入れ歯をするなら知っておきたい!入れ歯のお手入れのこと

入れ歯にも部分的な入れ歯と、上の歯全体や下の歯全体の総入れ歯とあります。

部分的な入れ歯にはばねがついており金属なので、総入れ歯と洗浄剤が異なったりとケアの方法も違ってきます。

また部分的な入れ歯に関しては口腔内に歯が残っているので、入れ歯のケアにプラスしてばねがかかる歯を中心にしっかりとブラッシングをしてケアしてあげる必要もあります。

入れ歯になるとどの様なケアをしてあげる事が大切なのかまとめてみました。

 

入れ歯の際の口腔内の状態

入れ歯は歯が無くなってしまった所に粘膜部分の土台と、人工歯を作って使用します。

部分的な入れ歯の場合には両隣の歯にばねをかける為ばねも使用します。

固定式では無く取り外し式の為、安定感は固定式の物に比べて少なくなってしまうと言われています。

この為、特に作ったばかりの入れ歯では、しっかりとフィットしていないとカタカタしてしまって粘膜を傷付けてしまう事もあります。

粘膜が傷になってしまうと食事の際にストレスになってしまうので、歯科医院での調整が必要です。

入れ歯が合わない事やすぐに外れてしまうなど違和感があった際にはメンテナンスが必要になってきます。

入れ歯を作って歯が無い総入れ歯の場合でも粘膜の状態をチェックしてあげる事が大切です。

また部分的な入れ歯に関しては歯が残っているので、歯に汚れが付かない様にしっかりとケアしてあげる事が大切ですし、ばねがかかっている歯は汚れが付きやすい形態になっている事からより注意してケアしてあげる事が大切です。

ばねがかかっている歯は支えているので負担になっていますし、汚れがついてしまって歯周病になってしまうと、グラグラしてしまって支える歯としての役割を果たせなくなってしまうからです。

苦手な所は決まってくる事が多いので、自分だけでは難しい事もありますし、気が付かない事もあるので、歯科医院で定期的に検診とクリーニングなどをする事をお薦めしています。

またブラッシングが不十分な所関しては自宅でのケアの方法もお伝えする事が出来るので、自宅での十分なケアも大切です。

 

日常生活の中での入れ歯に関して

入れ歯は夜には外して洗浄してあげる必要や、粘膜を休めてあげる事が必要です。

入れ歯をしたまま寝てしまう事は入れ歯を綺麗にする習慣が身についていないなどの問題があります。

入れ歯がお食事の際に動く事があるのは入れ歯がゆるかったり、あっていない事が考えられます。

この場合には歯科医院での調整が必要で、そのままにして入れ歯を持っていても使用しない事があると、部分的な義歯などでは、歯が少しずつ動いてしまって入れ歯が合わない状態になってしまいます。

また総入れ歯の場合にも使用しない場合には食事がしにくく、柔らかいものばかり食べてしまって刺激が少なく、脳にも良くない状況があると言われています。

入れ歯の不具合があった場合には1度出来ても歯科医院で相談すると改善する事が多いので、通院する事も必要です。

 

入れ歯のケアについて

総入れ歯になってしまっても入れ歯との間に汚れが入りこんでしまって粘膜に汚れがついてしまう事もあります。

そのまま放置してしまうと汚れは細菌の塊なので、口内炎の原因にもなってしまいます。

粘膜に対してぶくぶくとうがいをしてあげる事によって汚れを除去してくれる働きがあります。

またそれだけでは不十分な場合には専用の粘膜を清掃するスポンジブラシもあるので、水で湿らせたスポンジブラシで汚れを落としてあげると良いです。

高齢になってくると口腔内が乾燥してくるので、乾燥すると細菌が繁殖しやすい環境にもなってきますし、乾燥の対策にもスポンジでの洗浄やぶくぶくうがいは有効です。

 

入れ歯自体の洗浄に関しては義歯ブラシを使用してブラッシングしていきます。

歯ブラシと比べて固めの素材でできていて大き目になっています。

また柄の部分も持ちやすい形態になっているので、しっかりと磨きやすい形態になっています。

また手が麻痺などしている場合でも持ちやすいものがあったりと、いくつか種類もあるので、ご自身に合った形態の物を使用して清掃すると清掃しやすいです。

 

洗浄の仕方としては流水下で汚れやぬめりなどを除去してあげて、綺麗になったら洗浄剤の中に入れてあげると細菌に対しても有効です。

また入れ歯は乾燥にも弱いので乾燥しない為にも洗浄剤に入れてあげる事は大切です。

注意点としては歯が残っている人でも歯磨き粉で義歯は洗わない事です。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、細かな傷を作ってしまいます。

洗浄剤で細菌を除去する事が出来るので、歯磨き粉は使用しない事が大切です。

 

入れ歯には歯のお手入れと違う部分や注意点がいくつかあります。

快適に入れ歯を使用する為にケアの方法や、合わなくなってしまった場合などメインテナンスをしてあげる事も必要です。

毎日のお食事や快適な口腔内の環境を保つ為にも歯が無くなって入れ歯になってしまった所もしっかりとキレイにしてあげる事が大切です。

 

TOP