理想の歯を手に入れる為の治療の流れ

綺麗で健康的な歯をもう一度取り戻すための治療であるインプラント
インプラントを希望される方が増えていますが、実際はどのようにして治療が進められていくのでしょうか。またどのくらい治療期間が必要なのかも併せて説明します。

 

インプラント手術に必要な検査を行う

インプラント治療を行うことが決定しても、「じゃあ今すぐインプラント手術をしましょう」とはなりません。
入れ歯やブリッジの場合は、製作過程が複雑ではないため、取りかかりも早く、仕上がるまでにそれほど時間を要しません。
しかしインプラント治療は外科手術を伴うため、CT撮影を用いた精密な検査を行う必要があります。

 

口の中の診察

まず口の中を診察し、インプラント治療を行う部位以外に治療を行わなければならない歯がないかどうかを確認します。
特に歯周病がある場合は、歯石除去やクリーニングなど歯周病治療を行っておく必要があります。
歯周病はインプラント治療後に起こるインプラント周囲炎の原因になってしまうため、事前に歯周病治療を行って口腔内の状態を整えておきます。

 

レントゲン、CT撮影と治療計画の確認

レントゲン撮影はもちろん、インプラントにはCT撮影が欠かせません。
CT画像により顎の骨の状態、インプラントを挿入する長さや角度などを精査します。また必要であれば血液検査も行うことがあります。
その後、検査結果に基づいて治療計画や費用面、メンテナンスの必要性などの説明が行われ、患者さまの合意を得ます。

 

インプラント1次手術を行う

ほとんどの歯科医院ではインプラント手術を2回行う「2回法」という方法で行っています。
はじめに行う手術は1次手術と言い、顎の骨にインプラント体を埋め込みます

まず麻酔の注射を打ちますが、すぐに麻酔が効いてくるので痛みはほとんど感じません。歯ぐきを切開して専用の器具で顎の骨を削り、歯の根の役目となるインプラント体を埋めます。前歯など目立つ部分には仮歯を着け、再び歯ぐきを閉じて糸で縫合し、手術は終了です。

手術に要する時間はおよそ1~2時間くらいです。術後すぐに痛み止めの薬を飲むところもあります。痛み止めが処方されますので、麻酔が切れたあと痛みを感じるようなら服用時間に気をつけて飲むようにして下さい。
また麻酔が効いている間は舌や内頬などを噛みやすくなっており、熱いもので火傷をしてしまう可能性もあるため、麻酔が切れるまでは飲食は控えてください。

 

インプラントと骨が結合するのを待つ

インプラント手術後は、骨とインプラントが結合するのを待つ期間となります。
この期間におよそ3~6ヵ月要します。その間に歯のクリーニングなどを行うこともあります。

 

インプラント2次手術を行う

顎の骨とインプラントがしっかりと結合したことを確認し、2次手術を行います。
麻酔を行って歯ぐきを再び切開し、アバットメントと呼ばれるインプラントと人工歯を繋ぐための部品を取り付けて二次手術は終了です。

 

上部構造(人工歯)の型取り

二次手術終了後、歯ぐきの治癒を確認し、上部構造と呼ばれる人工歯の型取りを行います。
上部構造の素材はセラミックやジルコニアなど、審美性の高いものがほとんどです。色は他の天然歯とのバランスを考えて自然に調和するよう、担当医と相談して決めます。
二次手術終了から1~6週間後に最終的な人工歯を装着し、治療は終了します。

 

インプラント後のメンテナンスが重要

インプラント治療期間は、治療部位や顎の骨の状態など個人差がありますが、およそ3~6ヵ月ほど要します。そしてインプラント治療のゴールはここではありません。

多くの費用と時間をかけて行ったインプラントですが、治療後のセルフケアと、定期的なメンテナンスがインプラント治療成功のカギとなるのです。
正しいお手入れを行い、口腔内を清潔に保つことで長持ちするかどうかが決まります。

特に「インプラント周囲炎」は、口腔内のケアがきちんとできていないため歯周菌によって引き起こされるやっかいなトラブルです。インプラント周囲に溜まったプラークから歯周病菌が増殖し、インプラント周囲に炎症を起こすことで歯ぐきの腫れや出血といった症状を引き起こします。

さらに悪化すると、顎の骨を溶かし始め、やがて骨と結合していたインプラントがぐらぐらします。そして最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。
インプラント再手術は容易なものではなく、顎の骨が溶けてしまったことでインプラントを入れる骨量が足りなくなっている場合や健康状態に問題がある場合は、再手術できない場合もあります。

定期的に歯科医院で検診を受け、クリーニングはもちろん、噛み合わせのチェックや顎の骨に問題はないか、また他の歯が歯周病になっていないかなどを確認してもらうことが大切です。

 

まとめ

どの治療においてもメリットとデメリットは存在しますが、インプラントにも同様のことが言えます。
インプラントのもつ理想的な機能性と審美性は、このように複雑な治療工程を経て作り上げられます
理想の歯を手に入れることで、快適な日常生活を過ごせるのではないでしょうか。

TOP