自分に合う入れ歯とは?入れ歯を選ぶポイント

歯が無くなってしまった場合には無くなった歯を補う為に入れ歯という選択肢があります。

入れ歯には他に歯が残っていてばねをかけるタイプの部分的な入れ歯と、上の歯や下の歯で全体的に歯が無くなってしまって全体的な入れ歯の総入れ歯のタイプとあります。

それ以外にも保険外の材料を使用する場合には、部分的な入れ歯でもばねをかけない物や磁石で安定感をアップさせる物などもあります。

入れ歯にはどの様な種類があって選ぶポイントはどの様な事があるのかまとめてみました。

 

入れ歯の種類

入れ歯の構造について

入れ歯は義歯床と言われる粘膜の部分に接する所とその上の人工歯を呼ばれる歯の部分から出来ています。

部分的な入れ歯で通常の保険のものでは、残っている歯にばねをかけて使用する為クラスプと呼ばれるばねがあります。

義歯床の種類

レジンプラスチック床は保険適応で一般的なものです。

自然な色で作る事が可能ですが、プラスチックレジンという材質で作っている為強度を保つ為に一定の厚みを持たせる必要があります。

金属床は、入れ歯の土台となる粘膜の部分に金属を使用します。

熱伝導が伝わりやすいので、今までに近い感覚を得る事が出来る点や強度がある程度保つ事が出来るので、薄さはプラスチックレジンに比べて薄くする事が出来る点も違和感が少なく好評です。

ただ金属の面があるので、見た目で金属の部分がある程度見えてしまうという点はあります。

 

ソフトデンチャ―は歯茎に接する部分に特殊な加工をして歯茎に対する負担が少ないと言われています。

金属床に比べると強度が少なく、厚みの面では少し厚くなりますが、見た目に金属を使用しないので、審美性に優れています。(総入れ歯に使用します。)

 

ノンクラスプデンチャ―は部分的な義歯で保険外の入れ歯です。

保険の部分的な入れ歯では支える為にばねが必要ですが、ばねが無いので見た目の審美性に優れています。

素材もいくつか選択する事が出来る義歯ですが、保険外の治療なので、価格は少し高めです。

 

コンフォートデンチャ―は粘膜部分の生体用シリコンを使用しているので、クッション性が高くフィット性に優れていて、違和感が少ないと言われています。

金属も使用しないので見た目の満足度も高くしっかりと噛む事が出来ます。

ただ価格の面では高いというデメリットがあります。

 

磁石式のデンチャ―は磁石で固定するので安定感があります。

残っている歯の部分に磁石を付けて固定するので、土台が必要になってきます。

こちらも保険外の治療なので、費用がかかってくる点と根が残っている条件が必要になってきます。

 

入れ歯を選ぶ際のポイント

入れ歯ではどの様な事が気になるのでしょうか。

患者様ご自身で優先させたい事を整理して決めていくと満足度の高い入れ歯を選択する事が出来ます。

入れ歯で気になってしまう事の1つに食事をしっかりと出来るかどうかがあります。

しっかりと噛めるように、フィット感の高いものを選んだり、熱の伝導をしっかりと感じたい場合には金属床を選んだりする事で食事の際のストレスが少ないです。

また耐久性のついての不安がある場合もあります。

耐久性に関しては、入れ歯のケアの仕方や定期的のメインテナンスを受けて調整をするなどで耐久性が変わってくる事もありますが、しっかりと強度のある材質のものを選ぶ事も大切です。

それ以外にも、汚れがついた状態では歯茎が腫れてしまって使用する事が出来なくなったり、寝る際にも入れっぱなしの状態になってしまうと歯茎が休む時間が無いので歯茎の負担になってしまったりして使用する事が出来なくなる事があるので適切なケアをしてあげる事も長く義歯を使用する上では大切になってきます。

 

そして最近では色々な材料や治療の選択肢が増えてきたのですが、保険外の治療も多くなってきています。

保険外の治療では価格面でどうしても高額になってしまいます。

価格の面で心配な患者様も少なく無いです。

保険の材料は安価で作る事が出来てその点はメリットが大きいのですが、審美性やフィット感、安定感などを重視していくと保険外の材料の方が優れている所があります。

歯科医院によって価格の設定も違ってくるので、どの様な治療がしたいかとご自身の予算がどの位なのかを相談して治療を決めていくと満足度も高く、安心して治療する事が出来ます。

最近ではローンで治療する事が出来る所やカードで支払いをする事が出来る場合もあり、無理なく治療する事が出来る様に工夫されています。

 

またプライスリストがあったり、値段が分からないまま治療が進んでしまったという事はほとんど無いので、気になる点があった場合には相談する事も大切です。

 

さいごに

入れ歯は食事の際も、お話をする際にも重要な役割をします。

見た目が気になってしまって、笑う事やお話する事が苦痛になってしまう事もあります。

また合わない入れ歯で食欲がなくなってしまう事もあります。

そんな事が起こらない様にどの様な治療をする事が出来るか自分にはどの材料があっているのかしっかりと選択してあげる事も大切です。

TOP