歯周病の治療方法を進行段階別に徹底解説

はじめに

歯周病という言葉は知っていても、どういった治療を行うのか分からないという方は多いのでは?
歯周病は世界で最も多い感染症で、40代以上の8割もの方がかかっているとも言われています。
また、生活習慣病の一つでもあり、全身疾患とも関係の深い病気です
この歯周病は進行度合いによって治療法も違っており、軽度ので早期治療を行った方が治療結果もよくなると言われています。
ここでは歯周病の進行度別治療法を詳しくお教えしますので、もし当てはまるものがあったらクリニックで診てもらって下さいね!

歯周病とは

では、そもそも歯周病とはどういった病気なのでしょうか?
歯周病は細菌感染により引き起こされる疾患のことで、歯を支える歯周の組織が、細菌に感染し歯ぐきに炎症が起きたり、出血したりしてしまう病気です。
さらに進行してしまうと、歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきのさかい目部分が深くなってしまい、歯を支えている歯槽骨が溶けて歯がぐらつき出し、最終的に抜歯することになる怖い病気です。

進行度別歯周病の治療法

まず、歯周病にかかっていない健康な歯ぐきはピンク色で弾力があり、引き締まっていて歯磨きを行っても血が出ることはありません。

歯肉炎


歯ぐきに炎症が起きている状態を歯肉炎と呼び、ここからはクリニックでの治療が必要になります。
歯の表面に歯石が付いており、歯ぐきが赤く腫れていますが、痛みはないでしょう。
歯磨きの際に血が出ることがあったり、疲れている時など免疫力が落ちた時などに症状が起こりやすくなります。
この段階ではプラークを取り除くなどすることで改善することが多いです。

軽度


歯肉炎を放っておくと、炎症は骨にまで広がってしまうため歯周炎になります。
歯槽骨の吸収が歯根の3分の1以内で、歯周ポケットが3~5ミリ程度だと軽度歯周炎に分類されます。
炎症が進むと歯と歯ぐきの溝がどんどん深くなっていき、3ミリ以上になると歯周ポケットができてしまい、この深さを調べることで歯周炎がどの程度進行しているか判断できます。
歯周炎は歯肉炎と同様歯ぐきの腫れや歯磨きの際に血が出たりします。
さらに、噛んだ時に違和感を覚えることがあります。
若い方でも症状があることがありますが、軽度なのでクリニックで歯のクリーニングやセルフケアをきちんと行うことで改善できます。

中度


この段階になると、歯槽骨の吸収が歯根の3分の1~3分の2以内で歯周ポケットが4~7ミリ程度に広がってきます。
ここまでくると、さらに骨の吸収が進行してしまうので歯がぐらついたり、歯ぐきが退縮し始めます。
口臭も起こるようになり、歯ぐきからの出血も増えるでしょう。
中高年の方に多くみられる症状で、プラークコントロールを行うだけでは治癒が難しくなり外科的手術が必要になることもあります。

重度


重度にまでなってしまうと、歯槽骨の吸収が歯根の3分の2以上で歯周ポケットは6ミリ以上になっています。
ここまで進むとお口の機能に悪影響が起こります。
たとえば、噛む時に痛みがあり食事がしづらかったり、歯がかなりぐらついてしまったり、歯ぐきから膿が出たりします。
治療としてはプラークコントロールを行った上で歯を再生するための再生療法などがあります。
もし、歯を残すのが難しい場合には歯を抜くこともあります。
歯周ポケットの深さは8ミリ以上になってしまい、歯を支えている歯槽骨が溶け出します。
治療にかかる時間は1年以上になることもあり、インプラント治療ができなくなったりすることもあるというから恐ろしいですね。
治療としては外科的手術や歯槽骨再生手術などがありますが、保険が使えるので安心しましょう。
ただ、患者さんのお口の状態によって費用にかなり差が出るでしょう。

歯周病の再発を防止するには

日ごろのセルフケア

歯周病は虫歯とは違って痛みがなく自覚症状なく進んでいく怖い病気です。
初期段階である歯ぐきの出血程度で症状に気づいて対処すればまだ間に合いますが、痛みがないため気づかないことが多いです。
歯周病の最大の原因はプラークだと言われています。
つまり、プラークを増やさないようにすることが基本中の基本です。
正しい歯磨きが大切で、歯の表面にプラークがない状態に保つことが重要です。
また、歯ぐきの中まで入ってしまった歯石を除去し、歯周病の原因菌を完全に取り除くことが大切です。
もし、歯周病菌によって炎症が起きた歯ぐきは早期治療によって改善することが重要で、口臭がある、歯がぐらついている・・などの症状の間に治療を受けるようにしましょう。

プロによるメンテナンスを受ける

日ごろの歯磨きは歯周病菌のコントロールと言ってもいいですが、ご自分だけでのケアには限界があるため、定期的にクリニックでメンテナンスを受けることも大切です。
セルフケアには限界あがるため、できないことはプロに任せるようにしましょう。
また、定期的にメンテナンスを受けることで症状が進む前に予防ができます。
たとえば、車も車検で定期的にメンテナンスを受けますが、もしこれを怠ると大きな事故になる可能性があります。
歯周病でよくあるのは慢性疾患なのでメンテナンスを受け続けるのが難しくなり、メンテナンスを怠って再発する・・と言うケースです。
それを防ぐためにも定期的にクリニックでメンテナンスを受け、ご自分では気づかないお口の中のケアを受けることが重要なのです。
また、噛み合わせのチェックもしてもらい、歯周病が再発するのを防ぎましょう。

まとめ

いったん歯周病になってしまうと治療期間が長くなるため、治療を続けるのが難しくなります。
ですが、この治療がどうして行われているのかしっかりと歯科医師から説明があり、患者側も理解していれば治療を受け続けられるはずです。
一般的に歯周病治療はインフォームドコンセントに基づき進められることが重要なので、クリニック選びの際には信頼できるところを選ぶようにしましょう!
歯周病を予防できれば、一生涯ご自分の健康な歯で食事ができ生活の質を上げることができるはずです。
ぜひ、今後のご参考になさってみてくださいね!

TOP