あなたは大丈夫?インプラント歯周炎とは

はじめに

インプラントは人工物なので虫歯にはなりませんが、天然の歯と同様に日ごろからきちんとケアする必要があります。
その理由は、インプラントであっても周りの組織は人工物ではないので、お口の中が清潔でなければ歯周病菌が繁殖してしまい、インプラント周囲炎という病気になってしまうからです。
このインプラント周囲炎は歯周病と同様歯ぐきやあごの骨などにある歯周組織が壊されていく病気で、悪化すると顎の骨が溶け出しインプラントが抜け落ちることがあるので注意が必要です。

インプラント周囲炎とは

インプラント治療は治療が終ってケアを怠るとインプラント周囲炎という病気になります。
天然の歯の細菌感染症である歯周病は歯をなくす最大の原因ですが、インプラントの細菌感染症であるインプラント周囲炎は歯周病と同じくお口の中のプラークが原因の病気で、インプラントを使っている方は注意が必要な病気です。
インプラント周囲炎は歯ぐきの炎症から始まって、歯周組織にまで広がると歯槽骨が吸収されインプラントが抜け落ちます。
ただ、天然の歯と違うところはインプラントには歯根膜など栄養血管が周りにないので抵抗力が弱く進みやすい・・というところです。
炎症が急速に広がるため重症化しやすいのもインプラント周囲炎の特徴だと言えます。
さらに、インプラント周囲炎の特徴とはと言うと、プラークや歯石の中の細菌であって、毎日きちんと歯磨きを行っているという方でも感染の可能性がある病気です。
その理由は歯磨きだけでは細菌感染してしまうからで、100パーセントお口の中の汚れを取り除けません。
そのためにも、クリニックでお口の中に残った汚れを取り除いてもらう必要があります。
インプラント治療後はご自分でのケアに加え、クリニックで定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。
プロによるクリーニングを受ければインプラント周囲炎を効果的に予防できます。

インプラント周囲炎の原因

では、インプラント周囲炎の原因にはどういったものがあるのでしょうか?

喫煙

インプラント治療を受ける際、喫煙による治療が失敗するリスクについて歯科医師から説明を受けるはずです。
喫煙によって歯ぐきの免疫力が低下し、感染のリスクが高まります。
インプラント周囲炎を予防するためにはお口の中の細菌を減らずのはもちろんですが、細菌に対する抵抗力の高い歯ぐきををつくることが必要です。

クリニックの衛生管理

クリニックの衛生状態もインプラント周囲炎と深く関係しています。
空気中に細菌やほこりなどが多いと治療する部位に侵入してしまうからです。
ですが、どのクリニックにも手術室があるとは限っていません。
手術環境や衛生管理についてはクリニックによって違っているので、治療を受ける前にしっかりチェックしておきましょう。

インプラント周囲炎を放っておくと

  1. インプラントが抜け落ちることも
    では、インプラント周囲炎を放っておくとどうなるのでしょうか?
    この病気は放っておいても自然治癒することはありえません。
    適切な処置をする必要があり、炎症がひどい場合はインプラントを取り除く必要が出てきます。
    また、突然抜け落ちることもあるので注意しましょう。
  2. 他の歯に悪影響がある
    インプラント周囲炎を起こしているところがあれば当然歯周病菌が増えているため、他の箇所も炎症が起きるリスクがあります。
    インプラントがぐらついている場合は噛み合わせのバランスが乱れてしまい、周りの歯に負担がかかることもあります。
  3. 全身への影響
    増えてしまった歯周病菌は歯ぐきの血管を通して血液の中へ、さらに唾液なら体へと侵入し、心臓病、糖尿病、呼吸器系疾患、動脈硬化・・など重篤な疾患の発症や進行に悪影響を及ぼすと言われています。

インプラント周囲炎を予防する方法

プラークをていねいに除去する

インプラント周囲炎の最大の原因はプラークなので、ていねいにブラッシングを行い取り除きましょう。
しっかり落とすにはお口の状態に最適なブラッシングとケア用品を選ぶことが重要ですが、これは人それぞれのお口の状態によって違っています。ですのでクリニックでアドバイスをもらうと良いでしょう!

よく噛んで食べる

食べものをよく噛むことで唾液の分泌量が増えます。
そうすると、歯や歯ぐきに食べ物のかすが残りにくくなります。
ただ、柔らかい食べものばかり食べていると噛む回数が増えないので、海藻類や野菜類など噛む回数が増えるような食品を積極的に摂りましょう。

たばこを控える

喫煙すると歯周病やインプラント周囲炎の原因になるとも言われています。
できれば禁煙することをおススメします。
もし、禁煙するのが難しいなら禁煙外来を受診するのもいいでしょう。
最近では歯科医院の中にも禁煙補助剤を出してくれるところが増えているようですよ。

クリニックでの定期検診

クリニックで受ける定期検診では歯石やプラークの有無、インプラントや天然の歯、歯ぐき、噛み合わせのチェックやレントゲンを使った骨の状態の確認・・など、その人のお口の状態に合わせた処置や調整、指導などが行われます。
これを受けることでインプラント周囲炎を予防できるのでぜひ受けていただきたいです。
ご自分での歯磨きだけではたとえきちんと磨いているつもりでいても、磨き方にクセがあり、どうしても汚れが溜まりやすいところが出てきます。
もし、歯ぐきの周辺にプラークが溜まってしまうと歯石ができます。
この歯石には軽石のような作りになっているので、プラークが付着しやすく細菌が繁殖しやすくなります。
歯石にまでなると自分では落とせないので、クリニックで専用の機器や器具を使って落としてもらうしかありません。
歯石やプラークを除去してもらえば再付着しづらくなるため、定期的に受診することでお口の状態をきれいに保ち続けられるメリットがあります。

まとめ

時間と費用をかけて受けたインプラント治療。
インプラント周囲炎によってインプラントをダメにするのはもったいないです。
ぜひ、インプラント治療を受けたら日ごろのセルフケアに加えクリニックで定期的に検診を受けていただき、インプラントの寿命を延ばすようにしてください。
ここでご紹介したことがみなさんのお役に立つとうれしいです!

TOP