放っておくと怖い!歯周病が全身にもたらす悪影響とは?

「歯周病」をご存知ですか?名前を聞いたことはあっても、歯周病がどんな病気なのか?身体にどんな悪影響があるのか?知らない方が多いものです。

現代で歯周病は、成人の80%がかかっている病気で、歯を失う最大の原因だと言われている怖い病気です。

あまり気にしていなかったけど、「口臭がある」「歯がしみる」「歯磨きをすると、歯茎から血が出る」「朝起きると、口の中がネバネバする」などの症状がある方は歯周病予備群かもしれません。

今回は、歯周病について、そして歯周病になる原因、また、歯周病が全身にもたらす悪影響について、ご紹介します。

歯周病とはどんな病気?

歯周病とは、口の中で細菌に感染することで、歯茎に炎症が起こる炎症性疾患のことを言います。

具体的な症状は、歯茎周辺が腫れたり、赤くなり、炎症を起こします。これは、きちんと歯磨きをしていない、あるいは歯磨きをしないと歯と歯茎の境目に歯垢(食べカスなどを含む細菌)がたまり、この歯垢が溜まることで歯茎が炎症を起こす→腫れたり、赤くなるという仕組みです。

これが、歯周病の初期段階で、歯肉炎と呼ばれるものです。この時には、痛みがないため、症状に気づかないことがほとんどです。しかし、これを放置していると、歯垢はどんどんたまり、細菌も増えていきます。この細菌が、歯茎のより深いところに入り、炎症はどんどん広がります。

これで炎症が広がると、最終的に歯茎の骨がなくなり、歯が抜けてしまう、これが歯周病の最終的な症状です

歯周病になる原因

歯周病になる原因は3つあります。

歯周病が発症するのは、人それぞれ状況が異なります。

歯垢が歯茎周辺に溜まっていること

冒頭で歯周病は成人の80%がかかっている病気だとお伝えしましたが、その中の多くの方が、この、「歯垢が歯茎周辺に溜まっていること」が原因で、歯周病になっています。

これは、歯磨きをしっかりしていないため、食べカスが歯に残り、これが細菌繁殖の元となっていることが原因です。これが長い年月をかけて、歯茎に侵入し、歯周病になってしまうのです。

遺伝や服用している薬の副作用

家族が歯周病にかかりやすい体質(歯や歯茎の質)で、歯周病が遺伝する可能性はあります。

歯周病はウイルス感染するものではないので、感染ではなく、あくまで歯周病にかかりやすい体質が遺伝したというイメージです。

また、皮膚の病気や血液の病気をはじめとした病気の治療薬の副作用で歯茎が弱り、歯周病の症状がでることもあります。

疲労・ストレスが溜まっていること

疲労やストレスが溜まっているときは、生活や食生活が不規則になっているものです。こういったときは、身体の抵抗力が低下し、歯周病を発症しやすくなります。

例えば、疲れているときに、歯茎が腫れた経験がある方も多いのではないでしょうか?疲れやストレスが溜まっていると、免疫力が低下して、こういった不調も出てきます。

疲れているなと思ったときは、ゆっくり睡眠をとる、栄養のある食事をするなど、セルフコントロールをして、健康を保つことも大切です。

歯周病がもたらす悪影響

歯や、歯の周りの骨を溶かす

歯周病は、歯を支えている歯茎の骨が溶けてしまうとお伝えしました。

まず、歯垢が原因で歯周病菌に感染すると、歯茎が腫れます。これは、歯周病菌が歯茎の奥にある骨まで感染しないように、身体が防御するため、まずは歯茎が腫れる仕組みになっています。

その後は、腫れた歯茎の周りの骨を順番に溶かしていき、最終的に歯を支えている歯茎の骨まで溶けてしまうのです。

歯茎の骨が溶けると、歯を支えるものがなくなるので歯も抜けます。歯が抜けると生活も不便ですし、何より、骨が溶けているときは、強い痛みがあります。

これを避けるために、日ごろの歯磨きを丁寧にすることが大切です。

脳梗塞を引き起こす可能性がある

脳梗塞とは、脳の血管の動脈硬化(動脈が固くなる病気です。動脈が固くなると、心臓をはじめとする身体全体に血液が行き届かなくなります)によっておこる病気です。

具体的な症状は、脳梗塞の発作が起こると、頭痛や身体の麻痺、吐き気などの症状が現れます。その後、意識を失い昏睡状態となり、最悪の場合、命を失います。また、命を失わなくても、身体の麻痺などの後遺症が残ることも多い病気です。

