入れ歯をする前に知っておきたいメリットデメリット

歯が無くなってしまった際には、無くなってしまった所を補う為に治療する必要があります。

選択肢としては、入れ歯インプラントという選択肢になります。

また1本だけ歯を失った場合には両方の歯に橋渡ししてあげて、ブリッチという治療法もあります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

入れ歯にはどの様な種類があってメリットやデメリットはどの様な事があるのかまとめてみました。

 

入れ歯の種類

部分床義歯

部分的に歯が無くなってしまった所に、足りない部分を補う入れ歯です。

粘膜部分は合成樹脂でできていて、歯の部分は人工歯で出来ています。

また残っている歯で維持してもらう為に保険の入れ歯ではばねをかけて入れ歯を固定します。

 

全部床義歯

上の歯や下の歯が全部なくなってしまった際の入れ歯です。

上の歯と下の歯では形態が異なっていて、下の歯は舌があるので、舌を避けて顎の骨に沿って作られます。

上の歯は粘膜部分を覆う形態で作られます。

 

入れ歯のメリットについて

歯が数本無くなってしまった際の選択肢としては入れ歯か人工歯根を埋め込むインプラントが挙げられます。

入れ歯は保険の中で治療する事が出来るので比較的安く作る事が出来ます。

また、インプラントに比べて手術する必要はないので、治療時間の面では早く済むという事もあります。

またインプラントでは骨が少なくなっている状況では土台が少なくなってしまうので、インプラント治療をする事自体難しくなってしまいますが、口腔内の状態がどの様な状態でも入れ歯に治療する事は出来ます。

汚れや歯周病がひどい場合には、先に治療してから入れ歯を作っていく事もありますが、仮の歯などを入れて全く歯が無い状況が無いという事は無い様に対応する事が出来ます。

その他にはインプラントに比べてメンテナンスが簡単という面があります。

全部床義歯の場合には外して義歯ブラシで洗う事が出来るので、口腔内を磨くより手元で磨く事が出来るので簡単です。

また部分床義歯の場合はばねがかかる歯を義歯の両方ケアをする必要があるので、全部床義歯よりはケアの面では手間がかかりますが、インプラントは汚れに弱く、汚れが原因で起きてしまう歯周病が悪くなってしまうとご自身の歯と同じ様にグラグラしてきてしまったり、腫れてしまったりと良くない状態になってしまいます。

出来るだけ、毎日のケア歯科医院での定期的なメンテナンスは欠かせないので、インプラントに比べて義歯はケアが簡単という面があります。

費用の面では少し高額になってしまいますが、保険外の入れ歯も選択肢に入れてあげると、ばねが見えない部分床義歯も作る事が出来ますし、根が残っている場合には、根の部分にマグネットを付けてマグネットの入れ歯にしてあげると安定感が増すと言われています。

また、最近では生体用シリコンを使用している入れ歯もあるので、入れ歯で気になるフィット感もかなり改善されると言われています。

 

入れ歯のデメリットについて

入れ歯のデメリットとしては取り外し式なので、固定式のものに比べて安定感が少し劣ると言われていて、外れやすい事があります。

食事の際や話している際に外れてしまうと見た目に恥ずかしかったり、食事の際には外れてしまったりする事で粘膜に傷がついてしまう事があったりします。

インプラントの場合には固定式なので、安定感には優れていて見た目にもほとんどわからないと言われています。

入れ歯は取り外し式の為、上の歯などでは粘膜部分も覆っています。

面積が多い事によって安定感が出てくるのですが、その分慣れるまでの違和感を感じる患者様は少なく無い様です。

また作ってすぐにフィットするのが一番望ましいのですが、食事などをしながら少しずつ調整していく事が多いです。

歯科医院で合わせた際には問題無くても、食事で色々な噛む力がかかった際に違和感が出てしまう事があるので、自分に合ったものを作るまでに数回の通院は必要です。

また、骨が痩せてしまった場合にも調整が必要ですし、部分床義歯の場合にはばねをかける歯を虫歯や歯周病などで抜かなくてはならなくなった場合には作りなおしが必要になってきます。

 

食事の際にも隙間に食べ物が入り込みやすい点もあります。

人前で外す事はためらう方も多いので、違和感がありますし、食べ物を長い時間付けたままにしておくと口内炎の原因にもなってしまいます。

また寝る際には粘膜を休めてあげる為に外して、清掃して洗浄剤に入れておく事が必要なので、パートナーの前で外す事が恥ずかしい人や旅行の際に友人に見られたくないといった事もあります。

 

まとめ

毎日の生活の中で食事をしたりお話をしたりする事でお口の中の状態はとても大切になってきます。

見た目や安定感などどの様な事が気になるかによって入れ歯にする方が良いのかインプラントが良いのか変わってきます。

また費用の面で問題無いのであれば、手術をしないで、保険外の入れ歯を選択する事も出来ます。

ご自身が納得した治療を選択する為にどの様な治療が出来るか相談する事もとても大切です。

TOP