歯の根の治療「根幹治療」とは?

みなさんは根管治療という歯の根の治療をご存知でしょうか。

根管治療は歯髄(歯の神経)を除去し、清掃や消毒などを行う治療です。実際には根管治療を行うことによって歯の寿命が大きく変わってしまう可能性があると言われています。根管治療は歯の健康を守るための大切な治療ですが、ご自身が根管治療を受ける前に正しい知識を身に付けておく必要があります。

根管治療には時間がかかったり、痛みがあったりすることが多く、あまり良いイメージが無い方もいらっしゃるかも知れません。

ここでは根管治療について詳しくご紹介しますので、まだ根管治療についてご存じない方はぜひ知っておいてくださいね。

根管治療とは

根管治療は、歯髄(歯の神経)を除去し、その後根管内の清掃・洗浄・消毒などを行い、根管内の痛みや炎症などを抑える治療です。

根管治療後は根管に薬剤を詰め、そこに詰め物を入れたり被せ物を取り付けたりしますので、再び歯の機能を取り戻すことができます。最近ではマイクロスコープを使って治療することもあります。

①虫歯が進行して神経に達している場合
②根っこの周りの歯茎にまで炎症が起こり、神経を除去した場合
③虫歯が歯髄付近まで進行し、歯髄を残してしまうと治療後に激しい痛みや強くしみるなどの症状が起こる可能性がある場合
④根管治療を受けたが予後が悪く再治療になった場合

 

上記のような症状の場合には、根管治療を行います。

根管治療の特徴

歯を抜かずに治療できる

根管治療の最大の特徴は歯を抜かずに治療ができるということです。

歯の神経を治療するため歯そのものを温存することができます。また、歯並びにも影響しないので健康な状態を保てます。

歯を抜くと神経などに悪影響を及ぼすと言われていますので、こういった二次的被害を防止できるのも効果と言えるのではないでしょうか。

細菌を減らすことができる

根管治療は傷んだ歯の血管や神経を取り除く治療法です。

傷んだ神経を取り除くことによって痛みが再発するのを防止できます。さらに、歯の神経を除去した後は除菌と清掃を行うことでお口の中の環境を良くします。

根管治療を始めると時間がかかることがありますが、最後まで治療を受ければ半永久的にご自分の歯を残すことができる素晴らしい治療法です。

根管治療の方法

根管治療では細菌により汚染されてしまった根の中をハリガネ状のやすりでこすり落とし、根の中を消毒して密閉していきます。

細菌に少しでも侵された根が残ってしまったままでいると、そこから細菌が増殖してしまうため、痛みがいつまでも取れなかったり、再発することがあります。この時、しっかりと歯の根の部分から治療するのは再発防止のためなのです。

1.細菌が根に入らないようにする

歯の根の部分にプラークや唾液が入り込むと、細菌感染し、痛みがいつまでも取れなかったり再発してしまいます。そのためラバーダムというものを使って唾液の中の細菌が入り込まないようにしていきます。

2.歯の神経を残さないようにする

歯の神経の管の部分は歯や人によって数が違っています。

歯の神経治療の際にこの管をたった1本でも見逃すと痛みが起きてしまう可能性がありますので、神経の管は1つ1つ丁寧に消毒します。

3.根の中の形をきれいに整える

歯の神経の管はきれいな丸い形ではなく、三角形や楕円形などさまざまなものがあり、複雑な形をしています。この根の中を消毒を行い、根っこの中に薬を入れやすくするために形をきれいにします。

4.薬を入れていく

歯の神経の管を消毒し、ガッタパーチャというゴムの一種で根の中で長期間安定する性質のある薬を入れていきます。

神経がなくなった歯は再び感染しやすくなっており、管の中に空気が入ると再感染や痛みの原因になってしまうので、ガッタパーチャを入れて細菌が棲めない環境にしていきます。

5.レントゲンで写真を撮り確認する

歯の中に薬剤を入れたら根の先まできちんと薬が入っているかどうかをレントゲンを撮ってチェックします。

もし、途中までしか入っていない場合や空気が入ってしまった場合には痛みが起きたり、再感染することがあるため、薬剤を入れ直すこともあります。

根管治療の費用

保険内診療の場合

奥歯を根管治療した場合の総費用は保険内診療では9千円程度で、自己負担額は3千円程度となっています。見えづらく手の届きにくい難しい治療ですが、比較的リーズナブルです。

奥歯の根管治療の場合中程度の症例だと30分程度の治療で4~5回程度の通院で済みます。

根管治療を行う必要がある本数によっても治療回数は異なりますので、治療回数や費用に関しては医師にご確認下さい。

保険外診療の場合

保険外診療の根管治療の費用例としては前歯が4万円~、小臼歯で5万円~、大臼歯で6万円~となっています。他に検査代や材料代などが別途加算されることもあります。

歯の状態が悪い場合には治療の選択肢としてインプラント治療を行うこともできますが、まだ使える歯を抜いてしまうのはもったいないことです。使える歯はできれば残したいですし、患者様も歯を残すことを希望する方がほとんどです。進行した虫歯でも精度の高い保険外診療の根管治療を行って残すことができます。

保険内の治療の場合には治療にかけることができる時間や使える器具類や薬剤が限定されてしまうので、保険外診療の根管治療が最善である可能性があります。

もし、歯を残すことができればインプラント治療よりはるかに安上がりですので、治療方法は歯科医師と相談しましょう。

まとめ

神経を失った歯は寿命が半減すると言われています。全ての歯がそうなるとは限りませんが、寿命が短くなってしまうのが事実です。

粗悪な根管治療を行っているクリニックも中には存在しますので、根管治療を受けたものの、被せものが取れてしまった、再発してしまったなどのトラブルもあります。

根管の治療が不十分であったために細菌感染してしまい、再度治療が必要になってしまうということにならないためにも、信頼できるクリニックに相談しましょう。

自分の歯の健康を保つためにも、ご自宅での歯磨きを徹底し、クリニックでの定期検診などを積極的に受けて予防歯科に取り組むことも重要です。

万が一歯の違和感を感じた場合には、すぐにご相談ください。

 

TOP