歯周病の痛みや腫れ、治療に薬は効果的なのか?

はじめに

歯ぐきから血が出たり、腫れる・・など、歯周病は大変やっかいな病気として知られています。
この歯周病を薬を使って治したいと思う方は多いはず。
歯周病はこのようにわれわれにとって大変迷惑な病気ですが、最近では薬を使って治すこともできるそうです。
ここでは歯周病とはどういった病気なのか、歯周病に薬は効果的なのか、歯周病に効果的な薬にはどういったものがあるのか・・などまとめてみましたので、ぜひご参考になさってみてください。

歯周病とは

そもそも歯周病とは歯を支えている歯周組織に炎症が起きるもので、歯ぐきだけに炎症が起こっている状態を歯肉炎と呼び、歯ぐきから歯根膜や歯槽骨にまで進んでしまっているものを歯周炎と言います。
歯周病の恐ろしいところは知らない間にどんどん進んでいくことで、腫れや痛みがないため放っておくことが多く、気づいた時には歯を支える骨が吸収されてしまい、歯がぐらつきだしたりしっかり噛めなくなったりし、最終的には歯周組織が歯を支えることができなくなって歯が抜け落ちることもあります。
この病気にかかっている方は非常に多いですが、最近では小さなお子さんにまで広がりつつあるそうです。
さらに、この病気と生活習慣病との間に深い関係があることも分かってきました。
つまり、歯周病はお口の中だけのものではなく、全身の健康状態を深く関わっている病気だと言えます。

全身の健康との関係

最近の研究によれば、歯周病の原因菌である歯周病菌は肺炎や心臓病などの全身疾患と深く関わっていることが分かってきています。
つまり、歯周病を早期発見することは全身の健康に非常に大切なんですね。
次のような疾患は歯周病と深く関わっていると言われています。

・心臓疾患

歯周病の方は冠状動脈疾患といった心臓血管疾患になるリスクが非常に高まると言われています。

・脳血管疾患

さらに、歯周病の方は脳卒中などの脳血管疾患にかかるリスクが高いと言われています。

・糖尿病

最近の研究結果によれば、歯周病を徹底的に改善すると血糖値が改善されることが判明しました。

・早産や低体重出産

歯周病の妊婦さんは早産や低体重出産のリスクがそうでない妊婦さんと比べると非常に高いと言われています。

歯周病を薬で治す方法

歯周病を薬で治療するには4つポイントがあると言われています。
それは、位相差顕微鏡で歯周病菌の感染をチェックする、細菌を除去するための薬を飲む、カビを取り除くための歯磨き粉で歯磨きを行う、除菌後歯石をきれいに取り除く・・・です。
この中でも特に重要なのは位相差顕微鏡でのチェックで、これで菌をしっかりとチェックすることが大切です。
歯周病菌がお口の中にいるのかどうか、カビはどうか、きれいなのか・・などをチェックしないと薬を選ぶことができません。

薬を使った治療後に注意するべきこと

歯周病は細菌による感染症ですので再度感染しないようにすることが大切です。
歯周病菌に感染しづらいよう常にお口の中をきれいにしておきましょう。
また、歯石やカビなどを定期的に取除き、毎日のケアを丁寧にしましょう。
歯周病菌の原因となる細菌に感染していなか、感染しづらい状態になっているかどうかを定期的にクリニックでチェックしてもらいましょう。

薬を使った歯周病治療での注意点

歯周病治療は感染症なので、治療中や治療後再感染しないよう注意が必要です。
さらに、歯周病の原因となる細菌によって感染しないようお口の中を常に清潔にしておく必要があります。
また、歯周病の原因となる細菌に感染していないかどうかや、お口の中が感染しやすい状態でないかどうかなど、クリニックで顕微鏡などを使い定期的に診てもらう必要があります。

歯周病を治療するための薬

・ペリオフィール

抗生物質が含まれた軟膏で先が注射器のような形状になっており、歯と歯ぐきの間に注入して治療します。
細菌のすみかとなっているところに直接塗るため殺菌効果が非常に高く、痛みや炎症を治療できます。

・セファレキシン

歯周病によって大きく腫れて痛みが激しい時はこの抗生物質を飲んで治療します。
クリニックでしか処方されないため、クリニックに行く必要があります。
抗生物質を飲むことで歯ぐきから血液に入ってしまった歯周病菌を殺菌する効果が得られます。
ドラッグストアなどでこの薬を買うことはできませんので注意しましょう。

・ファンキゾンシロップ

この薬はもともとは歯周病の薬ではなく消化管に菌が増えた時に使われるものです。
ただし、消化管から吸収されづらいため全身的な感染症に効果がほとんどないと言われています。
ですが、逆に歯周病薬として使うにはその方が都合がいいわけです。
歯周病薬として使う場合、歯磨きを行った後にこのシロップを口に入れて歯ブラシなどを使いまんべんなく行きわたらせ、30分程度経ったら飲み込みます。
効果については歯周病の進行具合にもよりますが、1週間程度で歯ぐきが改善されるのが目に見えて分かります。
さらに、前もってクリニックでプラークや歯石を除去しておけば効果がさらにアップするそうです。

・エムドゲイン

重度の歯周病によって溶けてしまった骨を再生させられるのがこのエムドゲインという薬です。
溶けてしまった骨にこの薬を入れて骨を再生されます。
骨が全体的に下がってしまっていたり、歯根部まで溶けている場合には再生できないこともあります。
また、この薬を使って治療を行っているクリニックはそう多くはなく、保険が使えないため費用もかなり高額になります。

・ジスロマック

ジスロマックという薬は1日2錠を2回飲み、3日間で歯周病に対し強い効果を発揮する薬です。
特殊な性質のため感染箇所に大量に集まる性質があり、長期的に効果を発揮し続けます。
また、この薬は副作用がほとんどないこともメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
歯周病は知らない間に少しずつ進行していく怖い病気です。
歯ぐきが腫れたり、血が出たりしたらすぐにクリニックで治療を受ければ進行を食い止めることが可能です。
最近ではお薬で治療ができるようになっていますので、歯周病治療の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

TOP