【虫歯にならないために】自宅で出来るデンタルケアの注意点

今の歯科治療は、なってしまった虫歯を治す治療ではなく、そもそも虫歯にならないようにする予防歯科が中心となっています。

歯医者にお越し頂かなくても、虫歯にならないためにご自宅でできるデンタルケアについてご紹介します。

 

虫歯は予防できる?

虫歯ができるメカニズム

虫歯は、虫歯菌の出す酸で歯が溶かされることによって起こります。

虫歯菌は食べ物のカスなどから糖分をエサにして繁殖し、酸を出して歯垢(プラーク)を作ります。これを脱灰といいます。

 

たとえプラークができても、唾液の浄化作用で再石灰化が行われ口腔内は中性に戻るため通常は虫歯になりません。

しかし、再石灰化が間に合わなくなり口腔内が長く酸性に傾いたままの状態になると、虫歯菌が出す酸で歯の表面のエナメル質が溶け始めてしまいます。これが虫歯の始まりです。

 

治療した歯は弱くなる

いったん虫歯になると、ごく初期をのぞいては削る治療が必要になります。

治療で削った歯はもう元には戻りませんし、神経を抜いた歯は寿命が短くなります。

また、銀歯などの詰め物をしている歯は、隙間に細菌が増殖しやすくなり、再び虫歯になる可能性もあります。

このように虫歯治療をした歯は弱くなってしまうので、いつまでも自分の歯を保つためには、できるだけ虫歯にしないことがとても重要になります。

 

虫歯は予防できる

虫歯は毎日の口内ケアで予防することが可能です。

大事なことは、虫歯菌のエサとなる糖分などを口の中に残さないことと、虫歯菌のすみかである歯垢(プラーク)を早期に取り除くことです。

こうしたことをしっかり行っていれば、虫歯を予防することは可能です。

 

虫歯にならないために自宅でできること:ブラッシング

正しい歯磨きをしている人は少ない

毎日歯磨きをしていても、きちんと磨けている方はなかなかいないものです。

時間をかけても回数が多くても、正しく磨けていなければ虫歯菌のエサが口に残り、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

 

正しいブラッシングとは、食べ物のカスや歯垢(プラーク)をしっかり除去することをいいます。そのためには、いくつかコツがあります。

  • ・力を入れ過ぎない。歯ブラシの毛先が少し開く程度の優しい力で磨く
  • ・歯と歯茎の境目は、歯ブラシの毛先を45度の角度で当てて磨く
  • ・歯ブラシを小刻みに動かし、歯を一本ずつ磨いていく
  • ・手順を決めて、磨き残しがないようにする
  • ・前歯は歯ブラシを縦にして、上下に小刻みに動かしながら磨く

 

特に大事なのが就寝前のブラッシング

唾液には自浄作用があり、口腔内がいったん酸性に傾いても中性に戻す働きがあります。

しかし、唾液の分泌は就寝中は少なくなるので、自浄作用が弱まってしまい虫歯になりやすくなります。

 

そこで、一日に一度、寝る前にしっかり歯磨きをすることをおすすめします。

虫歯になりやすいのは、歯と歯の境目、歯と歯茎の境目などです。こうしたところを特に念入りにブラッシングしておきましょう。

5〜10分くらいかけて、丁寧に磨いてください。

 

虫歯にならないために自宅でできること:歯磨き粉を選ぶ

フッ素入り歯磨き剤

虫歯を予防したいなら、フッ素入りの歯磨き粉を使うことをおすすめします。

フッ素には、歯の再石灰化を促す働きがあるので、歯垢(プラーク)を取り除くだけでなく、酸で溶けている部分を補修することができます。

ただし、フッ素の配合量はメーカーや商品によってまちまちですので、確認することが必要です。

 

洗口液

歯磨きの仕上げに洗口液を使うのも、虫歯予防には効果的です。今は、歯磨き粉代わりに使えるもの市販されているので、上手に利用するとよいでしょう。

歯にならないために自宅でできること:歯ブラシを選ぶ

歯ブラシ

正しいブラッシングには、歯ブラシ選びも大切です。

正しいブラッシングは、歯や歯茎に歯ブラシが正しく当たっていないとできませんが、歯ブラシは毛先が開いてしまうと、歯にきちんと当たりません。

毛先が広がってしまう前に、1か月~2か月を目安に交換することをおすすめします。

 

また、自分の歯に合った形やかたさの歯ブラシを選ぶことも重要です。

たとえば、歯を磨くときに力が入ってしまう人は毛先が柔らかいめの歯ブラシを、歯や口の形が小さい人は、奥歯まできちんと歯ブラシが当たるように小さめの歯ブラシを使うようにします。

 

電動歯ブラシ

歯並びが悪かったり、自分で歯が磨きにくい方は、電動歯ブラシを使用するのもおすすめです。

電動歯ブラシを使うと、手でのブラッシングでは不可能な効率的なブラッシングを実現できます。使い方に少しコツがありますから、説明書をよく読んで使いましょう。

 

デンタルフロス

歯ブラシでは、歯の隙間の汚れをきれいに取り除けないことがあります。

そこで、デンタルフロスを活用しましょう。

細い糸で、見逃しがちな隙間の歯垢(プラーク)をしっかりと除去します。歯茎を痛めないよう、そっと動かすのがコツです。

 

虫歯にならないために自宅でできること:生活習慣に気をつける

喫煙や睡眠不足、食生活の乱れなどは、口内環境を悪くする原因になります。

規則正しい生活を送り、一日三食をきちんと食べ、歯をしっかり磨く。こうした日々の心がけが虫歯のない健康な口内環境を作ります。

まとめ

いつまでも自分の歯で食べられるようにするため、歯科でも現在では予防歯科が主流です。

自宅でも適切なデンタルケアで虫歯予防は可能です。ぜひ、健康な歯をセルフケアで維持してください。

 

TOP