白い詰め物・かぶせもの種類について

はじめに

みなさんは虫歯になった時、どんな詰め物や被せ物を選んでいますか?
詰め物をしたり、被せ物をする際、どういった素材にすればいいか迷ってしまう・・という方は多いでしょう。
歯の詰め物や被せ物に使われる素材には金属製のものや、レジン、セラミックなどさまざまなものがあり、見た目や強度などさまざまです。
また、費用も保険が使えるものやそうでないものもあります。
ここではその中でも白い歯の詰め物や被せものの種類をお伝えしますので、虫歯治療の際のご参考になさってください。

詰め物や被せ物の選び方

・詰め物か被せ物かどちらが適しているか

詰め物は軽い虫歯治療に使われるもので、虫歯になったところを削って詰める物でインレーと呼ばれています。
いっぽう、被せ物は虫歯が大きくインレーでは補てんしきれないところに使われるもので、虫歯を削って人工歯として被せるもので、クラウンと呼ばれています。
つまり、虫歯の進行度合いによってどちらを選ぶか決めるということですね。

・何に重点を置くか

まず、詰め物や被せ物を選ぶ際に重要なのは何を基準に選ぶのかということをはっきりさせることです。
歯の詰め物や被せ物の種類は多いため、判断基準がないと選びにくいからです。
自分にぴったり合った詰め物や被せ物とは何なのか?
見た目や素材、費用、機能性・・など、要素がさまざまなので、重点を置きたいことをはっきりさせておきましょう。

・それぞれの種類の特徴を知る

さらに、歯の詰め物や被せ物にはどういった種類や特徴があるのかを知っておきましょう。

・保険が使えるかどうか

保険が使えるかどうかも大きな選択肢の一つと言ってもいいでしょう。
保険が使えれば1万円以下の詰め物がほとんどでしょうが、保険が使えないとなると10万円以上もするものもあります。
ご自分の予算に合わせて選ぶことが大切です。

・審美性が高いか

詰め物や被せ物と聞いて真っ先にイメージするのは銀歯ではないでしょうか?
銀歯は最も使われている素材ですが、見た目が非常に劣ります。
保険が使えませんが、セラミック製の詰め物や被せ物を使えば審美性が高く自然な歯の色を再現できるので、審美性を重視したい方はセラミックなどがおススメです。

・機能性はどうか

さらに、重要なのが機能性です。
柔らかすぎず硬すぎない強度か、変色しづらいか、すり減らないか、割れやすくないかどうか・・など、機能性が高いかどうかも考えた上で選びましょう。

・金属アレルギーの有無

金属製の詰め物や被せ物は金属アレルギーのリスクがあります。
今はまだ金属アレルギーの症状がない方でも、金属製の詰め物や被せ物を入れていると金属アレルギーになってしまうことがあります。

白い詰め物の種類

・レジンインレー

合成樹脂の一つで白い詰め物です。
特徴はすり減りやすく割れやすくなっており、最近では型を取って修復物を固定・・という治療は行われなくなっており、症状に応じてダイレクトボンディング法という方法で治療することが増えているようですね。
保険が適用となる治療なので3割負担の方で1,500円程度で治療ができますが、変色や劣化、吸収性がある材質と言われています。

・セラミックインレー

この素材は金属を全く使わないセラミック製の詰め物です。
メタルインレーと同じで、虫歯を削って形を作り型を取ってその後修復物を固定する治療法ですので、2回の通院が必要です。
費用は保険外診療のため4~7万円程度はかかりますが、透明感があり白く審美性が高くなっており、すり減りにくく色が変わりにくい特性があります。
ただ、ごくまれに割れることもあるようです。

・ハイブリッドセラミックインレー

この素材は金属を使わないプラスチックとセラミックを混ぜ合わせた詰め物で、噛む力があまりかからない小さな虫歯の場合はダイレクトボンディング法で治療を行いますが、強度を強くするために、メタルインレーと同じく虫歯を削って型取りをし、修復物を固定するため通院回数は2回になることが多いです。
費用は3~6万円程度です。
セラミックインレーと比較すると少し安く済みますが、セラミックと比べると透明感に劣り、長期的に見ると少し変色しすり減りやすい特徴があります。

白い被せ物の種類

・レジンクラウン

中身は金属でできており、外から見える部分はレジンが張りつけられているため白く見えるクラウンです。
保険診療で前歯のクラウンを作成する場合、この硬質レジンクラウンを使うことがほとんどでしょう。
ただ、保険が使えるため治療費が安く済みますが、レジンはプラスチックなので時間が経つと変色しやすい特徴があります。
白ければどんな素材でもいいから安いものを使いたい・・という方にオススメの素材です。
ですが、自然の歯と同じような白さにはできないため、より審美性を追い求める方は保険外のクラウンを使った方がいいでしょう。

・オールセラミッククラウン

金属を全く使うことなくジルコニアを使って作成されたクラウンのことです。
ジルコニアは生体との親和性が高く、耐熱性があるため最近注目されつつある素材です。
金属を使用しない最新の白いクラウンを使いたい方におススメの素材です。

・ハイブリッドセラミッククラウン

中身は金属でできており、表面がレジンとセラミックを混合したハイブリッドセラミックが貼りつけられた素材です。
保険が適用されるものより良質のものを使いたい・・という方にオススメの素材です。

・メタルボンドクラウン

この素材の中は金属で、外側はセラミックが焼き付けられています。
今までのクラウンと同様、歯科技工士が手作業で作成しています。
実績と歴史がある白いクラウンを希望する方にオススメの素材です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
い歯の詰め物や被せ物にはさまざまな種類があるということをお分かりいただけましたか?
それぞれの詰め物や被せ物によって特徴も違っているため、ご自分に最も合った素材を選ぶことが大切です。
クリニックでしっかりと相談し納得した上で、どの詰め物や被せ物にするか決めるようにしましょう。
今後、もし白い詰め物や被せ物を選ぶ機会があったら、ぜひここでご紹介したことを参考にしていただければと思います。

TOP