マイナスイメージの虫歯治療はもう古い。少ない痛みで最適な治療を

 

はじめに

みなさんは虫歯治療が苦手ではないでしょうか?

虫歯の治療と聞くとあの嫌な音や、痛い・・というイメージが先行してしまうものです。

なので、虫歯があってもそのイメージのせいでどうしてもクリニックに行くのが億劫になってしまいますよね?

今までの虫歯治療というのは、虫歯になったところを削って、必要な場合には神経を取って詰めものを詰めたり、被せものを被せたり・・というものでした。

今でもこういった治療法は行われていますが、最近では最新の削らない治療法も広がりつつあります。

痛くない治療法は、患者さんにとって負担が少なくありがたい治療法です。

ここでは、最新の虫歯治療法やそのメリット&デメリットなどをご紹介してみましょう。

ぜひ、今後の虫歯治療のご参考になれば幸いです。

 

今までの虫歯治療とは?

今まで行われてきた虫歯治療とは、虫歯の部分を削り除去するものがほとんどでした。

ただ、この治療法だと虫歯以外にその周りの歯も削るため、削る量はどうしても多くなってしまい、象牙質まで虫歯が進んでいる場合には、痛みも伴うため麻酔が必要になります。

さらに、削った部分に詰めものなどをしますと、その部分から虫歯になりやすいと言われています。

ですが、最近ではそういった治療法を行っているクリニックでも、痛くなく削らない虫歯治療を行うようになってきました。

たとえば、コンピュータで制御された麻酔注射や電動注射を使ったり、細かい部分までチェックできるマイクロスコープを使うなど・・これらの治療法は多くのクリニックで行われるようになっています。

 

最新の治療法とは?

ドックスベストセメント

この治療法は、アメリカで開発されたもので、虫歯を削らずミネラルで殺菌する・・という考えで開発されたものです。

主な成分は銅、亜鉛、リン、アルミなどで、従来の治療法では虫歯を削って詰めものをする方法だったのですが、日本で最近普及しており、薬剤も安全なものとされ広がりつつある治療法です。

治療法としては、虫歯になったところを少しだけ削って、そこにドッグベストセメントという特殊な薬剤を詰め、虫歯菌を除去する方法です。

費用は5000円程度となっています。

この治療法のメリットは、今までなら神経を取る必要があった虫歯であっても取らずに済むことが多い点です。

その理由はミネラル成分によって虫歯菌を殺菌するため、虫歯がたとえ残ってしまっても再発することがないからです。

さらに、治療回数が少なくて済み、治療中も痛みをほとんど感じることがないと言われています。

特にメリットと言えるのが小さいお子さんの永久歯に最適なことです。

人間が一生自分の歯で過ごすためには80年程度維持する必要がありますよね。

まだ生えそろってからさほど経っていないお子さんの永久歯を神経まで取るような治療を行うと、歯の寿命は短くなります。

つまり、一生自分の歯で過ごすという観点から見ると、神経を取らずに治療できるこのドックスベストメントという治療法は、特にお子さんに最適な治療法であることは言うまでもありません。

軽い治療なので歯の寿命が伸びる・・というメリットがあるわけですね。

また、薬剤を使わないため、薬にアレルギーがある方でも安心して行えます。

一方、デメリットとしては、強い痛みがある虫歯の場合行えません

また、保険がきかないためトータルで考えると費用が高額になることもあります。

さらに、治療後は定期的に検診を行う必要があります。

レーザー治療

虫歯の治療には歯を削るために開発されたレーザーが使われており、レーザーは水と併用して使われていて、瞬間的に高温で虫歯の部分を蒸発させて治療を行います。

この治療法は生体組織の水分への反応が高く、発熱が少ないという特徴があるものです。

虫歯にレーザーを照射して行い、費用は虫歯1本当たり2000円程度です。

メリットは嫌な音や振動もなく初期の虫歯や歯周病、進行した虫歯にも使うことができ、痛みが少ないことでしょう。

また、健康な歯を削りすぎないため、周りにほとんど影響がないことです。

さらに、治癒までに時間がかからないため、お子さんの虫歯治療にも適しています。

ただ、デメリットとして治療に時間がかかることが挙げられます。

また、複雑な虫歯の場合は行えないこともあり、対応可能な治療が限られてしまう点があります。

 

ヒールオゾン治療

この治療法はドイツで開発されたもので、虫歯菌を殺菌する方法です。

ドイツの他にアメリカ、ヨーロッパなどで行われています。

虫歯菌を除去して唾液で歯の再石灰化を促し、軽度なものから進行した虫歯まで使えます。

治療法としては歯を丁寧にクリーニングした後、シリコンキャップで真空状態を作って虫歯にヒールオゾンを照射、殺菌します。

この照射にかかる時間は10秒~40秒とあっという間です。

費用は虫歯1本につき4000円程度で、メリットとしては虫歯を必要以上に削らない点と、痛みがない治療ができることでしょう。

また、神経が残せるのもメリットで、安全性が高く薬剤を使わない治療なので、副作用の心配も皆無です。

一方、デメリットとしては、最新の治療法なので臨床データがあまりないことでしょう。

また、進行度の高い虫歯だとオゾンを当てるので削る必要があることです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最近では痛くない、また歯をあまり削らない治療が主なものになってきているようですね。

今までの治療でも次々に新しい薬剤や機器などが開発されており、治療法は向上してきていますが、最新の治療法では自分の歯を守る治療法が可能になってきたと言えます。

日ごとに最新の虫歯治療が増え続けている今、ご自分がどういった治療法を選びたいのか、それぞれの治療法のメリットやデメリットをきちんと理解した上で、自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

また、きちんとこれらの治療法について説明してくれるクリニック選びも大切だと言えるでしょう。

しっかり治療前にどういった治療法なのかを説明してもらった上で治療に進むことが大切です。

これらのことが、みなさんが今後快適に虫歯治療を受けられる助けになれば幸いです。

ぜひ、今後の虫歯治療のご参考になさってくださいね!

TOP