入れ歯を考えているなら注意!入れ歯をする前に気を付けたいこと

歯が数本無くなってしまった際には、入れ歯という選択肢が出てきます。

保険でも作る事が出来ますし、一般的な治療でした。

最近では保険外の治療も増えてきているので、歯を失った際にはインプラントという人工歯根を埋め込んで土台として、その上に歯を作っていく治療も出てきました。

入れ歯は取り外し式ですが、インプラントは固定式なので、安定感があると言われています。

入れ歯を考えている場合に、その他にどんな選択肢があるのかまとめてみました。

 

入れ歯の注意点

入れ歯の特徴としてはまず取り外し式という点があります。

歯があった際には、歯茎に固定されているので安定感があります。

取り外し式なので、やはり外れやすさであったり、安定感が少なくカタカタしてしまうという事があります。

話をしている際に外れてしまうのではないかという事があると、仕事の際や人と会話する際にはストレスになってしまいますし、気になってしまう方はあまり人に会いたくないという人もいます。

 

安定感が出る様に安定剤などを利用する事で改善する事や、歯医者で調整する事でも出来るだけフィットした物に近くなる様にしていきますが、固定式の物に比べると安定感は少し劣る面があります。

 

その点インプラント治療では人工歯根を埋め込んだ上に土台を立てて上に歯を作っていく治療なので、固定式の歯を入れる事が出来ます。

取り外しの必要もないですし、見た目も他の人が見てもほとんどわからない状態で使用する事が出来ます。

また保険外の治療なので、金額はかかってきてしまいますが、上の歯の材質を好きなものにする事ができるので、セラミックの透明感のある白い歯を入れる事も可能です。

 

部分的な入れ歯で保険の治療の場合では、歯が無くなった所を補う為にばねをかけて維持しますが、銀色のばねが見えてしまう事も少なくありません。

他の人から見て入れ歯にしているという事がすぐに分かってしまうので審美性では気になってしまう方も少なくないです。

 

また入れ歯では熱を感じにくいという点があるので、味覚が今までと違うと感じる方もいます。

食事をする際の安定感もありますが、上の歯の全部床義歯などでは粘膜部分は、安定感を出す為に覆っていますが、覆う事で安定感は出ますが、その分熱を感じにくいというデメリットがあります。

また粘膜部分を覆ってしまう事で違和感を感じたり、下の歯では舌を動かす際に当たったりして違和感がある方も少なくないです。

 

インプラントでは今までと同じ様な感覚で食事をする事が可能です。

極端に硬いものは少しずつ慣れさせてからの方が良いですが、噛む力がしっかりとしていると以前と同じものを食べる事が出来ます。

 

入れ歯が安定しない場合や合わない場合には柔らかいものばかり食べてしまうという事もあるので、食事でしっかりと噛む事は脳に刺激を与えたりと、良い面も沢山あるので、大切です。

 

逆に合わない入れ歯を使ってしっかりと噛む事が少なくなって来ると認知症のリスクも高くなってきてしまうと言われています。

 

そして入れ歯にした場合で歯を失ってしまうと骨の状態にも関係してきます。

全部床義歯の場合には、歯が全くない状態なので、骨に刺激が伝わりにくく、骨が吸収していってしまいます。

インプラントの場合には歯が無くなってしまっても、骨に人工歯根を埋め込むので刺激がありますが、入れ歯の場合には刺激が少なくなってしまいます。

 

骨が少なくなってしまうと床の安定感が無くなる状態になってしまうので、入れ歯の安定感にも良くありませんし、将来インプラントにしたいと思った際にも骨の量が足りない事でインプラント治療自体が行う事が出来なくなります。

入れ歯とインプラント治療で悩んでいる際には、骨の状態が変化してしまう点も考慮して検討する事が大切です。

 

入れ歯のメリットについて

入れ歯のメリットとしては保険外で治療する事が出来るので、金額的な負担が少ない事です。

インプラントは保険外の治療なので、本数にもよりますが、高額になる事が多いです。

その点保険の中で治療する事が出来ると費用面で抑える事が可能になっています。

 

入れ歯のメリットの2つ目としては、ケアをしやすい事が挙げられます。

全部床義歯などでは取り外して近くに持ってきて義歯ブラシで洗浄する事が出来るので、口腔内で磨くよりかなり簡単に磨く事が出来ます。

また夜洗浄剤に入れて殺菌するので翌朝には綺麗な状態で使用する事が出来ます。

 

部分的な義歯の場合でも入れ歯は外して洗浄する事が出来ます。

ばねがかかる部分は汚れが付きやすく、虫歯になりやすい面もあるので、しっかりと磨いてあげる必要がありますが、インプラントは汚れが原因となる歯周病になってしまうと自分の歯と一緒で定着が悪くなってしまうので、綺麗な状態を保つ必要があります。

綺麗にしてあげる事によって、より快適に長く使用する事が出来るのですが、汚れが多い状態ではグラグラした状態になってしまう事もあるので、入れ歯より、よりキレイな状態にしておく必要があります。

さいごに

入れ歯にはメリットもデメリットもありますが、いったん入れ歯にしてしまってその後にインプラント治療にしたいと思っても骨の量が減ってしまって出来ない事もあります。

メリットデメリットを踏まえた上で選択する事が大切になってきます。

TOP