ホワイトニングで白い歯を手に入れる為の基礎知識

はじめに

みなさんはご自分の歯を白く美しくしたいと思いませんか?
最近、日本では美白ブームでお肌だけでなく歯も白くしたいという人が増えています。
笑った時にチラッと見える白く美しい歯って魅力的ですよね?
ここでは白い歯を手に入れるためのホワイトニングの基礎知識をご紹介しますので、まだよくわからない・・という方はぜひ読んでみて下さいね!

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、元々の自分の歯を白く明るい歯にする方法のことです。
よく、クリーニングと混同されている方もいますが、クリーニングは歯の表面についた歯石や汚れを落とすもので、元の歯を白くするものではありません。
ホワイトニングには、自宅で行うことのできるホームホワイトニングと、クリニックで行うオフィスホワイトニングの2種類の方法があります。

ホワイトニングの歴史

ホワイトニングの始まりはアメリカ人によってだそうです。
ただ、歯を白くするために研究されていたわけではなく、ふとした拍子からホワイトニングの薬剤である過酸化水素が歯を白くできることが分かったそうです。
ある時、矯正治療中の患者さんが矯正装置を歯に付けていると歯磨きしづらくなり虫歯になりやすいということでその対策として使われたのがこの過酸化水素だったのです。
その結果、矯正治療中の患者さんの歯は白くなったそうで、歯を白くするために過酸化水素は効果的だということが分かった・・ということです。
このようにアメリカで誕生したホワイトニングですが、ホワイトニング用の薬剤が日本で使われるようになり白い歯を手に入れたいという日本人が増えてきています。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには基本的に2つの方法があります。
1つ目はクリニックで施術を行うオフィスホワイトニングで、もうひとつは自宅で自分で行うホームホワイトニングです。
どちらも歯を白くでき、ご自分のライフスタイルに合った方法を選ぶといいでしょう。
ちなみに、アメリカで人気があるのはホームホワイトニングの方で、日本ではオフィスホワイトニングが主流のようですね。
その理由はアメリカではお口のケアに関心が高いためご自分でご自分の歯を守ろうとする意識が高いからです。
いっぽうで、日本では忙しいため自宅で決められた時間マウスピースを装着するのが面倒な人が多く、短期間でホワイトニングしたいという方が多いからでしょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとはご自分で自宅で行うホワイトニングのことで、クリニックで自分専用のマウスピースを作ってもらい、専用の薬剤を入れて毎日決められた時間装着する方法です。
気軽にできるホワイトニングなので初めてホワイトニングを行う際にこちらを選ぶ方が多いようですね。
なお、効果が得られるのは2週間程度のようで、クリニックに通院せず自分の生活スタイルに合わせて歯を白くできるため、忙しいビジネスマンなどに人気がある施術法です。

メリット


ホームホワイトニングは歯の象牙質から白くできると言われています。
薬剤は低濃度のもので、少しずつ歯を白くできるので色戻りしづらく自然な白さにできるのがメリットです。
ただ、コーヒーやカレーワインなどの着色汚れは表面的な汚れなのでオフィスホワイトニングで白くできるものの、黄ばみや加齢などによる汚れはホームホワイトニングの方が効果が得られると言われています。
たばこを吸ってもいないのに歯が黄ばんでいるという方は加齢によるものなのかもしれません。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとはクリニックで歯の表面に薬剤を塗ってもらい、特殊な光を当てて行う施術のことです。
このオフィスホワイトニングの通院回数は薬剤の濃度や種類、どの程度の白さにしたいかなどによって違いますが、1~4回程度のことが多いようです。
ですが、ホワイトニング効果に個人差がかなりあり、1回施術を行っただけでかなり効果が得られる方もいれば、少しずつ効果が得られる方もいるため、前もってそれを理解しておきましょう。

メリット


オフィスホワイトニングはクリニックで施術を行うためホームホワイトニングと比べると即効性が高いと言われています。
薬剤の種類にもよりますが、定期的に通院した方がより効果を得ることができるでしょう。
また、クリニックで施術を受けるので自宅で行うのと比べてプロに施術してもらえるため安心、安全です。
万が一知覚過敏などの症状が起きた場合も対応してもらえるでしょう。
もし、1回の施術で希望の白さにしたい場合にはオフィスホワイトニングの方がおススメです。
家事や子育てなどで時間がない方で、ホームホワイトニングを長期間続けられない方はこちらのホームホワイトニングの方が適しているでしょう。

効果の持続期間

クリーニングをたった1回施術しただけで永遠に効果を持続させることは不可能です。
どんなに歯石が付かず歯並びのいい方であっても、半年に1回程度はクリーニングを受けないと元の色に戻ってしまうと言われています。
人間は毎日食べ物を噛んで食べるわけで、その際に歯の表面にプラークや汚れが付くのは当然です。
白い洋服を何度も着ている間に黄ばんできますよね?
それと同じでこれは仕方のないことだと言えるでしょう。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングを受けるには注意するべき点もあります。
ほとんどのホワイトニングでは施術によって歯の表面を保護しているぺリクルという膜がはがれてしまいます。
そのぺリクルという層が再生するまでの時間は色の付きやすい食事は控えた方が無難です。
たとえば、紅茶やコーヒー、カレーなどの濃度の高い飲食物を摂るのは厳禁です。
ホワイトニングによっては食事に制限がないものもあるため、食事制限がいやだという方はクリニックで前もって聞いておけばいいでしょう。

まとめ

ホワイトニングの基礎知識についてまとめてみました。
ホワイトニングにはメリットも多いですが、デメリットやリスクが全くないというわけではないので、そのためにも知っておきたい基礎知識があります。
メリットだけでなくデメリットやリスクをしっかりと頭に入れて頂いた上で、ホワイトニングを受けるようにしてくださいね!
みなさんの歯が思った通りの白く美しい歯になるよう願っています!

TOP