歯磨きをしているのに虫歯になってしまうのはなぜ?

はじめに

毎日ちゃんと歯磨きしているにも関わらず、虫歯になってしまうのは何故なんだろう?

こういった悩みを持っている方は、年齢や性別に関係なく多いようですね。
さらに、その原因には歯磨きの方法が間違っていることもありますが、それ以外にもいくつかの原因があります。
ここでは歯磨きをきちんと行っているのに虫歯になる原因や対策などをご紹介します。

虫歯の原因

そもそも虫歯の原因は虫歯菌が酸を出し、歯が再石灰化するのを妨げることが原因です。
さらに、お口の中の虫歯菌の数や歯のもともとの強さやお口の中の糖分、唾液の働きが強いかどうか・・などの要素が絡み合っており、一つの原因に特定するのは難しいです。
歯磨きは細菌の栄養となる食べもののかすや細菌のすみかとなるプラークを取り除くのに効果的ですが、お口の中の細菌を減らす、唾液の活動を促進する効果まではないと言われており、虫歯の防止にはつながりません。

歯並びがよくないなどの構造上の問題

いくらていねいに歯磨きをしていても、歯並びが悪いままだと食べもののカスが残りやすいです。
虫歯菌が繁殖するのに最適な環境となり、歯周病の原因となる歯石も付きやすくなります。
また、治療を行ってもまたすぐに虫歯になってしまい、何度も再治療を繰り返す方もいらっしゃいます。

唾液の分泌がよくない

唾液は食べる時には消化液の働きがあり、それ以外にはお口の中を清潔にする役割があります。
それに、細菌だけでなくウィルスに対しても殺菌効果があり、常にお口の中をいい状態に整える働きがあります。
なので、唾液の分泌がよくなかったり、口呼吸を続けているといくらていねいに歯磨きしてもお口の中は細菌の温床になる・・というわけですね。
また、唾液には食後お口の中が酸性に傾いたのを中性に戻す効果があり、その機能が高いほど菌が出す酸により歯が溶かされる時間が短くなり再石灰化しやすいので虫歯になりづらいと言われています。

酸性のものを多く摂る

すっぱい食品をよく飲んだり食べたりすることが多い場合も虫歯になりやすいです。
これは、お口の中は酸性に傾いてしまうと虫歯菌が活動しやすくなり、歯の成分であるカルシウムがどんどん減っていってしまうためです。

歯の質

人それぞれ生まれ持った歯の質も違いますが、歯はエナメル質と象牙質、セメント質などで構成されており、目に見えているのはエナメル質と呼ばれる部分です。
この部分は非常に硬いのですが、歯を作る段階で石灰化が不十分だと象牙質やエナメル質の無機質が足りないことになるため虫歯になりやすいです。
生まれつきこのエナメル質が上手く作ることができなかった歯のことを、「エナメル質形成不全」と呼び、他の健康な歯に比べて非常に虫歯にかかりやすく、進行もはやいため毎月の検診や、フッ素等での補強が必要になりなります。

虫歯にならないための歯磨きの仕方

虫歯にならないようにするには食後しっかり歯を磨き、歯と歯の間や歯と歯ぐきのさかい目をていねいに磨き、お口や歯に合った歯ブラシを使う・・などがあります。

食後しっかり磨く


食事の後や寝る前には必ず歯を磨くことが大切です。
基本的に食べたら30分以内に歯を磨くようにしましょう。
お口の中にプラークを溜めておかないことが重要で、ガムやあめなどお口の中に長時間とどまるおやつを口に入れておかないことも重要です。

歯と歯の間や歯と歯ぐきのさかい目をきちんと磨く


磨き方で重要なのは歯ブラシの毛先を歯に垂直に当て小刻みに軽く磨くことです。
このブラッシング法をスクラッピング法と呼んでいます。
また、歯周病にかかっている方は歯と歯ぐきの間に45度程度の角度で当てて磨くといいでしょう。

自分に合った歯ブラシで磨く


お口の中の状態は人それぞれ違っており、汚れが付きにくい方とそうでない方がいたり、ブラッシングしづらい歯並びの方やそうでない方などそれぞれです。
クリニックではその人に最適なブラッシング法を指導してくれるので、どこをどうやって磨けばいいのか指導してもらいましょう。

虫歯を予防するには

食生活に気を配る

唾液には細菌をきれいにしたり、細菌によって溶けてしまった歯のエナメル質を再生する効果があるため、食事の際はよく噛んで食べるようにし唾液が分泌されるように心がけましょう
また、甘いものばかり摂ったり、時間を決めずにだらだらと食べているとお口の中が常に酸性に傾いたままです。
時間を決めておやつを摂るようにしましょう。

フッ素を利用する

フッ素の入った歯磨き粉を使えば虫歯予防につながります。
また、歯科医院で高濃度フッ素を定期的に塗布してもらうことも効果的です。

キシリトール製品を利用する

キシリトールには虫歯を防止したり、進行を抑える働きがあると言われています。
また、キシリトール入りのガムを噛むことで唾液が大量に出て歯の再石灰化を促します。
食後にはできればキシリトール入りの製品を積極的に摂るようにしましょう。

寝る直前の飲食は控える

寝ている間は唾液の分泌量が減ってしまい歯の再石灰化が行われにくいため、寝る前に歯を磨いた後は食べたり飲んだりするのはやめておきましょう。

クリニックでクリーニングを受ける

また、クリニックでクリーニングを受けることも重要です。
クリーニングを受けると、歯磨きだけでは落としきれない汚れまで落としてもらうことができます。
バイオフィルムとは虫歯菌が作り出した粘着性のある、細菌の塊です。
このバイオフィルムは虫歯以外に歯周病の原因にもなりますので、除去するには抗菌剤では無理で機会的に壊して取り除く他ないです。
なので、日ごろの歯磨きでバイオフィルムをかき出すのはもちろんですが、クリニックでクリーニングを受けて取り除いてもらうことが大切です。
PMTCと言われるプロによる専用の機器を使った歯のクリーニングを受け、バイオフィルムをきれいにしてもらいましょう。
現在のところこの施術は予防する上で最強の武器とも言われており、以前から欧米諸国では行われていてかなりの効果が得られているそうですよ。

まとめ

ご自分の歯がどの程度の虫歯のリスクがあるかを知っておくことで歯磨き以外にもさまざまな対策が行えます。
上でご紹介したことを今日からでも実践していただき、虫歯知らずの生活を送ってくださいね!

TOP