【治療法別】歯周病治療の流れと痛みについて

歯周病という病気は知っていてもどのような病気なのかは知らないという方がほとんどでしょう。

歯周病は進行すると歯を失う原因となるばかりか、全身の健康にも悪影響を与えます。

できれば一生歯周病とは無縁で生活していきたいと思いますよね。

しかし現状では、成人のほとんどがこの歯周病にかかっているとも言われています。

歯周病とはいったいどういった病気なのか、また歯周病の治療の流れや痛み、自分でできるケアなどについてご紹介したいと思います。

歯周病の症状とは

歯がしみる

歯ぐきが下がってしまうと象牙質の部分が出てきます。

この象牙質の部分は神経と繋がっているので知覚過敏が起こります。

歯ぐきから出血する

歯ブラシやデンタルフロスなどに血が付いていた場合、そこに歯周病菌があって歯ぐきが腫れていると考えられます。

歯ぐきが腫れていると刺激により出血を起こしてしまい、さらに腫れや出血が長時間続くと歯ぐきの中の骨が溶け出します。

出血しているからと言って歯磨きをしないとさらに症状が悪化していきます。

歯ぐきが赤く腫れる

歯ぐきとは本来であれば薄いピンク色ですが、細菌が歯ぐきの周囲に残ったままだと歯ぐきが赤く腫れていきます。

歯ぐきの表面い歯周病菌が中に侵入しないよう免疫細胞のある血液が集まることで細菌と戦います。

それにより、歯ぐきが赤くなるというわけです。

歯並びが悪くなる

下の前歯は特に歯周病により歯並びが悪くなりやすいと言われています。

歯周病により骨がなくなると歯が動き、歯根が一番細い下の前歯が重なるような状態になります。

さらに、歯が重なると細菌がたまりやすくなるため歯周病がさらに悪化します。

歯ぐきから膿が出てくる

歯周病により歯の周囲の骨が溶けると、歯周ポケットというものが作られます。

この歯周ポケットとはその名前の通り歯周ポケット内で歯周病菌と免疫細胞が常時戦っているので、その残骸である膿が出てきてしまうのです。

歯周病の治療法

歯周病は歯ぐきの炎症から始まって進行すると骨を溶かしてしまう怖い病気です。

まだ歯ぐきの炎症だけなら治療で十分治りますが、いったん溶けてしまった骨は元に戻りません。

なので、いかに早く進行を止めるのかが最大のポイントになります。

具体的に言うとプラークコントロールという歯と歯ぐきの周りの歯垢をちゃんとブラッシングにより取りのぞくことが大切です。

日頃からきちんと行われていないと、いくらクリニックで治療したところで意味がありません。

このプラークがきちんと取れるだけでも歯ぐきの炎症は落ち着いてきます。

クリニックでは歯磨きでは取れない歯石を専用の器具などを使って取り除きます。

なお、歯石とは歯垢が唾液内のミネラルにより固まったもののことですのでそれ自体は無毒です。しかしでこぼこ部分に入り込んだ歯垢は悪影響を与えることがあるので、その原因である歯石は取り除く必要があります。

歯周病の治療の流れ

軽度の場合

初回の治療で歯周病菌を除去し、日頃のケア法を指導してくれます。

治療自体に痛みはほとんどありません。
さらに、2回目以降の治療においてどの程度改善されているかを調べる必要があるため、最低でも検査は2回行ってメンテナンスをしていきます。

もし、歯並びが悪い方で汚れがつきやすいなら矯正をする場合もあります。

中度の場合

中度の歯周病の場合は初回に検査と歯磨き指導、歯の表面についた歯石を除去します。

2回目に検査と歯ぐきの中の歯石を除去していきますが、痛みはほとんどないと言えます。

3回目以降の通院では精密検査を行ってメンテナンスを行います。

軽度の治療法と検査をして歯周病が改善するか観察します。

改善されないようなら歯周病外科手術いわゆるフラップ手術を視野に入れ精密検査を行います。

重度の場合

重度の歯周病になると、初回に検査と歯磨き指導、歯の表面の歯石を除去します。

2回目には検査と歯ぐきの中の歯石を除去し、3回目の通院以降で精密検査とフラップ手術、さらにメンテナンスを行います。

ここまで歯周病治療が進んだ場合には歯周病を治療するのにかなりの時間が掛かかります

時間をかけ何回も検査を行ってフラップ手術の他に歯を再生させるための治療などを行いながら治療を進めていきます。

最悪の場合には治療が不可能となり、抜歯する必要がある場合があります。

麻酔を行うため痛みを感じることはありません。

自分でできる歯周病のケア

歯周病を悪化させないためには歯磨き以外に自分でケアすることが大切です。

ただし、『最も重要なのは毎日の歯磨きである』ということを理解した上で歯磨き以外に次のことに取り組みましょう。

食生活を見直す

だらだらと不規則な食生活は歯周病を招きます。

また、柔らかいものや甘いものなどを過剰に摂りすぎないようにしましょう。

特に、寝る前に甘い物を食べたりすると歯周病が進行しやすいと言われているので注意しましょう。

食いしばり、噛みしめを避ける

食いしばりや噛みしめるクセのある方は意識して改善し、歯ぎしりのクセがある方はマウスピースなどをクリニックで作ってもらいましょう。

禁煙する

喫煙している方は歯周病の進行を早める原因となりますので、治療中は禁煙をしましょう。

口呼吸をやめる

鼻炎などのせいで口呼吸をしている方は耳鼻科で診察してもらい、口呼吸しないよう治療を行いましょう。

クリニックで定期的に歯垢除去を

歯石がいったんついてしまうと自分で取り除くことは不可能です。

定期的にクリニックに行って歯周病が悪くなる前にこまめに歯石除去を行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

歯をなくす原因のほとんどは歯周病ですが、残っている歯が多いほど認知症のリスクが少なかったり、生存率が高いと言われています。

歯周病は欧米ではサイレントディジーズと言われるほど、進行するまでほとんど自覚症状のない病気です。

しかし、歯周病は全身の健康にも悪い影響を及ぼす大変怖い病気です。

ご自分の歯で一生過ごせるようにするため歯周病のサインを少しでも早く発見するのはもちろんのこと、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けてくださいね!

TOP