インプラントって何?年々使用者が増えているインプラントとは

歯を何かの理由で失った場合、機能を回復するための治療を行わなければいけません。多くの方は入れ歯やブリッジを選択されますが、近年ではインプラント治療を選択する方が増えてきています。
インプラントが気になるけど、インプラントって一体どういうものなの?という方に、インプラントについてわかりやすくご説明します。

 

歯を失う理由

まず、なぜ歯を失ってしまうのでしょう。
歯を残すことができない主な理由として、重度の虫歯歯周病があげられます。虫歯が進行し、根だけになってしまった歯は、土台を立てて被せ物を着けることができません。残念ながら抜歯になります。

また重度の歯周病の場合も歯を残すことが難しくなります。歯周病菌により顎の骨が破壊され歯周病が進行した歯がグラグラ動き始めると、ほとんど抜歯になります。

さらに、重度歯周病の歯をそのままにしておくと、顎の骨の吸収が進んでしまうため他の歯に良くありません。この場合も抜歯します。

その他の理由として、事故などで歯が折れてしまったり、歯の根にヒビが入っている場合も保存は難しく、ほぼ抜歯になります。

歯を失った場合、速やかに機能を補うための治療を行わなければいけません。そのための方法として、入れ歯ブリッジ、そしてインプラントがあります。

 

インプラントとは

機能を回復させる治療のひとつ、インプラントとはどのようなものでしょうか。
インプラントは、失った歯の部分に人工の歯根となるインプラント体を埋めこみ、上部に人工歯を装着することで、失った歯の機能を回復させる治療のことを言います。

現在使用されているインプラントはほとんどチタンで作られています。チタンはアレルギーの心配がほとんどなく、体に優しい成分です。またチタンは骨と結合しやすく、顎の骨にチタン製のインプラントを埋めることで、顎の骨としっかり結合します。そのため強度にとても優れており、最も大切な「噛む機能」において大きな役割を果たします。

インプラントと保険適用の入れ歯、ブリッジと比較してみましょう。

 

保険適用の入れ歯、ブリッジの特徴

保険を使った治療として、入れ歯とブリッジがあります。どちらも費用を抑えることができるため、経済的にメリットと言えます。

入れ歯

歯を失った場合「入れ歯」が真っ先に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
部分入れ歯は、取り外し式の義歯で、金属の金具を健康な歯に引っ掛けて使用します。入れ歯はほとんどの歯科医院で取り扱っており、外科治療を伴わないため、全ての人が治療対象になります。
しかし噛むという機能面において、入れ歯は咀嚼力に不安が残ります。また噛むたびに金具を引っ掛けている健康な歯に負担がかかり、歯を痛める心配があります。
ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を土台にして被せ物を装着します。
強度は部分入れ歯よりもはるかに強く、しっかり噛むことができます。しかしブリッジの最大のデメリットは、土台となる健康な歯をたくさん削らなければいけないことです。健康な歯を削ることは、将来的に大きなリスクを抱えることになります。

またブリッジは強度が強い分、土台になる歯に大きな負担がかかります。このため入れ歯同様、支える歯に影響が出てしまうことが懸念されます。審美的にも問題があり、奥歯のブリッジは保険適用の場合、銀色のブリッジしか選択できません。

なお入れ歯、ブリッジともに保険外で作製が可能です。保険治療の場合は素材が限られてしまいますが、保険外では素材の選択肢が広がります。

 

インプラントの特徴

機能面に優れている

インプラントの最大の特徴は、噛む機能がしっかりしていることです。
わたしたちの健康は、口の中から始まります。またしっかり噛むことで脳細胞を活発にさせ、認知症などを予防します。そのためには咀嚼機能が整っていなければいけません。

入れ歯の場合、噛む機能は回復しますが、咀嚼力が弱いため、固いものや噛み応えのあるものを噛むことが難しく、つい柔らかいものばかり口にしてしまいます。柔らかいものばかりになると、しっかり噛むことが疎かになり、次第に唾液の分泌量も減ってしまいます。

唾液は口の中や健康に対し、非常に大切な役割を果たすため、ある程度噛み応えのあるものを噛んでしっかりと唾液を分泌させましょう。
またしっかり噛んで、脳細胞の働きを活発にすることも大切です。

インプラントは咀嚼力にとても優れているため、天然歯と同じように硬いものでもしっかりと噛むことができます。この優れた咀嚼力自然な噛み心地という機能面がインプラントの最大の特徴です。

 

審美性に優れている

せっかく新しい歯が入ったのに、入れ歯の金具や奥歯のブリッジが銀色の金属では、笑顔に自信が持てなくなるのではないでしょうか。
また前歯のブリッジは白いプラスチックで作られますが、年数が経つにつれ黄色く変色し、周囲の歯と比べると色の差が明らかになってしまいます。

インプラントに装着する人工歯は主にセラミックなど審美性に優れた素材で作られます。
また周りの天然歯に合わせた色調のため、見た目に全く違和感がなく、美しい口元を作り出してくれます。

 

他の健康な歯に影響を与えない

入れ歯もブリッジも、隣接する健康な歯に影響を与えてしまいます。特にブリッジは、土台となる健康な歯をたくさん削らなければいけません。歯は削ると一生元には戻りません。健康な歯を削ることに何もメリットはなく、むしろ将来的に歯を失ってしまう危険性が高まります。

インプラント失った歯の部分だけを治療するため、他の健康な歯に影響を与えません。他の歯に影響がないインプラントは、他の健康な歯を残すために最も理に適っていると言えるでしょう。

 

まとめ

健康を保つためには、まず「しっかり噛んで食べること」です。メリットが多いインプラントですが、特に「噛む」という最も大切な機能面に大変優れています。またもう一度食事の美味しさ会話の楽しみを味わう喜び、そして美しい口元を作り出すことができるのもインプラントです。

歯を失ってお困りの方、食事や会話を楽しみたい方は、入れ歯やブリッジだけでなく是非インプラントを選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

TOP