審美歯科の治療方法の種類一覧

歯の治療というと、虫歯の治療をイメージする方が多いと思います。しかし、最近は、虫歯治療だけでなく、「見た目がきれいな、美しい歯を手に入れるために受ける治療」があります。これを「審美歯科治療」と言います。

昔から、「芸能人は歯が命」などと言われていましたが、やはり、笑ったときにきれいな歯が見えるのは理想ですよね。
最近は、一般の方も気軽に受けられる「審美歯科治療」がたくさん登場しています。

今回は、まず審美歯科とは何なのか?そして審美歯科のメリット、治療方法の一覧を作成し、ご紹介します。

 

■審美歯科とは?

審美歯科とは、「歯の見た目の美しさ」「歯の機能」、この2つにフォーカスした歯科治療のことを言います。

「歯の見た目の美しさ」とは、会話をするときや、笑ったときに見える

・美しい歯並び

・美しい白い歯

・噛み合わせが良いこと

などを指しますが、こういった「歯の見た目の美しさ」にこだわった治療を行います。

 

また、「歯の機能」とは、

・嚙み合わせが良い状態で食事ができること

・歯がきちんと生えそろい、正確な発音ができていること

・清潔な口内を保っていること、歯と歯茎の状態がよいこと

を指します。

 

「歯の見た目の美しさ」と「歯の機能」、どちらか片方が整っていても、「美しい良い歯」とは言えません。

両方が備わっていることで「美しい良い歯」となります。

審美歯科とは、この両方を追求できる治療方法です。

 

 

■審美歯科治療が向いている人は?

審美歯科治療方法には、さまざまな種類があります。
種類については、この後ご説明しますが、審美歯科治療が向いている方の特徴を項目ごとにご紹介します。

◇歯が気になって、笑うときに口元を手で隠してしまう方

◇歯が気になって、大きな口を開けて笑えない方

◇過去に治療したときに詰めた、黄色い詰め物を取りたい方

◇口を開けたときに銀歯が見えるのがイヤな方

◇きれいだけど、自然に見える歯にしたい方

◇前歯の隙間が気になる方

◇白い歯を手に入れたい方

◇歯や歯茎のくすみが気になる方 など

こういった悩みやコンプレックスがある方に、審美歯科治療は向いています。

 

 

■審美歯科の治療方法の種類は?

審美歯科の治療方法の種類は、たくさんの数があります。そして、歯科医院によって治療方法は異なります。

今回は、代表的な3種類についてご紹介します。

 

◇セラミック治療

セラミックとは、陶器など、焼き物に使われる素材のことを言います。これを前歯や奥歯の被せもの、詰め物として使用します。

数十年前までは、歯の被せものといえば金属か、プラスチックが主流でした。そのため、一度歯を失うと、元の歯のようには見えない、別物を歯に被せていました。

しかし、このセラミックは、色も白く、透明感があり、天然歯(自分の歯に近い色、ツヤ)に近い素材です。

そのため、近年とても注目を浴びている審美歯科治療方法です。

最近は、失った歯に被せるのではなく、「見た目がよくて、機能も良い。普通の歯とほぼ変わりがない」ということで、多くの芸能人やモデルが、白くてツヤがあるセラミックの歯にするための治療をしています。

ちなみに、「メタルボンド」という種類のセラミックを選択した場合は、セラミックの内側に金属が使用されているので、金属アレルギーの方はアレルギー反応が起こる可能性があります。
金属アレルギーをお持ちの方、または、金属が口内に入ることに抵抗がある方はご相談下さい。

 

 

◇ハイブリッドセラミック治療

これは、先ほど説明したセラミックレジン(樹脂素材のプラスチック、通常の虫歯治療で“詰め物”と呼ばれるものは、ほとんどがこのレジンです)を混ぜ合わせた材料のことを言います。これをセラミック同様、前歯や奥歯の被せもの、詰め物として使用します。

具体的に言うと、これは細かい粒子のセラミックの粉を歯科で使用しているレジンに高密度で混ぜ合わせたものなので、セラミックというよりは、普段の虫歯治療で使用されている詰め物と同じ材料であるレジンに、セラミックの成分を混ぜ合わせて作った、つまり、セラミックのメリットを取り入れた治療方法というイメージです。

なので、セラミックのような白くてツヤのある歯の状態をもちながら、通常の詰め物にあるプラスチック特有の弾力性も感じることができます。

ハイブリッドセラミック治療は先ほどご紹介したセラミックと比べると、割れにくいけど固すぎない特徴があります。メリットとして、丈夫だけど歯を傷めない、そして100%セラミックではなくレジンも使用していることから、セラミックと比較しても安価に施術を受けることができます。

「セラミック治療をしたい」「気になる銀歯を直したい」…でも「費用を抑えたい」という方には、おすすめの治療方法です。

 

 

◇オールセラミック治療

オールセラミックとは、金属類を使用せず、すべてセラミック素材で作られたもののことを言います。

最初にご紹介したセラミック治療より、さらにグレードが高い治療方法です。
セラミック治療は後ろに金属が付いているとお伝えしましたが、オールセラミックは金属を使用していません。そのため、金属アレルギーを起こさないメリットがあります。

また、セラミックは審美的にこだわる患者様の要望を聞いて、要望に合わせた自然な歯の色味を作れる特徴があります。

通常のプラスチックの詰め物は、コーヒーや紅茶に含まれるステインなどの色素が吸着する可能性があります。しかし、セラミックは色を吸着することがほぼなく、色や汚れがついてもメンテナンスでクリーニングを行えば、すぐにきれいな歯の色に戻るメリットがあります。

そして、オールセラミックにすると、セラミックを詰めた部分が虫歯になる2次虫歯になる確率が低いともいわれています。

 

 

上記3種類が、審美歯科治療の最も代表的な治療方法です。この他にも、歯を白くするホワイトニングや歯のクリーニングなども審美歯科の治療方法です。

歯について長年悩んでいた方、コンプレックスがある方は、ご自身に合った審美歯科の治療方法を一緒に見つけましょう。

 

■自分に合った審美歯科治療方法を見つけて、歯医者さんに相談に行こう!

今回は、審美歯科について、審美歯科治療が向いている方、代表的な治療方法3種をご紹介させてもらいました。

悩みやコンプレックスは、自分に合った治療方法を見つけることで、解決につながります。

ぜひ、一緒に歯についての悩み・コンプレックスを解消しましょう。

TOP