インプラントを長持ちさせるためのポイント

はじめに

インプラント治療とは歯をなくしてしまった時、歯の根っこの代わりとなるチタン製の器具を
顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を埋め込む治療のことです。

インプラントは第二の永久歯とも言われており、ブリッジや入れ歯のデメリットを解決できる最新の治療法として最近急速に広まっていますが、保険が使えないため治療に積極的になれない方も多いです。
インプラントは天然の歯と同様に強く噛めたり、違和感がないだけでなく、他の健康な歯に負担をかけない、寿命が長い・・というメリットもあります。
ただ、インプラントを長持ちさせるにはさまざまなポイントがありますので、ここで具体的にご紹介しましょう。

インプラントの寿命とは

インプラントの寿命は約9割程度が10年以上であると言われており、クリニックによっては保証をつけているところもあります。
メンテナンスをきちんと行ってさえいれば、10年以上使い続けることは可能です。
なかには40年近くも使用したという方もいらしゃいます。
つまり、インプラントにはこのような長期の臨床実績もあり、適切なケアを行うことでいわば半永久的に使用し続けられのです。
では、ブリッジや入れ歯と比べるとどうでしょうか?
ブリッジの寿命は7~8年程度、入れ歯だと4~5年程度なので、インプラントの方が他の治療法よりずっと長持ちするということがわかります。
それだけでなく、インプラントは他の治療法と比べて残った健康な歯に負担がかからないというメリットがあります。
つまり、インプラント自体の寿命も長いですが、残った健康な歯の寿命を縮めない治療法でもあるのです。

インプラントの寿命が短くなる原因

  1. インプラント歯周炎
    あまり聞き慣れない病名ですが、これはインプラントの歯周炎のことで、歯周病は歯や歯ぐきの周りの歯周組織が細菌感染する病気なので、天然の歯と同様の構造であるインプラントでもかかると言われています。
    問題となるのは天然の歯にはある歯周病菌に対しての防御機能がないことで、インプラントは余計に歯周病の影響を受けやすいと言われています。
  2. インプラントの破損
    インプラントに使われる主流となる素材はチタンでできているため非常に丈夫で壊れにくい素材ですが、人間の噛む力は強いため1本の歯にその人の体重と同程度の力で噛む位の力がかかると言われています。
    インプラントは天然の歯と変わらないほど違和感なく噛むことができますが、天然の歯でも割れることがあるようにインプラントも力がかかりすぎると折れたり割れたりすることがあるそうです。
  3. 人工歯の破損
    インプラントの人工歯は主にセラミックでできていますが、その特性上欠ける可能性はどうしても避けられません。審美面を気にしないなら金の被せものにすれば欠ける心配はないですが、インプラントは保険を使えないので銀歯での治療はできません。

インプラントを長持ちさせるポイント

では、インプラントを長持ちさせるポイントについて具体的にご紹介してみましょう。

ていねいなブラッシング

毎日少しずつたまってしまうプラークをご自分でていねいにブラッシングして除去することは歯周病菌の繁殖を抑えるために大切です。
インプラントの手術の後、ブラッシングの方法やおすすめの歯ブラシや歯磨き粉などをクリニックで教えてもらい、自宅で毎日行えるようにしましょう。
間違った自己流のブラッシング法だと、逆にインプラントや健康な歯の寿命を縮めてしまかもしれないからです。
大切なのは当然ですが、インプラントを大事に使うという気持ちを常に忘れないことです。
また、インプラントは人工物だということをしっかり理解しておきましょう。
さらに、歯磨きはそういった気持ちを持って最適な方法でていねいに磨くことが大切です。

クリニックでの定期的なメンテナンス

インプラント治療が終ったら、治療を受けたクリニックでインプラントを含めたお口の状態を定期的にチェックしてもらいましょう。
インプラントの周りの歯ぐきに炎症はないか、固定するネジにゆるみがないか、噛み合わせはどうなのか、歯磨きはきちんとできているか、残った健康の歯はどうなのか・・などをプロの目でチェックしてもらいましょう。

早期発見できれば迅速に対応できるため、定期的な検診は大変重要です。
さらに、この定期的な検診で何か問題があったら、早めに修理を行って、汚れがひどい場合はきれいに掃除してもらいましょう。
この定期検診の頻度ですが、これは患者さんそれぞれお口の状態によってかなり違ってくるため、歯科医師の指示に従っていただくといいでしょう。
定期的なメンテナンスを怠ると、周病や虫歯などのトラブルや噛み合わせ、歯並びの変化などが起こるのでインプラントだけでなく自分の健康な歯などにも悪影響が出ます。
もし、何も症状がなくても定期的に検診を受けるようにしてくださいね。
適切な治療を受けていたとしても、お口の中は日々食べ物や歯周病菌、噛む力などに影響を受けているためトラブルは起こりやすいからです。

インプラントがだめになってまったら

インプラントは骨と一体化していることが第二の永久歯と言われる最大のメリットですが、抜く際には周囲の歯を削る必要があって抜いたところの周囲にはインプラントと一体化した骨が残っているので再利用はできません。
ですが、その骨を再生することで新しいインプラントを埋め込むことはできます。
骨を造成する技術も進歩しているためさほど負担もかからないでしょう。
ただ、いったん埋め込んだインプラントを抜くことになったのなら、そこには致命的なトラブルがあるはず。
骨の再生手術は難しいですし、再治療するとしてもクリニック選びやご自分でのケア法について再度見直した方がいいでしょう。

まとめ

せっかく高いお金をかけて治療したインプラントですので、できるだけ長持ちさせたいですよね。
クリニックで適切なケア法を教えてもらい、さらにクリニックで定期的にプロによるメンテナンスを受ければ長持ちさせることができるはずです。
ここでご紹介したことを参考にしていただき、みなさんがいつまでもお口の中を健康に保てるよう祈っています!

 

TOP