歯医者さんは怖くない?早期発見早期治療が肝心の虫歯治療

 

はじめに

みなさんは信頼できる歯医者さんがいますか?

また、その歯医者さんはどういった治療法を行っていて、それに納得して治療を受けられていますか?

皆さんの中には歯医者さんに行ったら思ったより多く削られたとか、いつまでも治療が続くなどで悩んでおられる方も多いでしょう。

虫歯治療とは精密な治療ですが、今では以前よりかなり精度の高い治療ができるようになりました。

ここでは、最新の虫歯治療についてご紹介してみます。

歯の進行度別にご紹介していきますので、ぜひご参考になさってみてくださいね。

 

虫歯の進行度合いによる最新治療

初期の虫歯なら削らない?

初期の虫歯とは、歯の表面にできた虫歯のことで、エナメル質という人間の体の中で一番硬い組織だと言われています。

このエナメル質は食事をするたびに溶かされますが、唾液により元に戻ります。

しかし、このバランスが崩れてしまうと初期虫歯になってしまうのです。

初期虫歯の治療法としては、お口の中を虫歯のできにくい環境にすることで進行を食い止められます。

歯はいったん削ってしまうと、やり直すたびに詰めたものがどんどん大きくなるため、初期虫歯では削らずに虫歯のできにくい状態にすることが大切です。

なお、治療法としては唾液検査により虫歯ができにくい状態にしますが、ただ歯を磨くとか、フッ素を塗布するだけでは予防は不可能です。

どうして虫歯ができたのかを科学的に調べて予防しないといけません。

 

痛みはまだないが広がりつつある虫歯

次に、上でご紹介した初期虫歯が進んでいくと、エナメル質の下にある象牙質というところに進行していきます。

虫歯が進んでも歯は自ら守る力があると言われており、神経の近くまで進行して初めて症状がでることもあります。

ただ、透明感のない白さや、黒くなった時はかなり虫歯が広がっていると考えてよさそうです。

治療法としては、虫歯の入り口部分がまだ小さくて神経が残せそうな場合には、歯を削る量を極力減らしコンポレットレジンというプラスチックの詰め物で処置することが多いです。

このコンポレットレジンという詰め物は、柔らかい粘土のような材料を歯に詰めて、光を当てて固めるもので、虫歯の入り口がたとえ小さくてもきちんと中まで詰めることが可能です。

ただ、小さな穴から虫歯を取るので、手術用顕微鏡が必要になります。

医師がこの顕微鏡を使って治療することで、必要以上に歯を削ることなく緻密な治療が可能になります。

 

歯の神経近くまで進行した虫歯

もし、歯がしみるなどといった症状があったら、それは歯の神経近くまで進んだ虫歯と考えられます。

そんな症状があったら、虫歯菌が歯の神経に入り込んでいる可能性が高いでしょう。

治療法としては、歯の神経を残すための神経再生治療を行う必要があり、神経に入ってしまった虫歯菌を殺菌した上で歯を再生していきます。

歯の神経を残すことができれば歯を部分的に覆うセラミックや銀歯を使って治療が行えます。

また、MTAセメントという材料を使えば歯を再生できますので、以前なら歯の神経を取る必要があったような深い虫歯でも、神経を残す治療ができるようになりました。

 

歯の神経が再生できない虫歯の場合

次に、歯が痛いなどの症状がある場合には、歯の神経が再生できないところまで虫歯菌が入ってしまっていると考えられます。

歯の神経というのは実は歯の新陳代謝にとても大切なもので、神経がなくなってしまうと歯は二度と再生できないと言われています。

治療法としては歯の神経を抜く治療が行われます。

神経が入っている空洞より最近感染している神経を取って、そこに細菌が感染しないよう薬を詰める治療が行われます。

この治療を抜髄と言います。

この抜髄は見た目では見えないほどの小さな穴を探って、針のような器具を使って神経を取る治療法です。

以前は医師の勘や経験で行われていたため成功率がさほど高くなかったのですが、今では手術用顕微鏡を使い確認しながら治療を行えるので、成功率が大幅にアップしました。

 

神経が死んで感染している虫歯の場合

虫歯がさらに進行し、歯に痛みが出てもほおっておくと、痛みは一時的に消えてしまいます。

ここですでに歯の神経が死んでいる可能性が高いと考えられますが、その後、歯の中にある細菌が毒素を出し続け歯の根元に歯根のう胞というものができてしまいます。

治療法としては歯根治療が必要となります。

この治療法は感染してしまった歯根を削り取って消毒し、再び感染しないよう薬を詰めていく方法です。歯根のうは神経が自然に死んだ場合に以外にも歯根の治療がうまく進まない場合にも行えると言われています。

どの治療もすべて成功するわけではないのですが、マイクロスコープや歯科用のCTなどを使用することで、歯根治療の精度はかなり高まりました。

 

歯根の治療で治らない歯根のう胞の場合

さて、歯根の治療を行っても治らないものもあります。

歯根治療を何度も行ったり、歯根のう胞があまりに大きくなってしまった場合には、歯根の中からどれだけ治療してもよくならず、歯茎にフィステルという膿の出口ができます。

こうなると、治療法としては外科的に切断する歯根端切除術を行うことになります。

この治療法は、根の一部に加え歯根のう胞を取ることで、根の先にある細菌を除去できます。

最近ではこの治療法はマイクロスコープで行えるため、精度の高い治療が行えます。ほとんどの治療がこの高精度顕微鏡で行るようになったため成功率が非常に高くなってきました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

最新の虫歯治療について進行度別にご紹介してみました。

最近の虫歯治療はなるべく削らずに治療できるようになっている・・ということががお分かりいただけたはずです。

歯の治療は削れば削るほど悪くなっていくと言われています。

また、やり直す回数が増えるだけさらに悪くなっていくものです。

歯は体の一部分ですので、自分の歯を守るためには削る治療をなるべく避けて、削らない予防をすることが大切です

さらに、自分の歯を大切に考えて治療を行ってくれるクリニック選びが大切になってくるでしょう。

今後の歯の治療のご参考になさってみてください。

TOP