綺麗な歯を手に入れたい。そんな方に審美歯科治療がおすすめな理由

あなたは笑顔に自信がありますか?
素敵な笑顔を作り出すのは美しい口元、そして綺麗な歯です。

歯に悩みを抱えていると、つい手で口元を隠してしまいませんか?
銀歯がイヤ、歯が汚れていて人前で歯が見せられないなど、見た目にコンプレックスを抱えた方におすすめの審美治療についてお話します。

 

美しい歯を手に入れるための審美歯科

たとえば虫歯治療を例に取ってみると、保険で虫歯治療を行った場合の歯の詰め物や被せ物のほとんどが、銀色の金属です。笑ったときや人前で話すときなど、この銀歯が見えることで恥ずかしさを感じることはありませんか?

保険治療はあくまで機能修復のみを目的としているため、審美面は考慮されていません。

また歯の変色でお悩みの方も多いでしょう。歯のくすみ、抗生物質の服用による歯の変色なども、笑顔に自信がない理由ではないでしょうか。

歯を白くしたい、虫歯治療を行った銀歯や詰め物が気になって人前で口を開けることが恥ずかしい、歯並びが気になるなど、歯の修復ではなく、美しい歯を手に入れることを目的とした治療のことを審美治療と言います。

セラミック治療

オールセラミック、ジルコニアセラミック

美しく透明感のあるセラミックを使った治療です。

オールセラミックは強度と審美性に優れており、銀色の被せ物や詰め物をセラミックに変えることで、周りの天然歯と変わらない、自然で美しい歯を手に入れることができます。

ジルコニアセラミックは、内側に強度が強いジルコニアを使うため、審美性と強度にたいへん優れています。奥歯を美しくするためには、より強度に優れたジルコニアがおすすめです。
オールセラミックは金属を一切使っておらず、アレルギーになりにくい素材です。

また歯の土台も金属を使用せず、白くて耐久性に優れたグラスファイバーコアを使用するため、金属アレルギーをお持ちの方にも安心して使っていただけます。

またセラミック治療のもうひとつのメリットは、「二次カリエスになりにくいこと」です。

虫歯治療を行った歯が再び虫歯になることを「二次カリエス」と言いますが、これは金属を詰めたすき間から虫歯菌が侵入し、金属の下で虫歯が広がっている状態を言います。

二次カリエスによる再治療を繰り返すことで歯がだんだん削られ、最悪の場合歯を失ってしまう可能性があります。

セラミックによる詰め物や被せ物は、歯とセラミックがぴったりと密着し、詰め物や被せ物のすき間から虫歯菌が入ることを防ぎます。

 

メタルボンド

外側がセラミック、内側に金属を使用したメタルボンドは強度に優れています
しかし内側に金属を使っていることから、色調はセラミックやジルコニアに劣ります。
またオールセラミックに比べて変色しやすく、年数が経つにつれて内側の金属が少しずつ溶け出し、歯ぐきが黒ずんでしまう可能性があります。
どちらかといえば臼歯部に向くと言えるでしょう。

 

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックを混ぜた素材で、歯にダメージを与えにくい素材です。
銀色のインレー(詰め物)をハイブリッドセラミックに変えると、周りの歯と自然に調和し、違和感のない美しい仕上がりになります。

また歯と歯の間のすき間が気になる方、テトラサイクリン系抗生物質服用の副作用による歯のくすみにも、セラミック治療がおすすめです。

 

ホワイトニング

最近は女性だけではなく男性も白い歯を求める美意識の高い方が多くなっています。
歯をもっと白く美しくする方法としてホワイトニングがあります。
クリーニングでは落としきれない歯の汚れや加齢による黄ばみなどを、専用の薬剤を使って歯を白くするホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニング、両方を併用したデュアルホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯を白くする方法です。
歯に薬剤を塗り、光を照射して歯の内部から白くする施術です。
歯科医院により使用する薬剤に違いはありますが、オフィスホワイトニングは即効性が特徴です。1度の施術でかなり効果があるため、2、3回行うことで理想の白さに近づくことができます。
また年齢からくる内部の黄ばみにも、オフィスホワイトニングは有効です。

 

ホームホワイトニング

自宅でホワイトニングしたい方のための方法です。
歯科医院で型取りした専用のマウスピースに薬剤を出し、毎日2時間ほど装着して薬剤を浸透させて歯を白くしていきます。
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて効果が緩やかですが、後戻りしにくく白さが長持ちすることが特徴です。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う方法です。併用することで歯の白さをキープします。

ただし差し歯や抗生物質服用のために歯の色が変色した場合は、ホワイトニングでは白くなりません。この場合はセラミックでの治療が最も有効です。

 

まとめ

このように、審美歯科は歯の修復だけでなく、見た目も整えてくれます。白くて美しい歯は、気持ちをも前向きにしてくれるため、自然と笑顔が溢れる日常を送ることができるでしょう。
審美歯科は歯にコンプレックスを感じる方、もっと綺麗な歯を手に入れたい方にとてもおすすめの治療です。

TOP