歯医者さんがオススメするハミガキ粉BEST5

ドラッグストアなどでさまざまな種類の歯磨き粉が売られていますが、実際にどれを選べばいいのか悩みませんか?

また、日ごろ使っている歯磨き粉が合っているのかどうか不安に思う方も多いでしょう。
ここでは歯科医師の視点から見た歯磨き粉の選び方のポイントやおススメの歯磨き粉5つをご紹介してみたいと思います。

歯磨き粉を選ぶ際のポイント

研磨剤が少ないもの

研磨作用によって歯ぐきのダメージやエナメル質のはがれなどのリスクが高くなるため、研磨作用が低いものがおススメです。

低発泡性のもの

発泡性が高すぎるときちんと磨けているかどうか分からないのに、ちゃんと磨いた気分になってしまうので低発泡のものがおススメです。

フッ素入りのものを選ぶ

現在市販されている歯磨き粉の9割以上がフッ素入りなので、手軽にフッ素を利用することができます。
このフッ化物配合研磨剤は医薬部外品で配合されているフッ化物については3種類がありますが、日本の薬事法により1000 ppm以下と決められています。

なお、日本では他の国とは違って水道水にもフッ化物投与が認められておらず、フッ化物の錠剤もありません。
なのでフッ化物の入った歯磨き粉は、気軽に利用できるものとして重宝がられています。

このフッ素配合の歯磨き粉をおススメする理由は小さな虫歯を予防できる点です。
お口の中は食事するたびに虫歯菌の酸により酸性に傾きますが、歯はそれによってリンやカルシウムが溶け出しこれが虫歯の始まりだと言われています。

ですが、唾液は弱アルカリ性なので唾液が多いほど酸性に傾いたお口の中を中和し、アルカリ性に近づける効果があります。
これを再石灰化と呼び、われわれの口の中は脱灰と再石灰化を常に繰り返しているのです。

虫歯になってしまうのはこのバランスが崩れるせいで、歯が溶け出す際に唾液が効果を発揮するのですが、そこにフッ化イオンがある場合には溶け出したミネラルを歯に戻す役割を果たしてくれるのです。
また、歯にはエナメル質というものがあり、ハイドロキシアパタイトという成分でできています。
フッ素があるとこの成分がフルオロアパタイトで構成されていきます。

またフッ化物によって虫歯の原因菌によって酸ができにくくなりますし、お口の中の酸の量を減少させる効果もあります。

医薬部外品を選ぶ

さて、歯磨き粉には大きく分けますと化粧品と医薬部外品との2種類があり、虫歯予防には医薬部外品の歯磨き粉が有効です。
なお医薬部外品の歯磨き粉は、薬用成分が入っているものでフッ素が配合されており、虫歯予防に効果があります。

さらに、炎症を抑制する効果もあり、虫歯や歯ぐきの腫れに効果的です。

おすすめの歯磨き粉5選

1.リカルセンシティブ オレンジミント

この歯磨き粉は虫歯予防効果がある高濃度フッ素や殺菌消炎成分、知覚過敏予防成分が配合されている歯磨き粉です。

殺菌成分であるIPMPはバイオフィルムの奥にある細菌にも効果があると言われており、フッ素については970ppmと大変高濃度です。
オレンジミントの香りが爽やかできつすぎず、ペースト状の歯磨き粉です。

また、知覚過敏予防成分が配合されていないリカルもおすすめの歯磨き粉です。
これはジェルタイプとなっており、研磨剤も少なく、アップルやピーチ、マンゴーなどから香りが選べるのが特徴です。

ですが、色が付いているためあまり使いすぎますと着色してしまうので注意しましょう。

2.ロックスホワイトニング

この歯磨き粉はロシア生まれの業界で注目されている製品です。
フッ素を使いたくない方や、オーガニック志向の方向けのフッ素無配合でありながら、再石灰化に有効なミネラルが配合されています。

また、研磨性が低いにもかかわらずたんぱく質分解酵素ブロメライによって着色汚れを取り除けます。
種類もベビー用やさまざまなフレーバーが揃っており、海外製品らしいパッケージの可愛さも特徴的です。

3.シュミテクト

歯ぐきがしみたり、歯ぐきが下がってきた方におススメの歯磨き粉で、知覚過敏の方が使うとしみなくなることが多いようです。
この歯磨き粉を使うことによって、歯に薄い膜ができるためしみにくくなります。

また、グリチルリチン酸アンモニウムという成分によって歯茎が炎症するのを抑制します。

4.ジェルコート

この歯磨き粉は歯磨き粉としてもブラッシングを行った後のフッ素塗布用としても使えるもので、他の歯磨き粉のようなペースト状ではなくジェル状なのが特徴です。

フッ素により歯を強化し再石灰化を促進し、歯周病も予防できます。
研磨剤や発泡剤が入っていないため、安心して使えるのもうれしいですね。

5.アパガードリナメル

歯のエナメル質と同じ成分のハイドロキシアパタイトは研磨剤として歯磨き粉に配合されていることが多いですが、この製品はそれをナノサイズにまで小さくすることによって歯の隙間や表面の傷に入り込むことでエナメル質をなめらかにする効果があります。

他の歯磨き粉にもこの成分が入っているものはありますが、ナノサイズにまで小さくなっていないとただの研磨剤としての効果しかないので注意しましょう。
歯の表面が滑らかになればプラークや着色汚れがつきにくくなるため虫歯予防効果が得られます。

この製品は歯科専売品で市販のプレミオと比較してハイドロキシナノアパタイトが2倍も含まれているため効果がさらに得られます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

歯磨き粉をうまく選ぶことで歯を守る手助けになりますので、自分に最適な歯磨き粉を選ぶようにしましょう。
さらに、虫歯予防には歯磨き粉の他にもブラッシングを見直すことも大切です。

お口の中が同じ人はいませんので、歯並びや利き手、ブラッシング圧や詰めもの、歯ブラシの選択などが大切になってきますが、あくまで歯磨き粉選びはその中の一つにすぎません。
また、ご自分のブラッシングを判断してもらうのはクリニックでチェックしてもらうのがおススメですので、信頼できるクリニックでチェックしてもらい、ご自分に合った歯磨き粉を選んでもらうといいでしょう。

ぜひ、今後のお口のケアのためのご参考になさってみてくださいね!

TOP