自分に合った入れ歯を手に入れる。治療の流れについて

あなたは、大切な歯を失ってしまった場合、どのような治療方法を考えますか?

通常、歯を失ってしまうと、「入れ歯治療」を選択する方が多いと思います。

入れ歯は、今や「おばあちゃんがやるもの」だけでは、ありません。

総入れ歯、部分入れ歯など、入れ歯にも色々と種類があります。

では、入れ歯治療とは、どういう治療を行うのでしょうか。

今回は、入れ歯治療について、治療方法、治療の流れなどについてご紹介いたします。

1.入れ歯とは

入れ歯とは、失ってしまった自分の歯の代わりに人工的な歯を作り上げて、口の中にはめ込み、本当の歯のように歯を作り上げる治療法のことです。

入れ歯には、総入れ歯と呼ばれるものがあり、片顎すべての歯が人工の歯でできているもので、片顎の歯が1本もない場合に使われます。

また、入れ歯には、部分入れ歯というものもあり、一部分の歯がない場合に使われ、金属のフックなどで入れ歯を固定します。

一言で入れ歯と言っても、他にもたくさんの種類がありますので、ご紹介いたします。

<入れ歯の種類>

  1. 総入れ歯
  2. 部分入れ歯
  3. 金属床義歯(ゴールド、チタンなど)
  4. レンジ床義歯(プラスチック)
  5. 金属を使わない義歯(ソフト樹脂、生体用シリコン、ナイロン系素材)
  6. バネを使わない義歯(生体用シリコン、ナイロン系素材)

このように、入れ歯にも色々と種類があります。

好みや歯の状態に合わせて入れ歯の種類を選びましょう。

また、入れ歯も種類によって料金が異なってきます。

費用はそのくらい掛かるのでしょうか。

<入れ歯の費用>

  1. 総入れ歯:約20,000円~
  2. 部分入れ歯:約20,000円~
  3. 金属床義歯:約180,000円~
  4. レンジ床義歯:約20,000円~
  5. 金属を使わない義歯:約50,000円~
  6. バネを使わない義歯:約100,000円~

入れ歯の種類によって、それぞれ料金も異なってきますので、必要性や予算によって治療方法を検討することもおすすめします。

また、入れ歯治療には、保険が適用するものもあるので、比較的安価に抑えることもできます。

2.入れ歯の治療方法

では、入れ歯治療は、一体どのような流れで行われるのでしょうか。

簡単に入れ歯治療の流れをご紹介いたします。

<入れ歯治療の流れ>

1.初診、カウンセリング、検査

これまでの治療歴、治療の希望などを確認し、検査を行います。

2.歯型取り

口腔内の検査、レントゲン撮影などを行います。

既製品のトレーと呼ばれる器具を使って簡単な歯型を取り、取った歯型に石膏を流し、個人トレーを作る。

3.より精密な歯型取り

1で作成した個人トレーを使い、より精密な歯型や嚙み合わせの型を取ります。

4.嚙み合わせの高さの決定

嚙み合わせの高さを決めるために、ロー堤と呼ばれる嚙み合わせを記録するもの作り、人工歯の位置や角度を決め、ロウ義歯を作成。

5.嚙み合わせの確認

ロウ義歯を口にはめ込み、形や嚙み合わせを確認する。

6.完成

それぞれの工程での作成が1週間程度かかるため、入れ歯が完成するまでに最低でも1ヶ月は掛かります。

また、その時の口内の状況にもよりますので、1ヶ月以上掛かることもあります。

3.入れ歯のメリット、デメリット

入れ歯治療にもメリットやデメリットがありますので、事前にしっかり比較しておきましょう。

入れ歯治療のメリット、デメリット

入れ歯治療のメリット 入れ歯治療のデメリット
・保険適用内のため料金が安価

・比較的治療が短期間で済む

・取り付けが簡単

・インプラントとのように骨を埋め込む手術が要らない

・どのような方にも対応できる

・入れ歯のバネが見えてしまうと、入れ歯だとすぐにわかってしまう

・口を大きく開けると、入れ歯が外れてしまうことがある

・噛む力が弱まるため、ガムやおもちなどは非常に食べづらい

・味や熱が感じにくい

・歯茎が痩せていき、時間がたつと合わなくなることがある

このように、入れ歯治療には、メリットもデメリットもあります。

必ずメリットデメリットの両方を確認するようにしましょう。

気になることがあれば、かかりつけの歯科医に相談することをおすすめいたします。

4.入れ歯以外の方法とは

歯を失ってしまった場合、入れ歯治療のほかにはどのような治療があるのでしょうか。

ご紹介していきます。

<入れ歯以外の治療方法>

  • インプラント
  • ブリッジ
  • リーゲルテレスコープ

歯を失った場合でも、入れ歯以外にも治療方法はありますので、入れ歯では支障がある方、入れ歯はどうしてもいやだという方は、入れ歯以外の治療方法を検討することもおすすめします。

ぜひ、あなたに合った方法で治療を進めてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、入れ歯治療について、ご紹介いたしました。

入れ歯治療は、歯が抜けたり欠けたりして、大切な歯を失ってしまった場合に、一般的によく使われている治療方法です。

入れ歯は、おばあちゃんがやるものというイメージがあるかもしれませんが、今はそうではありません。

入れ歯の治療方法、メリットやデメリットなどを考慮しながら、ご自身に合った治療方法を選択することをおすすめします。

歯を失ってしまったとしても、諦めないようにしてください。

TOP