オールセラミックを長持ちさせる為の注意点

はじめに

みなさんは歯科治療でセラミックという素材を使って治療を受けたことがありますか?
機能性だけでなく審美性も併せもった審美歯科治療ですが、この治療でよく使われているのがセラミックという素材です。
美しいセラミックの歯はできるだけ長く使いたいものです。
ここではオールセラミックを長持ちさせる注意点をご紹介します。
他にも、オールセラミックのメリットなどもあわせてご紹介してみましょう。

オールセラミックの寿命

そもそも、オールセラミックの寿命はどの程度なのでしょうか?
虫歯などで治療をする際に被せものや詰めものなどをしますが、その際に使う素材はさまざまです。
保険で使えるものに金属やレジン、保険が使えないものとしてセラミックやジルコニアなどが挙げられます。
特にオールセラミックはジルコニアの次に強度が高く寿命が長い素材として知られています。
オールセラミックの寿命は一般的に10年程度ですが、中には20年以上も使っている方もいて、寿命の長い素材だと言えますね。
最近ではオールセラミックの強度がさらに高くなり、割れにくくなっていると言われています。
さらに、汚れが付いてしまってもクリーニングを行えば元に戻るので、日ごろのケアを適切に行っていれば長期間使うことができます。

オールセラミックのメリット

  1. 審美性が高い
    歯がきれいで白いと魅力的に見えるものです。
    ご自分の笑顔に自信が持てるようになるため、より美しい素材を使って治療したいという方は多いです。
    自信を持って生活できれば精神的にも安定でき、より質のいい生活を送れるはずですよ。
  2. 歯ぐきの黒ずみがない
    メタルボンドなどの素材を使うと、歯と歯ぐきの間が黒くなってしまうことがあり、それは元に戻りません.
  3. 金属アレルギーの心配がない
    現在症状がない方であっても、金属を使った治療を行うと金属アレルギーになることがあります。
    あまりに強い症状が出てしまうと、日ごろの生活に悪影響が出るためオールセラミックを使った治療がおススメです。黒ずみが気になるあまり、人と会話する際に笑ったりできなくなることもあります。
    ですが、オールセラミックなら黒ずみが起こらず長期間使っていても安心です。
  4. 寿命が長く頑丈
    オールセラミックは汚れが付きづらく美しい歯を長期間維持することができるのが最大のメリットでしょう。
    また、頑丈な素材ですので破損する心配もほとんどありません。

オールセラミックのメンテナンスの重要性

オールセラミックも天然の歯と同様、メンテナンスを行わないと寿命が短くなることがあります。
天然の歯と比べるとオールセラミックは汚れが付きづらい素材ですが、日ごろのメンテナンスをいい加減にしていいということにはなりません。
汚れが付いたままだと、せっかくの美しいセラミックの白い色が変色することもあります。
ですが、汚れが付きづらいので日ごろのケアをきちんと行っていれば、神経質になりすぎることもないでしょう。
また、ご自分でのケアに加えて定期的にクリニックでメンテナンスを受けることも大切です。
クリニックでクリーニングを受ければ、ご自分では取りきれない汚れまできれいに落としてくれるため、オールセラミックを長持ちさせることができるでしょう。
さらに、虫歯や歯ぐきの状態を診てもらうことも重要です。
オールセラミックはご自分の健康な歯に被せてあるので、歯が健康かどうかが重要だからです。
また、オールセラミックは強い衝撃が加わると割れたり、ひびが入ったりすることがあります。
そのままの状態で放っておくと、汚れが入ってしまうなどするためお口の中の環境が悪化することになります。
そのような異常を見つけるためにも定期的な検診が必要です。

オールセラミックを長持ちさせるには

日ごろのブラッシング

オールセラミックで治療した後、美しい歯を保つには日ごろのブラッシングで食べもののカスなどをきれいに取り除く必要があります。
ただ、

クリニックでのクリーニング

ただ、ご自分ではしっかりとブラッシングしているつも歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などは特に食べもののカスが詰まりやすく歯ブラシが当てづらいところなので、磨きにくいと感じるはずです。
そういった汚れはクリニックでクリーニングしてもらうことできれいにできます。
定期検診を受ければ、セラミック専用の研磨剤などを使用し人工の歯に付いてしまった汚れを除去したり、専用のブラシを使って歯と歯の間などに溜まってしまったプラークや歯石を取り除くことができます。
また、噛み合わせのチェックも行ってくれたり、他の歯に虫歯があるかどうか、歯周病になっていないか・・などもチェックしてもらえ、早期治療が可能になります。

マウスピースを使用する

歯ぎしりや食いしばりが強い方はマウスピースを作り使用することでオールセラミックの寿命を延ばすことができます。
マウスピースを装着すれば噛みしめや衝撃などから守れるため、オールセラミックだけでなくご自分の健康な歯を守ることができます。
特に激しいスポーツをしている方は作製することをおススメします。

噛み合わせのチェック

オールセラミックを長持ちさせるのに特に大切なことは噛み合わせに異常がないかをチェックすることです。
噛み合わせに異常があるとセラミックが欠けたり、割れたりすることがあるので、噛み合わせが正しいかどうかをクリニックで定期的にチェックしてもらいましょう。
もし、噛み合わせが合っていない、強すぎる・・などした場合には正しい噛み合わせになるように調整してもらいましょう。

まとめ

オールセラミックは機能性と審美性に優れた非常に素晴らしい素材です。
このオールセラミックを長持ちさせるには強い衝撃を与えないことが必要ですが、その他にも日ごろの適切なケアとクリニックでのメンテナンスが大切です。
オールセラミックとご自分のお口の中の状態をきれいに保つことこそがオールセラミックを長持ちさせることにつながります。
今後、オールセラミックで治療を受けようと思っておられる方はぜひここでご紹介したことを参考にしていだき、できるだけ寿命を延ばすよう努めてくださいね!

TOP