気を付けているのになぜ?虫歯になってしまう原因について

 

はじめに

みなさんは虫歯が多いですか?少ないですか?

また、ご自分がどうして虫歯ができるのかその原因についてご存じでしょうか?

毎日歯を磨いているのに虫歯ができてしまう・・なんて人は多いのではないでしょうか。

虫歯になってしまうと歯医者さんで歯を削られますが、虫歯の原因とは一般的に言われている歯磨きだけではないようです。

虫歯ができる原因を知っておけば予防ができるはずです。

ここでは、そんな虫歯ができるメカニズムや原因についてご説明してみたいと思います。

 

虫歯ができるメカニズムとは?

口の中にいる虫歯菌は、歯の表面の膜であるバイオフィルムというものに感染します。

バイオフィルムとは、液体の中にあると表面にあるもので、お風呂などのぬめりの正体と言われているもの。

バイオフィルムの中で虫歯菌は食事の際に摂った糖分を摂り込み、酸として排出します。

この酸によって歯は溶かされていき続けると虫歯となります。

ですが、お口の中の唾液によって虫歯菌が排出した酸を中和することができ、歯を再石灰化して歯を守ることができると言われています。

ただ、唾液によって再石灰化や中和ができない場合には虫歯となってしまうのです。

 

虫歯の原因とは?

甘いものや間食が多い

虫歯菌は食事のたびに酸を出し、甘いものを食べるとこの酸を作り出しやすい状態になると言われています。

虫歯菌が出す酸の回数が増え、そのスピードが速くなると唾液が再石灰化したり、中和するのが間に合わなくなってしまい、虫歯になってしまいます。

なので、食事の時間はなるべく決めた方がよく、飲み物を飲む場合には無糖のものを選ぶといいでしょう。

 

歯の質がもともと弱い

次に、歯の質がもともと弱いと、酸にすぐ溶かされてしまうため虫歯になりやすいです。

この歯の質を強化するにはフッ素が効果的だと言われています。

いつも使っている歯磨き粉にフッ素が入っているかどうかチェックしてみましょう。

歯磨きの際には歯磨きをたっぷり使って、このフッ素を歯に塗り込むようにして磨きましょう。

最後にうがいをし、歯磨き粉が残るようにすればさらに効果があります。

さらに、歯磨き粉がちょっと苦手・・という方には、フッ素の洗口剤を使うのもおすすめです。

 

虫歯菌が多い

虫歯菌の代表とも言われているミュータンス菌がもともと多い人の場合は、酸を出す量が多いため虫歯になりやすいです。

このミュータンス菌は親から感染すると言われており、2歳くらいまでの間に同じスプーンやお箸などを使うと感染してしまいます。

ミュータンス菌の量を調べるには歯医者に行って調べてもらわなくてはなりません。

もし、ミュータンス菌が多かった場合にはフッ化第一スズの入ったフッ素ジェルを使うと効果があります。

さらに、キシリトールもミュータンス菌の活動を弱めてくれるため、キシリトール入りのガムなどを噛むのもいいでしょう。

 

歯磨きが下手

歯磨きがあまり上手でない方の場合は歯垢が残りがちです。

虫歯菌は食事ごとに大量の酸が出るため、唾液の力が追い付かずに虫歯になります。

なので、自分の口の中の歯垢がどこまで取れているか知る必要があり、完璧と感じるまで歯を磨いていただき、歯垢染め液などでチェックしてみましょう

さらに、歯ブラシを使うだけでは歯垢は6割程度しか落とすことはできませんので、デンタルフロスなどを使って残りの2割を取れば虫歯を予防することができそうです。

間食が多かったり、甘いものが好きな方でもきちんと歯磨きさえしていれば虫歯をかなり防げるという説もあるほどです。

ただ、実際にその通りだったとしても、磨き残しがあっては効果が半減してしまいますよね。

少しでも糖分が残っていると、そこから虫歯菌が活性化してしまって口の中はすぐに酸性になってしまうからです。

つまり、歯磨きは磨き残しのないように行うことが肝心です。

 

唾液が少ない

唾液の量が少ないと再石灰化や虫歯菌が出した酸を中和できずに虫歯になりやすいです。

なので、唾液腺マッサージを行ったり、キシリトールの入ったガムなどを噛んだりして唾液の量を増やしましょう。

 

歯の詰めものの間から虫歯ができる

金属製やプラスチック製の詰めものをしていると、5年ほど経てば劣化してしまうため、その隙間から虫歯になっていきます。

いったん歯を削ってしまいますと、何度もやり変える必要が出るため、どんどん詰めものは大きくなります。

なので、できる限りやり変えが少なくなるようセラミックなどで治療してもらうといいでしょう。

 

唾液の力が弱い

次に、唾液の力が弱いと再石灰化に時間がかかりますし、虫歯菌が出した酸を中和する力が弱いため虫歯になりやすいです。

ですが、唾液の力を強めることはできません。

できる限り間食するのを減らし、唾液によって再石灰化や中和する時間を長くとることや、唾液の量を増やし量や質で補うことが大切でしょう。

 

唾液検査によって診断が可能

クリニックでは唾液検査を行うことにより、上のどのタイプによって虫歯ができやすいのか診断してもらうことができます。

医師に言われた通りちゃんと歯磨きを行っているのに虫歯ができてしまう、家族で自分よりいい加減な歯磨きをしていて虫歯になりにくい人がいる・・などがあれば、歯磨き以外で虫歯になっている可能性があります。

ぜひ、虫歯ができる前に一度チェックしてみてもらってください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

以前は虫歯は早期発見&早期治療という考え方で、もし虫歯が見つかればすぐに削って詰める・・ということをクリニックでは繰り返し行っていました。

ですが、最近では虫歯の原因を科学的に調べたうえで、できる限り削らずに再石灰化させ予防を行うという方法に変わってきています。

虫歯が進行していくのはゆっくりですが、気を付けていないとどんどん悪くなっていきます。

全く虫歯をなくすのは難しいでしょう。

でも、できてしまったものはそれ以上悪化させないようにしたいものですね。

自分の歯を守れるのは自分だけです。

一生自分の歯で食事ができるよう、これからはきちんと虫歯予防を行っていただくと共に、信頼できるクリニックを選んでいただきたいです。

TOP