入れ歯にかかる費用の相場とは?

歯を失ったとき、治療の選択として最もポピュラーな方法は入れ歯ではないでしょうか。入れ歯には、保険で作る入れ歯自費治療の入れ歯がありますが、入れ歯を作るためにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

それぞれの特徴と併せて、入れ歯に必要な費用の相場をご説明します。

 

保険適用の入れ歯について

保険の入れ歯に使われる素材と特徴

入れ歯治療の中でも最もスタンダードである保険の入れ歯。入れ歯治療はほとんどの歯科医院で行われている治療です。
保険を使った入れ歯の場合、使うことができる素材はプラスチックです。歯の部分や、歯ぐきのようなピンク色の部分は全てプラスチックで出来ており、部分入れ歯に使われるバネは金属と決まっています。

保険適用の入れ歯は比較的短期間で作製可能のため、歯を失っても早いうちに機能を回復することが出来ます。また安価で作製できるところも大きな特徴です。

しかし、保険の入れ歯ではコスト面が重視されるため、使える素材が限られてしまいます。このため最低限の噛む機能を回復させることを目的とした保険治療では、どうしても機能や見た目に限界があります。

部分入れ歯では、歯に引っ掛ける金具がどうしても見えてしまいます。また総入れ歯の場合、粘膜の役目となる床(しょう)の部分はどうしても厚みが出てしまうため、装着感に問題が出てしまいます。

 

保険の入れ歯にかかる費用の相場

部分入れ歯の場合、補う歯の本数により値段が変わってきます。3割負担でおよその相場は5,000~14,000円くらいです。

総入れ歯の場合、上下どちらか片側で10,000~15,000円が相場です。

なお、保険の入れ歯を作り直したい場合、前回作成から6ヵ月経っていないと作り直し出来ません。

 

自費の入れ歯について

選択の幅が広がる自費の入れ歯

自費の入れ歯は保険適用では使えない素材が使用できるため、見た目や装着感に大きな差が表れます。
例えば部分入れ歯では、保険内ではバネや歯に引っ掛ける金具が見えてしまうものしか選択できませんが、自費の場合はノンクラスプデンチャーや、バネの部分が透明のものなど、見た目にも入れ歯を入れているように見えないものなどがあります。

また総入れ歯では、粘膜にあたる床の部分が保険ではプラスチックしか選べませんが、自費では金属床を選ぶことができます。
保険適用のプラスチックは素材的にやや弱く、落としたときなど衝撃で割れやすいため、厚みをもたせて作製してあります。このためプラスチック素材のみで作られた保険の総入れ歯は装着感が悪く、味も伝わりにくいのが欠点です。
それに対し、自費で選択できる金属床は薄くて丈夫なため、衝撃にも強く、口腔内への装着感も優れています。また熱伝導が良いため、食事の味がよくわかり美味しくいただくことができます。

 

自費の入れ歯にかかる費用の相場

自費の入れ歯の場合、使用する材料で大きく異なります。また作製工程も保険のものとは比べものにならないくらい複雑です。
このように、良い材料と手間をかけて作製される自費治療の入れ歯の相場はあくまで目安ですが、部分入れ歯の場合15万~200万総入れ歯の場合30万~300万くらいとされています。
歯科医院により違いがあるため、費用の面を含めてしっかりと相談して下さい。

 

自分に合った入れ歯を作ることが大切

自費の入れ歯は、使用する素材により大きく差が出てきます。さらに技術や手間をかけて、噛み合わせや装着感などを細かく調整しながら患者さまのお口に合った最適な入れ歯を作製します。
つまり「自分に合った入れ歯」です。

食事をするためには、まず噛めなければいけません。
入れ歯を入れている患者さまのいちばん大きな不満は「入れ歯が合わない」ことです。それは何故でしょうか。答えは「合わない入れ歯を入れているから」です。

歯科医院で調整はできますが、何度調整を繰り返しても、結局「合わない入れ歯」を口の中に入れていることになります。「合わない入れ歯」を調整し、「無理に合わせている」ことになるのではないでしょうか。
お口の中は一人一人違います。質の良い材料で時間をかけて個人に合った入れ歯を作製すれば、入れ歯で痛い思いをせず、食事も楽しめます。
しかし保険内で作る入れ歯にはどうしても限界があるのです。コストが最重要視される保険の入れ歯では、患者さまのお口にぴったりと合った入れ歯を作ることは不可能に近いことが現状です。

 

納得のいく治療法を選ぶこと

入れ歯にかかる費用の相場をお話しましたが、何よりも大切なことは、「自分がどのような口腔内になりたいのか」ということではないでしょうか。

良い入れ歯を作りたいけど、どうしても予算が足らない場合など、様々な事情もあるかもしれません。しかし、入れ歯はこの先の自分の健康を支えてくれる大切な存在になってきます。
安い入れ歯で合わなくて痛い思いをし、何度も作り変えると、結局そこに費やすお金と時間が無駄になってしまうことに繋がりかねません。

「良い入れ歯」は、今後の日常生活にとって欠かせないものになるためにも、今回ご紹介した入れ歯にかかる費用の相場を参考にしながら、ご自身にとって心地良く、そして長く使える最適な入れ歯を作るようにして下さい。

TOP