痛くない虫歯治療とは?

はじめに

歯が痛くなっても、歯医者さんの治療は痛くて嫌い、、、
だからギリギリまで我慢してしまうという方も多いのではないでしょうか?
歯に痛みがあったらすぐに歯医者さんで治療を受けることが大切ですが、治療中の痛みはいやなもの。
ここではできる限り痛みの少ない虫歯治療についてご紹介しましょう。
また、痛みの少ない治療を受けられるクリニック選びについてもお教えしますので、虫歯治療を受ける際のご参考になさっていただけると幸いです。

従来の虫歯治療

今までの一般的な虫歯治療は虫歯のところを専用の器具で削り取り除くものでした。
ただ、この方法だと虫歯以外に周りの歯質も削ってしまうため削る量が多くなりがちです。
また、象牙質まで虫歯が進行していると痛みが起きるため麻酔が必要不可欠になります。
さらに、削った部分に被せものや詰めものをすると、またそこから虫歯になると言われていますが、最近では削らない治療を行うところが増えています。
たとえば、細部まで見えるマイクロスコープや虫歯測定器、コンピュータで制御できる麻酔注射器などを使用するクリニックも増えています。

痛みの少ない虫歯治療の種類

ここでは痛みの少ない虫歯治療を具体的にご紹介します。

  1. 笑気麻酔

    この麻酔法は専用のマスクを鼻に乗せガスを吸って、うとうとした状態でリラックスして治療が受けられるものです。
    この麻酔法には副作用がないので、お子さんでも安心・安全に受けられるメリットがあります。
    保険も使えるのため1,000円程度の負担で済みます。

  2. 静脈内鎮静法

    この治療は静脈に点滴を行って鎮静剤を入れていくもので、数分も経てばうとうとして気分がよくなりますが、意識があり緊張が和らぐため痛みをほとんど感じません。

  3. レーザー治療

    この治療は虫歯治療で行われる痛みが少なく不快感のない治療法です。
    特に日本のクリニックで使われているのが炭酸ガスレーザーと言われるものです。
    この炭酸ガスレーザーは高温で虫歯を蒸発させることで焼失できるそうです。歯肉炎や止血、歯周病治療などにも使われている素晴らしい治療法です。

  4. 極細の針を使う

    これは従来使われてきた針の太さよりずっと細い針を使って歯を削るものです。
    針の太さが細いほど痛みが少なくて済みます。

  5. 麻酔液をゆっくりと注入する

    麻酔液を急に注入することで細胞が緊張してしまい痛みの原因になるため、時間をかけゆっくりと麻酔液を注入する方法です。

痛みのない虫歯治療を行うクリニックの選び方

では、実際に痛みのない虫歯治療を行うクリニック選びのポイントとはどういったことなのでしょう。
ここでは痛みのない治療を行っているクリニックを選ぶ際のポイントについて述べてみます。

歯科医師の技術力が高い

歯科医師免許さえあれば歯科医師として働くことは可能です。
ですが、その後の技術力は人それぞれ違っています。
特に痛みのない治療を行うためには専門の技術や知識、器具の使い方が必要なので、技術力の高い歯科医師を選ぶ必要があります。

痛みのない治療を推し進めている

痛みのない治療を行うためには専門的な知識や技術、専用の器具などが必要です。
そういった治療を推し進めているクリニックなら痛みのない治療を行うことに対し自信があると考えられます。

事前の説明がていねい

現在のお口の状態や今後どういったことが起こりうるのか、どういう治療法が最適で期間はどの程度なのか・・
などを前もって説明してくれるクリニックがいいでしょう。
その際に、患者さんの立場に立って説明してくれることが重要です。
このようなクリニックなら不安や痛みについて相談しやすいと言ってもいいでしょう。

予防歯科に力を注いでいる

痛みのない虫歯治療をしてもらえばいいということではありません。
そもそも虫歯にならないようにきちんと予防していれば、治療自体行わなくて済みます。
つまり、治療以外にも患者さんのことを第一に考え歯磨きの仕方やお手入れ法、歯石の除去など、予防歯科に力を注いでいるクリニックを選びましょう。

衛生管理が万全

歯医者さんはお口に入れる治療器具が多いので、衛生管理が万全かどうかが重要です。
また、院内の清潔さや外観などもチェックしておきましょう。

治療器具が揃っている

痛みのない治療を受けるにはクリニックにさまざまな治療器具が揃っていることが大切です。
たとえば、拡大鏡を使えば目では見えない細かいところまで歯の状態をチェックできます。
人間の目で見るには限界があるため、拡大鏡を使って治療してくれるクリニックだと質の高い治療が受けられるはずですよ。
他にも、麻酔液を人肌に温められる機器や電動麻酔器などがあれば痛みのない治療が行えます。

口コミをチェックする

もし、初めてそのクリニックに行くのであれば口コミをチェックしてみるといいでしょう。
クリニックの歯科医師の技術力や受付の対応、院内の設備や衛生状態・・など、通院している方の意見は参考になるはず。

痛みのない治療を受けるのに注意すべき人

妊娠していると、赤ちゃんへの影響があるため不可能な治療もあります。
たとえば、笑気麻酔は妊娠初期の赤ちゃんへ催奇形作用があると言われているため使用不可能です。
また、心臓病や高血圧、動脈硬化、重度の糖尿病の方は麻酔を使うと血圧が上昇してしまったり、動悸が起きたりと副作用のリスクがあります。
前もって必ず歯科医師に持病があるということを使えておきましょう。
虫歯治療中に不安や恐怖を感じる方でも最近では削らない治療や麻酔を使わない治療以外にレーザー治療や薬を使った治療などがあります。
また、妊娠している方や持病がある方は麻酔を使うと副作用の危険性があるため、前もってクリニックでそのことを伝えておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近では痛みのない歯を削らない治療が主流になってきました。
今までの虫歯治療であっても日々新しい機器や薬剤が開発されているため治療は格段に向上しています。
また、最新の虫歯治療では歯を大事にする治療が行われつつあります。
痛みのない治療を受けるにはクリニック選びも重要です。
ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしていただき、できるだけ痛みのない虫歯治療を受けていただきたいです!

TOP