歯医者さんが嫌いになってしまう原因と痛みの少ない治療について

はじめに

どうしても小さい頃から歯科医院だけは苦手...
という方はいらっしゃいませんか?
歯医者さんで歯を削る時の金属音が嫌いで・・という方は多いです。
他にも、小さい頃に痛い虫歯治療をされてそれがトラウマになっていたり、あの独特なニオイが苦手という方もいらっしゃいます。
そこでここでは歯医者さんが嫌いになってしまう原因や、痛みの少ない治療についてご紹介しますので虫歯を放っておかず通院してくださいね!

歯医者さんを嫌いになってしまう理由とは

では、そもそも歯医者さんが嫌いになってしまう理由にはどういったものがあるのでしょうか?

消毒薬のにおいや歯を削る音


歯医者さんが嫌いな理由には消毒薬のにおいや、歯を削る時のにおいがイヤだというのは多いでしょう。
小さい頃の嫌な治療を思い出したり、緊張したりするからのようですね。
最近ではそんな消毒薬のにおいも和らいできており、中にはアロマを炊いて患者さんの緊張をほぐしてくれるクリニックもあるようです。
かかりつけのクリニックがそういったクリニックでない場合はアロマを付けたマスクをつけて行くという方法あります。
また、キーンという金属音を極力しない様に工夫をしているクリニックもあるそうなので、前もって問い合わせてみるといいでしょう。

痛み


以前は、虫歯治療の際には痛みを伴うことがほとんどで、特にエナメル質の下にある象牙質には痛みを伝達する神経の穴が空いているため痛みを敏感に感じるようですね。
金属音のする器械で歯を削られた上で痛みがある治療をされれば、次の通院はイヤだと思うのは当然でしょう。
ですが、近年では痛みの少ない治療の研究も進み、ほとんど痛みを感じることなく治療を受けることが可能になっています。
ほとんどの方が傷みを感じるであろう「麻酔針」ですが、こちらも針を細くすることで、あまり痛みを感じない物に変化しつつあります。

小さな頃のトラウマ


小さな頃に受けた治療に痛みがあったり、大きな音や先生に対する恐怖心がある方は歯医者さん嫌いになる方が多いです。
さらに、待合室で待たされている間に他の治療中のお子さんの泣き声などが聞こえてしまい、恐怖心を抱いたという人もいます。
どんなことをされるのだろう・・という恐怖心がトラウマになってしまうことも多いです。
ですが、大人になった今なら伝えれば治療をいったん止めて休憩することもできますし、どんな治療を行うのか理解した上で治療が受けられるはず。
安心して虫歯治療を受けるようにしましょう。

痛みの少ない虫歯治療

レーザー治療

レーザーを当てることで治療する方法で、歯を削る音がしないため不快感がないまま治療を受けられます。
この治療は削る音が苦手・・という方にうってつけの治療法で、麻酔もほんの少しで治療ができます。

笑気麻酔

笑気麻酔を使った治療も痛みがほとんどなく治療ができます。
笑気麻酔とは酸素の中に亜鉛化窒素と言われる気体を混ぜ鼻から吸入する方法で、ガスを吸入すると心身ともにリラックスするため恐怖心が和らぐと言われています。
麻酔だけで精神的な緊張による痛みが取り除けない場合に使われる治療法で、気分も高揚すると言われています。

静脈内鎮静法

この方法は鎮静剤を点滴を通じて静脈に入れリラックスする方法で、恐怖心や不安がなくなってリラックスできると言われています。
高血圧の方や治療の際に気分が悪くなる方に最適ですが、人によっては眠くなってしまうこともあるため注意が必要です。

全身麻酔

静脈から点滴を使って麻酔薬を入れ完全に眠った状態で治療を行うもので、1回でさまざまな治療が可能になり、目を覚ますと治療全てが終了しています。
ただ、行っているクリニックがあまりないのと治療費が高くつくためよく確認しましょう。

少しでも苦手意識をなくすには

歯医者さんが苦手なことを伝える

歯医者さんには多くの患者さんが訪れますが、その理由は人それぞれなので患者さん一人一人に対して最適な治療をしようと考えているところが多いです。
もし、歯医者さんに行って治療されるのに恐怖心があるなら、まずは歯科検診を受けてみてご自分のお口の中の状態を知っておくのがいいでしょう。
歯科検診ではお口の中の写真を撮ったり、レントゲンを撮ったり、クリーニングを行ったりして、すぐ治療が必要な歯とそうでない歯を見分けてくれるはずですよ。
また、予防歯科に力を入れていれば歯科衛生士さんがさまざまな指導や施術を行ってくれるはずなので、歯医者さんは苦手な方でも気軽に相談できるでしょう。
治療を行う前に歯科衛生士にお口の中をきれいにしてもらい、歯医者さんに慣れるといいでしょう。
実際にお口にとってはその方がいいとも言われています。

痛みがあれば伝える

痛みを少しでも感じたらすぐに歯科医師に伝えるようにしましょう。
痛いですとは言いづらいかもしれませんが、そんな時は手を挙げるなどすれば伝えられるはずです。
歯医者さんでは口を開けて患者さんが何か言いたい時に話せないので、手を挙げてもらって伝えることが一般的です。
ただ、その時に挙げる手は左手と決まっており、その理由は右手だと治療中の歯科医師の手に当たってしまい危険が伴うからです。
左手なら歯科医師の歯科医に入りやすいのもメリットですね。
また、最近では多くの歯科医院で無痛治療を行っていますが、痛みの感じ方は人によって差があります。
歯科医師はそれをきちんと理解していますので、ご自分が痛いと感じれば遠慮せずに伝えるようにしましょう。
もし、麻酔に対して恐怖心がある方は注射で麻酔を行う前に表面麻酔を行ってもらい、歯ぐきの痛みをなくしてから麻酔の注射を行うところが多いです。
また、麻酔の針もとても短くなっているため必要以上に痛みについて恐怖心を持つ必要はないでしょう。

まとめ

痛い、怖い・・などと歯医者さんに対して恐怖心を持っている方が多いですが、その理由は何か原因をしっかりと知った上で対策を行えば歯医者さん嫌いが治るはずです。
お口の中をいつまでも健康に保つためには歯医者さん嫌いの原因を探っていただき、どうすればそれが解決できるかしっかりと考えましょう。
虫歯や歯周病を放っておいていいことなど一つもありません。
ぜひ歯医者さん嫌いを克服していただき、早めに治療を受けて下さいね!

TOP