合わない入れ歯は放置しないで!入れ歯が合わないことによる悪影響とは

はじめに

入れ歯を使うことで日常生活をあらゆる場面で支えてくれますが、お口の中にただ入っていればいい・・というものではなく、治療費が多少かさんだとしても快適に過ごせるようにしたいですよね?
ですが、高いお金をかけて入れ歯を作ったものの、違和感がある、噛むと痛い・・などというトラブルが起こることもあります。
ここではそんな合わない入れ歯を使い続けることで起きる悪影響や対策についてお伝えします。
ぜひ、入れ歯が合わない方は読んでみてくださいね!

入れ歯が合わない原因とは

何度も調整したのに思ったような入れ歯に出会えない方は多いです。
どうしてそういったことが起こってしまうのでしょうか?
入れ歯がお口に合わない原因として考えられることはさまざまで、作った当初から合わないのか、だんだん合わなくなっていったのか・・などによって変わってきます。
ですが、そもそもオーダーメイドで作られているのに、どうして合わなくなっていくのでしょうか?
その原因は次の通りです。

骨が変化する


入れ歯を支えている土台となるあごの骨は少しずつ変化しており、古い骨が吸収されて新しい骨が作られていますが、高齢になればなるほど骨の代謝も低下していき、骨が吸収されるように骨が作られるスピードが遅くなってしまい、小さくなっていきます。
つまり、土台部分が小さくなるためお口の粘膜と入れ歯との間に隙間ができてしまい、入れ歯が合わなくなってきます。
また、骨が吸収される速さは全身の代謝障害たとえば糖尿病などの患者さんだと速いそうです。

汚れ


入れ歯にもプラークが付き、そこにさまざまな菌が入れ歯の床の部分に侵入してしまい変質します。
さらに、唾液の中にカルシウム分が沈着し歯石になって入れ歯の床に付いてしまうと変質し合わなくなります。

入れ歯のすり減り


長期間入れ歯を使用し続けると咀嚼によって入れ歯がすり減ってきます。
そうなると、上下の噛み合わせに変化が起き、入れ歯が合わなくなってきます。

最終調整がうまくいっていない


どんなに精密に作られた入れ歯でも作成の際に寸分の隙もなくお口にぴったり合うものはできません。
装着してみて感触を確かめて細かな調整を行う・・という行程を繰り返しお口に合うようにしていきます。
ですが、そういった細かい調整を行わないまま入れ歯を使い続けている人も以外と多く、違和感があったとしてもこの程度だろう・・とあきらめてしまっている可能性があります。
入れ歯を作成する際に最終調整はとても大事な行程で、これを行わないまま通院を中断するとお口に合っていない入れ歯を使い続けることになりかねません。

入れ歯が合わないことで起こる悪影響

  1. 噛み合わせが不安定になる
    入れ歯は歯ぐきの上に乗った状態になっており、歯ぐきや歯の高さによって安定感が変わってくるため、合わないままでいるとどこで噛んでいるのか分からないほど噛み合わせが不安定になります。
  2. 老けて見える
    顔には表情筋という筋肉や咀嚼筋という筋肉によって支えられていますが、入れ歯が合わないと咀嚼力が落ち、筋肉も衰えてしまいしわが増えていきます。
  3. 残された歯に負担が増える
    入れ歯が合わないままでいると入れ歯ががたつくのでフックがかけられた歯までぐらつきだします。
    さらに、残った歯でばかり噛むようになるため余計な負担がかかり歯の寿命が短くなります。
  4. 消化器官に負担がかかる
    入れ歯は天然の歯と比べると2~3割程度の咀嚼力しか回復できません。
    入れ歯が合わないとなおさら咀嚼力は下がってしまい、そうなると食べ物をしっかりと噛み砕くことができなくなるため消化器官に負担がかかります。
  5. 認知症になりやすい
    咀嚼という行為は脳を活性化させますので、しっかり噛めないと脳が委縮していき認知症になるリスクが高くなります。

自分にピッタリ合う入れ歯を作るには

作成したクリニックで再調整してもらう

入れ歯が合わないままだとさまざまなデメリットがあることが分かりました。
では、どうすれば合う入れ歯にすることができるのでしょうか?
そのためには作成したクリニックで調整してもらうのがいいでしょう。
クリニックに入れ歯を持っていき、現在のお口の中の状態にあった入れ歯に調整してもらうといいでしょう。
作ったクリニックならご自分のお口の記録や作成記録が保管されているはずです。
お口の中はデリケートなので、入れ歯をしていない間に状態が変わってしまっていると合わなくなるため、違和感を感じたらすぐにクリニックで診てもらうようにしましょう。

自費診療の入れ歯にする

もし、今使っている保険を使った入れ歯に不満があって作り直すのなら自費診療の入れ歯がおススメです。
保険を使った入れ歯の場合使うことができる素材がレジンなどの素材に限定されてしまい、この素材だと薄く仕上げることが難しいと言われています。
すると、厚みがどうしても必要になってしまい、それによって違和感が生じてしまうようです。
自費で入れ歯を作る場合素材が自由に選べるほか、作る際の行程も保険を使ったものより精密でていねいです。
なので、仕上がりについても保険を使った入れ歯よりぴったりと合ったものにできるはずです。
また、保険を使った入れ歯だと温度を感じづらくなることが多く、そのため食事の際に違和感が生じやすいです。
ですが、自費で作った入れ歯であれば温度を感じやすく、見た目も天然の歯のように仕上げることが可能です。
また、しっかりと噛むことができる入れ歯を作ることができるなどメリットが多いです。

まとめ

入れ歯が合わないからと言って歯がないまま放っておくと、全身にさまざまな悪影響が起きます。
もし、作った入れ歯が合わないのならクリニックで調整してもらうようにしましょう。
また、ぴったり合う入れ歯を作り直したいという場合には自費での入れ歯作成がおすすめです。
いずれにせよ、合わない入れ歯を使い続けていいことなど全くありません。
ぜひ、かかりつけのクリニックで相談してみて下さいね!
まとめ

TOP