【審美編】治療にかかる費用の平均額はいくら?

審美歯科に関心を持つ方が増えてきましたが、どんな治療が受けられて、どのくらいの費用がかかるのか気になる人も多いと思います。

そこで、審美歯科とはどんな歯科なのか、治療内容と費用を合わせてご紹介します。

 

審美歯科とは

審美歯科とは、ひと言でいうと「歯の美しさ」を実現する歯科です。

虫歯など歯のトラブルが何もなくても、歯並びが悪かったり、歯に色素沈着があったりすると、自信を持って笑うことができません。

審美歯科は通常の虫歯治療よりも一歩進んで、「美しいスマイルを作る治療」ということもできます。

審美歯科は、次のような方におすすめします。

  • ・歯並びが悪いのが気になり、大きな口で笑えない
  • ・人前で話す仕事なので歯並びを直したい
  • ・前歯の形や隙間、色が気になる
  • ・笑うと歯茎が多く見えてしまう
  • ・銀歯を白くしたい

 

審美歯科の先進国であるアメリカでは、白くて美しい歯並びはステータスの一つともいわれています。

日本でも近年歯に対する意識が高まり、白くてきれいな歯を求める方が増えてきました。

 

審美歯科では、歯列矯正ホワイトニングなどが主な治療になりますが、単に見た目をきれいにするだけでなく、かみ合わせなどもしっかり整えるのが本来の治療です。

審美性と機能性の双方を兼ね備えた治療を行うのが審美歯科といえるでしょう。

 

審美歯科の治療内容

歯列矯正

歯並びが気になる場合は、歯列矯正を行います。歯列矯正は大人になってから始めても遅くありません。矯正方法には、主に3種類あります。

  • ・歯の表側に透明のブラケットとワイヤーを装着して矯正する「ブラケット(表側)矯正」
  • ・歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して矯正する「裏側(舌側)矯正」
  • ・マウスピースを装着して矯正する「マウスピース矯正(インビザライン)」

 

補綴物

虫歯治療などで銀歯にした歯が気になる場合は、補綴物(詰めもの・被せもの)を替えることでで白くすることができます。主な方法は、次の通りです。

 

・ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックを貼り付けます。前歯を白くするのによく使われます。この方法では、歯の形を整えることもできます。

・セラミック

銀歯の代わりに、セラミックを入れます。すべてセラミックでできた「オールセラミック」、セラミックとコンポジットレジン(プラスチック)を混ぜた「ハイブリッドセラミックス」を入れます。

奥歯など歯の強度が必要な箇所には、表面がセラミックで中身が金属になっている「メタルボンド」と呼ばれる方法を用いることもあります。

 

ホワイトニング

歯の色が気になる場合は、ホワイトニングを行います。専用のホワイトニング剤を塗布することで歯を漂白します。

治療そのものに痛みはありませんが、歯の状態によっては知覚過敏が起こることがあります。ホワイトニング矯方法には、主に3種類あります。

  • ・歯科医院で歯科衛生士から施術を受ける「オフィスホワイトニング」
  • ・自宅で自分の手で行う「ホームホワイトニング」
  • ・オフィスとホームを併用する「デュアルホワイトニング」

 

PMTC

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)は、歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。

専門的な機器を使って歯の汚れを取り、一本ずつ磨き上げていきます。煙草を吸う人や、コーヒーワインなどの嗜好品がある人におすすめです。

 

審美歯科治療にかかる期間

それぞれの治療にかかる期間の目安は、およそ次のようになっています。※クリニックにより詳細は異なります。

 

歯列矯正

ブラケット(表側)矯正…1年半~3年、前歯だけなら約6ヶ月
裏側(舌側)矯正…1年半~3年
マウスピース矯正(インビザライン)…1〜2年

 

補綴物

オールセラミック、ハイブリッドセラミックス、メタルボンド、共に型取りなどを含め2〜5回程度で治療が可能です。

 

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

高濃度の過酸化物を使用するので1回でも十分な白さにできます。1週間に1度のホワイトニングを数回繰り返して希望の白さにしていきます。

 

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングに比べ使用する薬剤がやや弱いので、2~4週間で徐々に白くしていきます。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くすることができますが、後戻りしやすいのが難点です。

逆に、ホームホワイトニングは白くするのに時間がかかりますが、後戻りしにくいのがメリットです。

この両者を併用することで、早く長期間にわたって白い歯を維持するのがデュアルホワイトニングです。

期間は1~2ヶ月程度、3~5回程度の通院が必要です。

 

PMTC

PMTCは1回で済みます。

 

審美歯科にかかる費用

審美歯科の治療は、原則的に自由診療であり保険適用外です。費用はクリニックによって異なりますが、およその目安は次の通りです。

 

歯列矯正

ブラケット(表側)矯正…80〜100万円程度
裏側(舌側)矯正…100〜120万円程度
マウスピース矯正(インビザライン)…75万円~

 

補綴物

オールセラミック…7〜12万円
ハイブリッドセラミックス…6万円〜
メタルボンド…8万円〜

 

ホワイトニング

オフィスホワイトニング…片あご10,000円〜、両あご15,000円〜
ホームホワイトニング…片あご20,000円〜、両あご30,000円〜
デュアルホワイトニング…40,000円〜

 

PMTC

1回10,000円程度〜

 

まとめ

審美歯科は、顔の重要な部分である歯を白く美しくすることで笑顔に自信が持てるようにするとともに、かみ合わせなども直し、健康で美しい歯を作ることを目的とする治療です。

歯の見た目に何かお悩みがあれば、ぜひ一度審美歯科にご相談下さい。

TOP