芸能人だと、globeのKEIKOさんや、読売ジャイアンツの終身名誉監督である長嶋茂雄さんも、この病で倒れ、リハビリ生活を続けています。

日本人の死因の第3位ともいわれており、この病に倒れる方も多いです。

なぜ歯周病が脳梗塞に関係しているのかというと、歯周病が進行すると歯周病菌(細菌)が歯茎よりさらに奥に進み、血液中に侵入し、血管の中にある細胞で炎症を起こす可能性があるからです。

この炎症が、動脈硬化の進行の一因になると言われています。

心臓病を引き起こす可能性があること

歯周病がもたらす悪影響として心蔵病を引き起こす可能性があることが挙げられます。

心臓は全身に血液を送る役割を果たしています。そのため、血液中に侵入する歯周病菌の影響はとても大きいものです。

心臓病は、日本人の死因の第2位だと言われています。そして、心臓病といっても、さまざまな症状・種類があるものです。

その中でも、歯周病と関連していると言われているのが、感染性心内膜炎・虚血性心疾患という、2つの病気です。

 

感染性心内膜炎は、心臓の内壁を覆っている心内膜という膜に、細菌が侵入し、細菌感染をすることで炎症が起こる、その結果、心臓の働きが低下する病気です。

これと歯周病の関係は、歯周病が原因で、歯みがき時に出血をしたり、治療時に抜歯や出血をする歯茎の治療をしているときなどに、口の中にいる歯周病菌が血液内に入り込み、発症することがあると言われています。

また、歯科医院での治療以外にも、身体に負担がかかる病気の治療や手術を行っている際に、細菌感染をして炎症を起こしたケースもあります。

特に、もともと心臓に病気がある方や、他の病気などで、身体の抵抗力が落ちている人が発病しやすいと言われています。

具体的な症状は、発熱や動悸が起こります。そして、最悪の場合は急性心不全に陥ることもある、怖い病気です。

早産・低出生体重児出産をする可能性がある

妊娠中の方に注意してもらいたいのが、歯周病の影響で、「早産・低出生体重児出産をする可能性があること」です。
通常の妊娠期間は40週前後と言われていますが、早産は、22週~37週未満に出産をすることを言います。そして、低出生体重児は、体重が2,500g未満の新生児のことを言います。
よく言われる未熟児と同様であり、早産も、低出生体重児も、新生児が亡くなる原因となったり健康に育たなくなる原因にもなります。

歯周病とこれらが関連する理由は、歯周病が細菌感染をするからです。

脳梗塞や心臓病と同じく、歯茎から血液中に、そしてお母さんの羊水(赤ちゃんが入っている袋)まで歯周病菌が侵入し、胎児の成長を妨げる原因になるとされています。

また、歯周病菌感染による炎症によって、子宮が収縮して、早産を招くリスクもあります。

また、歯周病は、新生児・胎児に影響を与えるだけではなく、お母さん(妊婦さん)にも悪影響を及ぼします。
妊娠すると、女性ホルモンの分泌やバランスが大きく変化します。その結果、免疫力や抵抗力も弱り、妊娠をして歯周病が発症したり、もともと発症していた歯周病がさらにひどくなるというケースもあるんです。

そのため、現在妊娠中の方は、妊娠中期の安定期(5か月~8か月)の間に歯科医院にお越しいただき検査・治療することをおすすめします。

 

歯周病チェックをして、早めに歯科医院にお越しください

今回は、歯周病について、歯周病になる原因について、そして歯周病がもたらす悪影響を3つご紹介しました。

ご説明した通り、歯周病の初期症状は無意識であるものです。気づいたころには進行している…。それを避けるために、日々の歯みがきは丁寧に行い、セルフチェックを行いましょう。

最終的には歯科医院にお越しいただき、歯周病かどうかチェックしましょう。

TOP