歯周病を防ぐ!大事な歯を歯周から守る方法

生涯を通じて自分の歯で食事ができるのはとても幸せなことですが、できそうでなかなか難しいことだといいます。

歯を失くす大きな原因のひとつは歯周病

自覚症状がないうちにどんどん進行し、やがて顎の骨まで溶かしてしまう恐ろしい病です。

30代以上の日本人の約8割がすでに罹っているという歯周病を予防していつまでも大事な歯を守るためには、一体どんな方法があるのでしょうか。

何よりもまず、自分の現状を知ること

最後に歯科医に行ったのはいつですか?

歯周病を予防するためにもまず、自分の口腔内の状態を知ることが大切です。

できればすぐに歯科医に出向き、診察を受けましょう。

「それが一番面倒くさいしイヤなんじゃん」と言われてしまいそうですが、虫歯を治療してから何年も経っていれば詰め物などは古くなりいたんでいることも多いのです。

ヒビが入ってそこから新たに虫歯になっていることも珍しくありません。

それに何せ歯周病には自覚症状がほとんどありませんから「歯周病を予防したい」と思っていても、もしかしたらすでに罹患し、かなり進行している可能性もあるのです。

プロのクリーニングを受けましょう

検診が終わったら、歯科医にてプロのクリーニングを受けておきましょう。

歯周病とは歯茎の炎症ですが、その炎症が起こるのは歯の汚れ(歯垢=プラーク)が溜まるからです。

歯垢の中の細菌が毒素を出すので、歯垢がなければ毒素もなしです。

歯科医のPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)では、専用の機械を使って、自宅でする歯磨きでは落としけれない汚れもきれに落としてくれます。

口腔内の歯垢や細菌をできるだけゼロに近づけることができますし、歯もツルツルして気持ちいいです。

虫歯・歯周病の予防にも効果的です。

すでに歯周病が進行し始めている方はスケーリングやルートプレーニングといって、こちらも専門技術で歯垢から歯石になった頑固な汚れを落としてくれます。

歯磨きは、今日からすぐできる効果的な予防法

ところで、歯垢や歯石はどうやってできるのでしょうか。

身体の中にはもともと多くの菌がいます。

歯垢はさまざまな微生物のあつまりで、その中に虫歯菌歯周病菌もいます。細菌たちは食べかすを栄養にして増えます。

よくバイオフィルムという言葉も聞きますが、歯垢とバイオフィルムは同じものです。

食べかすを栄養にした細菌が増殖してネバネバと歯の周りにまとわりついている状態です。

これらは水やマウスウォッシュでうがいをしても落ちません。でも、歯ブラシで優しく磨き落とすことは可能です。

ですから食後に歯磨きをして食べかすを取り除いて細菌が増えるのを防ぎ、増殖しかけた細菌(歯垢)もこすり落としておくことが効果的な予防になるのです。

わかりやすいイメージは排水溝です。ネバネバした汚れがつくと水を流してもとれませんがタワシでこすると落ちます。

歯を磨いてキレイに保つことは、歯そのものの見栄えも爽やかですし、歯周病を防げば、その他の生活習慣病も改善できますので、身体の健康を保ち内側からキレイになれる方法といえます。

ただ、手磨きだけではどうしても、歯をきれいに保つことは難しいものです。

メンテナンスのつもりで、3ヵ月から6ヵ月に1回程度歯科でのクリーニングをおすすめします。

例えるならば、女性のエステのようなものです。毎日化粧水などでお手入れをしていても、たまにエステに行ってプロに施術をしてもらうと見違えますよね。

歯石は歯垢にだ液中のカルシウムなどが混ざることで石灰化し硬くなってしまったものです。

歯石の中には細菌はいませんが、歯石があることで歯垢が溜まりやすくなるので、定期的に除去することが大切です。

歯に固くついていますので、自分で力任せに落とそうとして歯茎を傷つけるだけです。

やはり専門家(歯科医・歯科衛生士)に任せましょう。

生活習慣を変えてみる

歯周病に罹ったり症状が悪化したりするのは、免疫力が下がっているときです。

ですから予防のためには免疫力を高めるような生活をするとよいでしょう。

非常に基本的なことですが、

  • ・早寝早起きをして睡眠時間をしっかりとり、疲れを癒す
  • ・糖分を控えめにし、歯の周囲組織に抵抗力がつく、ビタミン類(A、C)、カルシウム、鉄分、たんぱく質などを積極的に摂り入れた栄養バランスのいい食事を規則正しくとる
  • ・ながら食べをしない…ながら食べをしていると、歯の再石灰化がされない上に、口の中に常に細菌のエサがいっぱいある状態になるので。
  • ・禁煙する…ビタミンCを破壊し喫煙は免疫力を下げるため
  • ・歯ぎしり・食いしばりに気をつける…歯を痛めます。
  • ・ストレスをためない…ストレスがあると免疫力がさがります。何事もあまり気にしないようにし、自分なりの気晴らしの方法をみつけましょう。
  • ・運動する…身体を鍛え、血液循環が活発になるのも免疫力アップに効果的です。

疾患のある方は、治療に専念する

全身疾患と歯周病は相互関係にあることがわかってきています。

例えば糖尿病と診断された方は十中八九、歯周病にかかっています。

歯周病が糖尿病を悪化させ、糖尿病も歯周病を進行させる関係です。

その他にも、貧血・動脈硬化・心筋梗塞・狭心症・誤嚥性肺炎。骨粗しょう症などと密接な関係があるとされています。

人間の身体はいくつもの臓器から成り立っていますが、それらは単体で機能するわけではありませんよね。

どれもが身体の一部でありながら全体とつながっています。

身体に疾患がでるのは、その部分だけが悪いのではなく、複合的な要素が絡みあった結果、一番弱いところに症状がでているということです。

ですから、まだ病名として診断を受けていない方も、少しでも違和感があれば早期に手を打たれることをおすすめします。

まとめ

まずは、日常生活でできることから始めてみてください。

体質によっても歯周病になりやすい方となりにくい方がいますので、やはりご自身のことをよく知ることが大切です。

もともと私たちの身体は、水分・栄養・温度のそろった、細菌にとって住みやすい環境なのです。

細菌たちをゼロにするのは無理なので、うまく付き合っていくしかないでしょう。

予防は一日ではできません。

生活の一部として取り入れ、習慣にしていってください。

TOP