期的な検診に通う患者様の方が多いと言われています。
虫歯になる前に予防する事が出来ますし、もし虫歯になってしまっても早期発見する事が出来る事で治療期間も早く済みますし、削る量も少ない場合が多いです。
また治療費も少なく済むというメリットがあります。

口腔内の環境で長い期間歯医者に通っていない人の症状としては、歯周病が悪化している事があります。虫歯はしみるなどの痛みがある事が多いですが、歯周病は気が付かない間に進行してしまっている事も少なくありません。
歯周病の原因である歯石や汚れが付いたままになってしまう事で悪化していってしまいます。
定期的な検診をする事で汚れを除去して歯周病になりにくい環境にする事が出来るのです。

また、磨く事が苦手な部分が決まってきてしまい自分でも気が付かない事が多いですが、定期検診に通うことにより汚れが付きやすい部分を把握する事やブラッシングの仕方を聞く事で毎日のケアも改善していきます。

ご自身の口腔内の環境がどの様な状態か把握する事で、どの様なケアをしてあげる事が良いのか、どのくらいの期間で定期検診を受ける事が良いのかなど決まってきます。
汚れが付きやすく、自宅だけのケアでは心配が残る人は少し期間を短くしてあげる事が必要ですし、ケアの状態が満足に出来ている方は半年に1度程度の検診で十分なのです。

期間に関しては口腔内には個人差がありますので、その方の生活習慣やケアの状態によって歯科医師と相談して決まってきます。

 

フッ素について

フッ素は子供の虫歯予防の為に塗布される事が多いですが、大人の人にも有効です。

フッ素は虫歯の原因である酸の働きを弱めます。歯磨きで落としきれなかったプラークには虫歯の原因菌が潜んでおり、その原因菌の働きを弱めてプラークが作る酸の量を抑える働きがあります。
また、歯は肌と一緒で再生を繰り返しており、歯では再石化をして新しい歯を作っていきますが、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進する働きがあります。

フッ素には歯質を強化する働きがあるので、酸に強い歯になる事が出来ます。
子供の歯は柔らかいのでフッ素で強い歯にしてあげる事が大切ですが、大人でもフッ素と塗布してあげる事で歯を強化して虫歯になりにくい環境にしてあげる事が出来ます。

フッ素には歯科医院で塗布する3か月は期間をあけないと再度塗布する事が出来ないものと、自宅で毎日塗布する事が出来るセルフケアのものがあります。
これらの違いは濃度にあります。
歯科医院で使用するフッ素は約9000PPMという濃度に対して、自宅でケアする事が出来るフッ素は1000PPMと約9倍の濃度に違いがあります。

歯科医院でフッ素を塗布して、自宅でも毎日ケアする事が出来るので併用してあげる事も出来ます。

それ以外のフッ素ではフッ化物の洗口もあります。
小さな子供ではぶくぶくうがいをする事が難しいとジェルと塗布してあげた方が良いですが、自分でうがいをする事が出来る年齢や大人などではお薦めになっています。

 

待たせる歯医者待たせない歯医者

歯医者は予約制になっている所がほとんどです。
予約をしたにもかかわらず、待たされる時間があるととてもストレスになると言われています。

予約をする際に次回どのような治療をするかによって時間を調整していきますが、歯はその日に痛くなってしまう事もあります。

予約以外の患者様の応急処置などをする事によって、予約の患者様が待たされてしまう事があります。
本来であれば予約している患者様が優先されるのが当たり前ですし、待ち時間が無いのが理想的です。
しかし、歯は1人1人違うので治療によっては、予定の時間より長くなってしまう事があります。

受付の人がアポイントをどの様に管理するかも待ち時間には関わってきます。

急な患者様の来院で1度待ち時間がある場合などはある可能性がありますが、毎回待ち時間がある様な場合には予約の取り方に少し無理がある場合があります。

 

歯科の知識がある事や自分自身がどの様な状態にあるかを把握する事によって口腔内を綺麗に保つ事が出来る可能性が高くなります。

また定期的に検診をする事でブラッシングのコツやフッ素の知識などをお話する事も出来ますし、現状をお伝えする事も可能です。

生活が忙しい人ではどの様なケアが良いかなど、その患者様にあった方法をお伝えする事が出来るので、定期検診を受けて虫歯を予防してあげる事が大切です。

TOP