入れ歯を清潔な状態で保つポイント

 

何らかの原因で歯を失った場合に、保険を利用して短期間に作れるのが入れ歯です。

ただし、入れ歯は適切な手入れを毎日行い、常に清潔を保っておく必要があります。

今回は入れ歯をきれいに保つポイントについてご紹介します。

 

入れ歯はいつも清潔に

入れ歯の仕組み

入れ歯は、人工歯と義歯床(入れ歯の土台)からできています。部分入れ歯の場合には、これにクラスプと呼ばれるバネ部分が加わります。

保険適用で作れる義歯床は、ピンク色をしていて厚みのあるレジンプラスチック床です。

 

入れ歯は洗浄が必要

飲食すれば入れ歯には食べ物のカスが付着しますから、自分の歯と同じように、食後はきれいにする必要があります。

特に部分入れ歯の場合は、クラスプ部分に汚れが溜まりやすいため、引っ掛ける隣の歯が虫歯になりやすい状態になります。

また、唾液の自浄作用などが働きにくく口内細菌が繁殖しやすいため、毎日毎食きちんと洗浄しなければなりません。

 

入れ歯を清潔にしないと・・・

入れ歯を清潔にしておかないと、次のようなリスクが生じます。

 

  • 口臭が生じる
  • ・入れ歯にカビが生える
  • ・入れ歯に食べ物の色素や臭い、歯石がつき、入れ歯の寿命が短くなる
  • ・部分入れ歯の場合、残っている歯が虫歯・歯周病になる
  • ・抵抗力が落ちると、カンジダ菌に感染して、口腔カンジダ症にかかるケースがある

 

入れ歯は湿気や細菌が多い口の中で使うので、汚れを洗浄しないとカビが生えることがあります。

また、入れ歯を装着すると唾液の流れが悪くなるため、虫歯や歯周病になりやすくなります。

口腔カンジダ症は、放置してしまうと肺や心臓にも感染して、重篤な結果を招くケースもあります。高齢の方は、特に注意が必要です。

 

入れ歯の基本的なお手入れを見直そう

入れ歯は毎食後外して洗う

部分入れ歯も含め、入れ歯は食事の度に外して洗うのが原則です。どうしても難しい場合は、寝る前に外して洗ってもよいでしょう。

 

また、入れ歯は凸凹したものを歯茎に装着するので、どうしても隙間ができてしまいます。

さらに高齢になると、入れ歯を固定する歯茎がこけてくるので隙間も大きくなり、汚れが付着しやすくなります。こまめな手入れが大切です。

 

装着したまま寝るのはNG

寝るときは、入れ歯は必ず外しましょう。入れ歯を装着しているときは口内細菌が繁殖しやすく、歯茎などにも負担をかけています。

使用しない夜の間は外して、口の中を清潔に保ち、歯茎などを休ませるようにしましょう。

 

 

入れ歯を清潔に保つ方法:毎日の正しい洗浄

入れ歯は、ぬるま湯で洗います。熱すぎるお湯を使うと、入れ歯が変形するおそれがあります。

入れ歯の洗浄方法は、次の通りです。

 

  1. 1.ぬるま湯ですすぎ、食べ物のカスなどを取り除きます。
  2. 2.ブラッシング…入れ歯専用の歯ブラシで、歯磨き粉は使わずに磨きます。
  3. 3.すすぎ洗い…もう一度よく洗います。
  4. 4.水または洗浄剤を溶かした容器に入れると良いでしょう。

 

入れ歯洗浄剤は、毎食後使う必要はありませんが、毎日使うことをおすすめします。

入れ歯全体が浸るくらいの水に溶かし、1時間以上つけ置きます。就寝時などに使うとよいでしょう。

 

入れ歯洗浄剤には殺菌作用があるので、カンジダ菌やその他の細菌を寝ている間にきれいに除去してくれます。

また、タバコのヤニを落としたり、消臭効果をうたった商品もありますので、ニーズに合わせて選ぶとよいでしょう。

 

入れ歯を清潔に保つ方法:保管方法

入れ歯を外しておく場合には、水もしくは洗浄剤の入った容器にいれて保管します。

入れ歯は乾燥させてしまうと、ヒビ割れたり欠けたりすることがありますので、注意が必要です。

 

長期間に渡って入れ歯を保管する場合は、数日程度であれば、乾燥しないように水浸けておくか、もしくは、濡れたガーゼに包んでおくとよいでしょう。

衛生上、水は毎日取り替えます。洗浄剤を溶かした水に入れて保管するのは、入れ歯を傷めるのでおすすめできません。

 

何日も使用しない場合は、上記の方法でも入れ歯を傷める可能性があります。

クリニックでは入れ歯に不具合がないかチェックすることができますので、使用前にご相談下さい。

 

入れ歯を清潔に保つ方法:口の中も清潔にしておく

入れ歯を使用している方は、入れ歯だけでなく、口の中も清潔に保つことが必要です。せっかく入れ歯をきれいに洗浄しても、口の中が汚ければすぐ汚れがついてしまいます。

 

入れ歯を使用すると義歯床と歯茎の隙間などに汚れが溜まり、口腔内細菌が繁殖しやすくなります。

細菌は上あごや舌でも繁殖するので、入れ歯を使用している方は口腔内の清潔さがとても重要になります。

まず、入れ歯を装着していることでトラブルが起きていないかチェックしましょう。

合わない入れ歯で口の中の粘膜が傷ついているかもしれません。また、部分入れ歯の場合には、残っている他の歯が虫歯になっていることがあります。

次に、うがいをします。

総入れ歯の場合は、うがいだけでかなりの汚れを落とすことができます。ポイントは、頬をふくらませる「ブクブクうがい」をすることです。

ただし、高齢の方の中には難しい方もいらっしゃいますので、くれぐれも注意して行うようにしてください。

 

まとめ

入れ歯はすぐれた人工歯です。正しい手入れをして清潔に使えば、よい状態で長く使うことができます。ポイントをきちんとおさえて、きれいな入れ歯と口内環境を維持しましょう。

TOP