神経を抜かなければならない虫歯の治療方法の注意点

はじめに

虫歯はミュータンス菌という菌が原因で起こる歯の病気で、いったんかかってしまうと自然に治ることは絶対にありません。
時間が経過すればするほど歯の奥の方まで進んでいき、痛みが起こることもあります。
神経にまで虫歯が進行してしまうと神経が死んでしまうこともあるため、神経を抜く治療抜髄治療が必要になることもあります。
ここでは神経を抜く治療を行う際の注意点や治療後の注意点などについてまとめてみましたので、ぜひご参考になさってみて下さい。

虫歯の治療方法

虫歯になっているかもしれない場合、クリニックではレントゲンを撮り、その深さや位置などをチェックし、さらに視診で虫歯の状態を診ていきます。
初期段階なら虫歯の一部を削り取って詰め物をしますが、大きくなればなるほど削る部分が大きくなるため、詰めものではなく銀歯などを被せることになります。
もし、神経にまで届いてしまっている場合は神経を取り除く治療を行います。
神経が死んでいる場合は神経が腐ってしまい膿の袋が歯の根っこに溜まってしまうことがあり、そこまでいくと激痛が起こることも多いです。
そういった場合には神経を取り除き消毒し、虫歯を完全になくす必要があります。
これを根管治療と言って、虫歯の進み具合によってはかなり時間がかかることもあります。

歯の神経の役割とは

では、歯の神経にはどういった役割があるのでしょうか?

・歯に栄養を届ける

歯髄の中の毛細血管を通って栄養を歯に行き届かせることで、歯に弾力性を与え衝撃などを受けても割れにくくします。

・痛みを感じる

歯に起きる刺激を感じ取り、痛みなどを脳に知らせる働きがあります。

・防御機能

歯の神経の中にある免疫細胞が細菌に対して抵抗したり、炎症などに対して象牙質を形成し刺激や細菌から守る働きがあります。

歯の神経を抜く必要がある場合とは?

神経がいくら大切だからと言っても、神経を取る必要があることもあります。
それは次のようなケースです。

・虫歯が進行し細菌感染している場合

虫歯が進んで神経が細菌感染を起こしている場合は痛みが激しいため、神経を取り除く必要があります。

・神経が細菌感染し死んでいる場合

虫歯が神経にまで届いてしまい激痛が起こっているのをそのままにしていると、痛みがなくなるそうです。
これは治癒したわけではなく、神経が死んで腐っているからなので除去する必要があります。

・歯が折れている場合

歯が折れて神経が出てしまっている場合は神経が細菌感染してしまうことがあります。
さらに、ぶつけた時に歯がぐらついて抜けてしまっている時は根元から神経が断絶されているため、神経を除去する必要があります。

・歯に亀裂が入り神経にまで達している場合

強い衝撃などがかかり歯に亀裂が入って神経にまで達している場合は細菌感染している神経を取り除くか、抜歯の必要があることもあります。

神経を取り除く治療の流れ

神経を取り除く治療を行うには神経の中まで達した細菌を取り残すことがないよう、確実に治療をすることが必要です。
神経を取り除いた後は当然ながら痛みを感じなくなるため、治療の途中で通院を止めてしまうかたもいらっしゃいます。
ですが、最後まできちんと治療をしないとあごの骨まで細菌が達してしまい、再度激痛が起きることもあります。
治療についてしっかりと理解した上で、最後まできちんと治療を受けるようにしましょう。

・神経を残さないように施術する

神経を取り除くためには虫歯に侵されてしまった神経を全て取り除く必要があります。
神経のある管は前歯では1、2本となっています。
神経を全部取り除いて取り残しが一切ないようにする必要があります。

・神経がある管に細菌が入らないようにする

さらに、唾液の中にはさまざまな細菌があるため神経を取り除いたり、神経の管を消毒する場合には唾液に触れないように注意が必要です。
唾液が入らないようラバーダムというものを使って消毒を行います。

・神経がある管の形をきれいにする

神経を除去したら即消毒が行えるというわけではなく、神経の管は木の根のような複雑な形をしているため、消毒薬が全体に行き届くよう管の形をきれいにし、薬がまんべんなくいきわたるようにしていきます。

・薬を詰める

神経の管の形がきれいになったらそこに消毒するための薬を詰めていき、すき間がないようにしっかりと薬を詰め、空気が入らないようにしていきます。
この時使われる薬は細菌が入り込まないようにするため、ゴムのような密着性の高い素材となっています。

・歯の形を元に戻す

神経を取り除く治療が全部終わったら、詰めものや被せものを行い元の歯の形に戻していきます。
神経を取り除き消毒を何度か行えば痛みもなくなってくるため、通院を止めてしまったり、間隔を開ける方が多いですが、詰めものなどで完璧にカバーできるまでは治療が終ったというわけではありまっせんので注意しましょう。

神経を抜く治療が終った後の注意点

神経を取ってしまった歯は弾力性が落ち割れやすくなっているので、強い力がかかるのを避ける必要があります。
さらに、再度感染しないように注意が必要で少しでも歯を長持ちさせるためには次のようなことに注意するようにしましょう。

・硬いものを噛まないようにする

神経がある歯とは違い歯が弱くなっているので、硬いものを噛むのはできるだけ避けるようにしましょう。

・クリニックで定期検診を受ける

神経を取り除いてしまった歯は虫歯になりやすかったり、細菌感染しても痛みが感じづらくなるため、感染が進行しやすいと言われています。
ですので、クリニックで定期的に検診を受けていただき、クリーニングを受けて虫歯にならないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここでは神経を抜く治療の流れや注意点、治療後に注意すべきことなどについてまとめてみました。
神経を抜く治療は早く発見していれば行わなくていい治療です。
虫歯かな?と思ったらできる限り早くクリニックで治療を受けることが大切です。
早い段階で見つけられれば通院期間も短くて済みますし、治療費も安く済むはずです。
ぜひ、虫歯になった時のご参考になさってみてくださいね!

TOP