こんな症状に要注意!見逃してはいけない歯周病のサイン

はじめに

歯周病とは歯周病菌による感染症で、歯をささえている歯周組織が細菌感染し歯ぐきから出血や腫れの症状が出たり、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
歳を取ると歯が抜ける方が多いのはこの歯周病によるものです。
実際に、虫歯が原因で歯が抜けることはほとんどないそうです。
ここではそんな怖い歯周病の見逃してはいけないサインや歯周病の原因などについてお教えします。

歯周病とは

歯周病の原因である細菌はプラークの中にあるので、歯磨きがいい加減な人ほどなりやすいと言われています。
ある調査によれば、40歳以上の日本人の7割もの方が歯周病だと言われています。
ですが、歯周病の治療のためにクリニックに通っている方は少ないはず。
それは歯周病の初期症状はほとんどないからで、歯ぐきの腫れや痛みが起きた時はすでにかなり進行しているからです。

歯周病の恐ろしさ

歯周病はごくありふれた歯ぐきの疾患ですが、一度進行してしまうと自然に治癒することはなく完治させることも難しくなります。
初期の症状は、歯茎が赤く腫れ、出血する程度ですが、進行していくと歯がグラグラと動き、最終的には抜け落ちてしまうのです。
ここで疑問に思うかもしれませんが、なぜ重症化させてしまう方が多いのでしょうか?
その答えがこの病気の怖いところでもあるのです。
歯周病は長い年月をかけて少しづつ進行していきます。初期症状が出ても、しばらくすれば落ち着いてしまったり、治療に通っていても、腫れがおさまると勝手に通院を辞めてしまう方もいるのです。
しかしながら、これは完全に治ったわけではなく、一時的に症状が落ちついているだけにすぎません。
そしてそのまま放置してしまうと気付いた時には重症化してしまっているというケースが多いのです。
これが別名サイレントキラーと呼ばれる歯周病の怖さです。

最先端の歯科治療にインプラントがありますが、この治療法は歯ぐきにねじを埋め込み人工の歯を被せるものです。
入れ歯より本物の歯に近い機能性と審美性があることから広く治療が行われています。
ただ、歯周病で歯ぐきが侵されているとこのインプラント治療は行えないと言われています。
つまり、歯を失うほか再生のための治療法が限定されると言ってもいいでしょう。

歯周病の原因とは

お口の中には数えきれないほどの多くの細菌が棲んでいますが、ほとんどは害のないものです。
問題となるのは細菌が増えすぎて細菌の塊であるプラークができることで、これが歯の周りに付くことで歯ぐきに炎症が起きます。
プラークが付いているということは歯磨きがいい加減だと言ってもいいでしょう。
つまり、日ごろの歯磨きがいい加減、不十分な場合・・などだと歯周病が起きやすいです。
他にも、歯周病の原因となるのは他に歯ぎしりやたばこ、被せものなどの不具合・・などがあります。
特に、たばこは体の抵抗力を下げてしまうので歯周病が治りづらくなるので特に注意が必要です。

歯周病のサイン

では、どういったサインがあると歯周病の可能性があるのでしょう。
ここでは歯周病のサインを具体的にご紹介しましょう。

歯ぐきが赤くなり血が出る

歯周病と聞くとこれをイメージする方が多いはずです。
ですが、歯周病以外にもこの症状が起きることはあります。
ただ、歯周病だと何もしていなくても歯ぐきが赤くなることが多く、ちょっとした刺激を受けただけでも血が出るため、歯磨きのたびに歯ぐきから血が出るという方も多いです。

歯が伸びて見える

歯周病になると歯ぐきが痩せ下がってくると言われています。
そうなると、歯が伸びたように見え出っ歯になった気がすることもあります。

冷たいものや熱いものがしみる

歯周病が進むと歯ぐきが痩せてしまい、中に埋もれていた歯が出てきてしまうことがあります。
この部分に冷たいものや熱いものがしみてきます。
虫歯の場合もこういった症状はありますが、歯周病の場合はさらに広範囲でしみると言われています。硬いものを

噛むと歯が痛む

歯ぐきは歯の土台で、歯周病になると土台が浮いてくることがあります。
そうなると、硬いものを噛んだ時神経に触れてしまうので痛みを感じることが多くなります。
また、歯周病が進行すると硬いものが噛みづらくなるため注意が必要です。

膿が出たり口臭が起きたりする

歯周病が進行すると膿が出たり、口臭が起きたりします。
この段階まで進んでしまうと、歯がぐらついてくることもあります。

歯周病の予防法

ご自分でできるケア

歯周病はお口の中の病気の中で自分で治療できるたった一つの病気だと言われています。
治療法としては1日3回食事のたびにお口の中をきれいにすることがあります。
このとき、自己流の磨き方ではなく歯周病を治療するのに最適なブラッシング法で行うことが重要です。
おすすめの磨き方はいわゆるたて磨きと言われるもので、歯ブラシを垂直に立て歯に当てて、歯と歯ぐきのさかい目に沿い小刻みに歯ブラシを動かしながら一つ一つの歯の歯周ポケットの汚れをかき出すように磨きましょう。
歯ブラシを立てづらい場合は奥歯を磨く時は斜めでも問題ありません。
さらに、最も重要なのは前歯の裏側を磨く方法です。
ここが最もプラークが溜まりやすいので、歯ブラシのかかとの部分を歯周ポケットに垂直になるように当て1つずつたて磨きしましょう。
この磨き方は最初は難しいと感じるでしょうが、慣れれば簡単なのでぜひやってみて下さいね。
さらに、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってきれいにし、最後にデンタルリンスで口の中をすすいで終わりです。
デンタルリンスは歯ブラシだけで取り切れない汚れを取り除けるのでぜひ使うようにしましょう。

クリニックでのメンテナンス

クリニックでの定期的なメンテナンスも歯周病を予防するのに重要です。
クリニックではご自分のケアについてのアドバイスや、落としきれない歯周ポケットの汚れなどを専用の機器を使ってきれいにしていきます。
メンテナンスを行わないと歯石が付いてしまったり、歯周病になりやすくなりますのでぜひ定期的に受けましょう。
つまり、日ごろのセルフケアによるプラークコントロールと定期的なクリニックでのメンテナンスを行うことで歯周病を予防できるわけですね。
メンテナスの頻度はご自分のお口の状態に合わせるようにしましょう。

まとめ

歯周病のサインとはどういったものか、歯周病のケア法なども含めてご紹介しました。
ここでご紹介したサインが頻繁にみられるようになったらクリニックでできるだけ早く治療を受けましょう。
ぜひ、日ごろからチェックしていただき、歯周病のサインを見逃さないようにしてくださいね!

TOP